(フットボールリスト 韓国語 2019/02/04)

‘賃貸生’香川真司の活躍に興奮したベシクタシュJKが性急に祝砲を放って逆風を迎えた。素早い対処で誤りを正した。

ベシクタシュは3日、アンタルヤスポルを相手に2018/2019トルコスュペル・リグの試合を行った。香川はチームが4-1でリードした後半36分、グラウンドに上がえり、投入1分目である後半37分にデビューゴールを記録した。続いて2分後の後半39分にもう一度ゴールネットを揺らした。チームは6-2で勝利した。

賃貸生の花火の活躍に喜んだベシクタシュは、試合後、ツイッター、インスタグラムなどSNSを通じて香川の絵を掲示した。『ボスポラスの侍』という説明も加わった。トルコボスポラス地方を訪ねてきた香川に向けた喜びが込められたメッセージであった。

だが、問題は絵であった。香川の姿の背景に旭日旗を挿入した。掲示後、韓国と中国をはじめ、アジア諸国のファンたちの激しい反発が続いた。ファンたちはコメントを通じて旭日旗の背景を説明し、削除あるいは修正を要請した。

110678_43485_2343_R

ベシクタシュの対応は素早く続いた。認知すると直ちに掲示物を削除し、修正された絵がその後に再び掲示された。旭日旗に代わって赤色の背景に同じ香川の絵が挿入された。ベシクタシュの素早い対応にファンたちは拍手を送った

歴史的背景に対する認知が足りない一部ヨーロッパクラブのミスは初めてでない。イングランドとスペインのクラブや選手たちも同じミスを犯したことがある。(機械翻訳 若干修正)