(朝鮮日報 2019/02/18)

どっちがうそ? かえって溝を深めた韓日首脳会談
河野外相「韓国国会議長発言の撤回要求」、康京和長官「言及なかった」

 両国外相が15日、最近の韓日関係悪化について話し合うため、ドイツ・ミュンヘンで会談を行ったものの、かえって外交上の溝が深まった。日本の河野太郎外相は会談で、文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長の「天皇(原文は日王)謝罪」発言について「重ねて謝罪と撤回を要求した」としたが、康京和長官外相は「そのような言葉はなかった」とすぐに反論した。関係正常化に関する方策は後回しにしたまま、謝罪要求の有無をめぐり両国間で「言った、言わない」の論争ばかり拡大している格好だ

 東京新聞・朝日新聞など日本の各メディアは16日、「河野太郎外相が15日の日韓外相会談で、文喜相国会議長の発言に関して重ねて謝罪と撤回を求めたが、康京和長官からは何の発言もなかった」と報道した

しかし、康京和長官はこれについて報道陣に「そのような話はなかった」と否定した

韓国外交部当局者も「日本での報道内容は事実と違う。韓日外交長官会談で、この件について日本側の言及はなかった」と言った

 河野外相は17日、NHKを通じて「外相会談で韓国側には『発言には大変驚くとともに残念に思う。しっかりと対応してください』と伝えた」と主張した。そして、「韓国側もよく理解をしているはずだ。『知らない』ということにはならない」と韓国側の否定に反論した。また河野外相は、かつて韓日関係が悪化した状況でも両国の議員が問題解決に努力した経緯に触れ、「そういう状況を取り戻したい」とも言ったという。

 韓国政府消息筋は「韓国外交部は『河野外相が文喜相国会議長の天皇謝罪発言に謝罪・撤回を要求した』という日本のメディアの報道に対し『事実と違う』と言ったものだが、日本政府は遺憾を表明した事実まで韓国政府が否定したものと誤解したようだ」と語った。


 日韓外相会談
(外務省 2019/02/15

 2月15日午前10時半(現地時間)から約50分間,ミュンヘン安全保障会議出席のためドイツ・ミュンヘンを訪問中の河野外務大臣は,康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官と日韓外相会談を行ったところ,概要以下のとおり。

1 河野大臣から,旧朝鮮半島出身労働者問題について,原告の一部による日本企業の資産差押えに向けた動きについての懸念を伝えるとともに,韓国側による適切な対応を改めて求めた。また,河野大臣から,日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう,改めて求めた。

 さらに,河野大臣から,かつて韓日議連会長も務めた文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長による発言について,日本の立場を改めて伝達した

 加えて,河野大臣から,厳しい日韓関係の現状に鑑み,「3.1独立運動100周年」についての懸念を伝達した。(略)

 河野外務大臣臨時会見記録(平成31年2月16日(土曜日)18時33分 於:ドイツ・ミュンヘン)(外務省 20189/02/16

【記者】日韓外相会談についてお伺いします。韓国側の発表で,会談で韓国議長の発言について日本側は言及しなかったと言っておりますが,この点についていかがでしょうか。

【河野外務大臣】(略)韓日議連の先輩方は非常に人格・見識に優れ,日韓両国の間が困難に直面した時にはしっかりと前に出てきて問題解決に努力をされてきた,そういう先輩方を見ておりますから,今回もこの朝鮮半島出身労働者の問題についてとりまとめをされている李洛淵総理を,外交部と韓日議連といわば車の両輪のようにとなって支えていると思っていたところ,このような発言があって大変驚くとともに,残念に思いますということを申し上げ,外交部にはしっかりとこの件で対応してくださいということを,この件については謝罪と撤回ということを再三申し上げておりますから,言わんとすることはしっかりとご理解をいただいたと思いますし,韓日議連がやはりかつてのように難しい状況になった時にしっかりと前に出てきてくださる,そういう方が出てきて欲しいと思います。そういう意味で今回の発言は本当に残念に思います。

 そういう話を会談の中でさせていただいて,韓国側の皆さんよく聞いてくださっておりましたので,しっかりとメッセージは伝わっていると思っておりますし,是非,かつての難しい状況になった時に日韓議連,韓日議連それぞれしっかりと前に出て話し合いをしてくださった,そういう状況を取り戻したいと思います。日韓議連の額賀会長には先日も韓国に足を運んでいただいて先方と色々話をしてきていただいております。こういう状況の中で両国関係をしっかりマネージして参りたいと思っております。


【記者】韓国議長の件ですけど,大臣の説明を聞いていると,昨日の会談の中で大臣の発言として,謝罪と撤回を求めたのかというのがよくわからなかったというのと,抗議したという認識は大臣としてはお持ちなのですか

【河野外務大臣】これまでもう韓国側に,この件については謝罪と撤回を求めるということは再三再四申し上げておりますので,もうこの件について外交部にしっかりと対応を求めるということはそういうことだ,というのは先方もよく理解をしているはずでございます。それは知らない,ということにはならないんだろうと思います(略)


これは、都合よく解釈されないようにはっきりと言葉にして伝えなかった河野大臣のミスですね。

ちなみに15,16日に各紙が報じた内容↓


北海道新聞(共同通信)
天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長の発言にも直接抗議したが、韓国側に歩み寄りの姿勢はみられず、会談は平行線に終わった。


時事通信
慰安婦問題に関し、天皇陛下の謝罪を求めた韓国国会議長の発言にも直接抗議した。しかし、いずれも康氏は事実上黙殺し、会談は平行線に終わった。


読売新聞
韓国の文喜相ムンヒサン国会議長が今月、米メディアのインタビューで天皇陛下が元慰安婦に謝罪すれば慰安婦問題が解決すると述べたことについて、河野氏は「不適切で遺憾だ」と抗議した。これに対し、康氏からの反応は特になかったという。


朝日新聞
日韓外相会談では、天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求めた韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長の発言について、河野氏が謝罪と撤回を求めた


毎日新聞
河野氏は、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が従軍慰安婦問題で「天皇陛下の謝罪が必要」などと発言したことに強く抗議し、撤回を求めたが、康氏から回答はなかった。


産経新聞
韓国の文喜相国会議長が「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言し、天皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と評した問題に関し、重ねて謝罪と撤回を求めた。康氏からは何の発言もなく、韓国政府として静観する構えを示唆した。


日本経済新聞
河野氏は会談で、従軍慰安婦問題で天皇陛下の謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長の発言に抗議の意を示した。日本政府は会談前に外交ルートを通じて5回抗議しており、発言が不適切で遺憾だとする日本の立場を改めて伝えた。康氏からこの問題について発言はなかった。