(聯合ニュース 韓国語 2018/10/18)

アメリカ軍が韓国人の駐日米軍基地への出入りの際に必要な行政手続きを強化したというアメリカ軍機関紙『星条紙』[Stars and Stripes]の報道と関連して、アメリカ軍が出入り手続きを元の通りに復旧したとイ・スフン(李洙勲)駐日韓国大使が18日、伝えた

イ大使はこの日、日本,東京で駐日韓国大使館を相手に行われた国会外交統一委員会の国政監査で、「駐日米国大使館に問い合わせした結果、『錯誤による措置であり、制裁が削除された。元の通りに復旧した』という返信を受けた」と明らかにした。

先立って、星条紙は去る15日、駐日米軍基地内の友人に会ったり、行事に参加するため、駐日米軍基地を訪問する際に、追加でアメリカ軍側の審査を受けなければならない国籍者群に韓国人が含まれたと報道した。

この報道と関連して、ユン・サンヒョン自由韓国党議員はこの日の国政監査で、結局、アメリカが韓国を信じられないという意味だと批判した。(機械翻訳 若干修正)


(YTN 韓国語 2018/10/18)

(略)自由韓国党ユン・サンヒョン議員は、日本,東京の駐日韓国大使館で行われた国政監査で、駐日米軍横田米軍基地側が、基地を訪問する際、イラン、アフガニスタンなど50か国あまりとともに韓国人に対して追加審査を受けるようにしたというのは、結局、アメリカが韓国を信じられないという意味だと主張しました。

それと共に、非核化交渉の過程で、アメリカ政府が南北首脳会談の合意内容に対する不満が積もったことがその背景とし、政府の対北政策を批判しました。

これに、イ・スフン(李洙勲)駐日大使は、韓国人に対するアメリカ軍基地の出入り強化措置は、行政上の錯誤のために起きたミスという回答を駐日アメリカ大使館を通じて聞いたとし、対北政策に対する韓米政府の不協和音から始まったものではないと答えました。(略)(機械翻訳 若干修正)

2018年10月16日
駐日米軍基地が在日韓国人の出入りを厳しくしたニダ!


在日米軍の判断で行い、国務省との話し合いで元に戻したのか、アメリカ政府として“警告”の意味で、元に戻す前提に50か国のリストに加え、それを星条旗新聞で報じたのか・・・何にしても単なる錯誤ということはないじゃないのかな。