(聯合ニュース 韓国語 2018/10/25)

「どうか独島と関連して正確な事実を認識してほしい。日本語の資料を送るので、ぜひ勉強を少ししてください。」

ソ・ギョンドク(徐坰德)誠信女子大教授は、最近独島関連の妄言をした宮腰光寛新任日本領土担当長官[沖縄北方担当相 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)]に25日、こうした内容の手紙と鬱陵島で撮った独島の写真などを郵便で送ったと明らかにした

AKR20181025027600371_03_i
▲ソ教授が日本領土長官に送った郵便物

AKR20181025027600371_01_i
▲鬱陵島で眺めた独島

宮腰長官は去る12日、日本のマスコミとの会見で「独島は歴史的事実に照らしても国際法上でも明確な我が国の固有の領土」とし「以前に離島振興に関連して、島根県隠岐諸島に行ったことがある。独島は隠岐諸島の島町領域だが、距離的には西の島町岬町から最も近い」と主張した。

また「その最も近いところからもちろん(独島が)見えたわけではないが、独島方向をちゃんと眺めたことがある。あちらに我が国の固有の領土の島が存在するということを現地で確認したことがある」と話した。
※宮腰大臣の発言では当然「独島」ではなく「竹島」です。

これにソ教授は「韓国の鬱陵島と独島の間の距離は87.4kmで、日本の隠岐諸島と独島の間の距離は157.5kmだ。このような事実を正確に認識し、再び公の場で嘘をつかないでほしい」と叱責した

AKR20181025027600371_02_i

彼は引き続き「隠岐諸島からは絶対に独島を見ることはできないが、韓国の鬱陵島からは天気が良いときは独島がくっきりと見える」とし「今回の(長官の)発言はかえって『独島が韓国の領土』であることを認めた有り難いこと」と皮肉った

ソ教授は手紙で「嘆かわしい」、「恥ずかしくないのか」という激しい表現まで使って正確な事実を認識していない長官を咎めることもした。

彼は領土担当長官の今回の発言を逆に利用し、独島を世界の人々に持続的に知らせていく計画だ。(機械翻訳 若干修正)


(facebook 韓国語 2018/10/25)

今日10月25日は『独島の日』です。

この日を記念して、去る12日に日本の宮腰光寛新任領土担当長官[沖縄北方担当相 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)]が独島に関連して妄言をしたことに対し、郵便で厳しい忠告を与えました。
先にイ長官は、以前に離島振興と関連して、島根県隠岐諸島に行き、独島は隠岐諸島の島町領域だが、距離的には島町岬からも近いという妄言をしました。

これに私は「鬱陵島と独島の間の距離は87.4kmで、隠岐諸島と独島の間の距離は157.5kmだ。こうした事実を正確に認識し、再び公の場で嘘をつくな」と伝えました。

また、この人は「島町岬からもちろん独島が見えたわけではないが、独島方向をちゃんと眺めたことがある」としながら「あちらに日本固有の領土の島が存在するということを現地で確認したことがある」と話しました
※宮腰大臣の発言では当然「独島」ではなく「竹島」です。

これに私は「隠岐諸島からは元から独島が見ることはできない。だが、鬱陵島からは天気が良いときは独島がくっきりと見える。今回の発言はかえって『独島が韓国の領土』であることを認めた有難い発言だった」と強調しました

とにかく、私は郵便物の中に鬱陵島と独島、隠岐諸島と独島の正確な距離を表示したデザインファイルと、鬱陵島から独島が見える写真ファイル(黄色い円部分)を一緒に同封して、客観的な事実を正確に教えました。

一国の領土担当長官を務めていながら、正確な事実も分からないまま妄言を吐きだすのを見れば、ただ嘆かわしいだけです。このように日本の政治家たちの『独島妄言』を逆に利用して、『独島が韓国の領土』であることを全世界の人に持続的に広く知らしめる予定です。(機械翻訳 若干修正)


ソ教授の「今回の発言はかえって『独島が韓国の領土』であることを認めた有難い発言だった」が、どういう脈絡なのか分からない自分はまだまだ未熟なようですね。

ちなみに聯合ニュースは当初、宮腰大臣が「隠岐諸島から竹島が見える」と発言したとして報じてましたが、↑のように修正しました。

日本長官の「隠岐諸島から独島見える」との主張にソ・ギョンドク「勉強しなさい」
(聯合ニュース 韓国語 2018/10/25)

「どうか独島と関連して正確な事実を認識してほしい。日本語の資料を送るので、ぜひ勉強を少ししてください。"

ソ・ギョンドク(徐坰德)誠信女子大教授が、「日本の領土の隠岐諸島から独島を目で見ることができる」と話した宮腰光寛新任領土担当長官に25日、こうした内容の手紙と鬱陵島で撮った独島の写真などを郵便で送ったと明らかにした。

宮腰長官は去る12日、日本のマスコミとの会見で「島根県隠岐諸島に行ったことがある。この島の島町領域に竹島(日本が主張する独島の別名)があるが、距離は島町岬町から最も近い。あちらに日本の固有領土の島が存在するということを現地で確認した」と主張した。

これにソ教授は「韓国の鬱陵島と独島の間の距離は87.4kmで、日本の隠岐諸島と独島の間の距離は157.5kmだ。このような事実を正確に認識し、再び公の場で嘘をつかないでほしい」と叱責した。

彼は引き続き「隠岐諸島からは絶対に独島を見ることはできないが、韓国の鬱陵島からは天気が良いときは独島がくっきりと見える」とし「今回の(長官の)発言はかえって『独島が韓国の領土』であることを認めた有り難いこと」と皮肉った。

ソ教授は手紙で「嘆かわしい」、「恥ずかしくないのか」という激しい表現まで使って正確な事実を認識していない長官を咎めることもした。

彼は領土担当長官の今回の発言を逆に利用して独島を世界の人々に持続的に知らせていく計画だ。(機械翻訳 若干修正)

서경덕 성신여대 교수가 "일본의 영토 오키섬에서 독도를 눈으로 볼 수 있다"고 말한 미야코시 미쓰히로 신임 영토담당 장관에게 25일 이같은 내용의 편지와 울릉도에서 찍은 독도 사진 등을 우편으로 보냈다고 밝혔다.
↓はGoogle Chromeで機械翻訳した画面
20181025112740No015643000