(KBSニュース 韓国語 2018/10/16)

駐日米軍基地に友達に会ったり行事に参加するために出入りしようとする韓国人は、今後、追加セキュリティー検索[additional screening]を経なければならないと駐日米軍司令部が明らかにしたとアメリカ星条紙[Stars and Stripes 星条旗新聞]が報道しました。

星条紙によれば、駐日米軍は最近、駐日米軍施設に出入りするためには追加セキュリティー措置を経なければならない国に、長年の友邦である韓国を含ませたと伝えました

日本の西部東京[多摩地域]の駐日米軍駐屯地である横田空軍基地の正門横には、このような措置が必要な北韓[北朝鮮]、中国、ロシア、イラン、アフガニスタンを含んだ50か国の名前が提示されており、韓国もここに含まれていると星条紙は報道しました。

駐日米軍司令部は、韓国人に対するこのような措置がなぜ実施されたのか理由を明らかにしなかった、とこの新聞は伝えました。

駐日米軍司令部公報担当であるホワイト(Genieve White)少佐は、基地司令官の許可や支援要員の事前措置なしに、これらの国の市民は日本にある米軍基地に出入りできないと話したと星条紙は明らかにしました。

星条紙は、韓国烏山米空軍基地の将校の話とし、韓国にいる日本人の場合、パスポートだけあれば追加的な措置がなくとも、韓国内の米軍基地にエスコートを受けて出入りすることができると伝えました。(機械翻訳 若干修正)

【より詳しい記事が出たので追加】
(朝鮮日報 2018/10/16)

 韓国国民は今後、在日米軍基地に出入りするときは、北朝鮮・中国・ロシア国民と同じレベルの特別な確認手続きを経なければならなくなった。米軍の機関紙「星条旗新聞」が15日付で伝えた。在日米軍は最近、韓国籍の人間が在日米軍基地で友人と会ったり行事への参加を希望したりする場合、追加の審査を行うよう定めたという。

 星条旗新聞は、最近になって在日米軍基地訪問時に別途の措置が必要な規制対象国籍に「米国の長年の同盟国」である韓国が加えられた、と伝えた。韓国は、北朝鮮・中国・ロシア・イラン・アフガニスタンなど50カ国と共に規制対象リストに載ったという。在日米軍は、こうした措置を取った理由についてコメントしなかったが、韓国に対する米軍の認識の変化と関連があるという分析がなされている。

 世界各国に基地を置く米軍は、基地訪問者を国籍によって区分し、出入りをコントロールしている。部隊の保全、防諜(ぼうちょう)、テロ予防などが理由だ。在韓米軍の場合、北朝鮮やイランの国民などに対し、基地への出入りを禁じている。

 在日米軍の横田空軍基地の正門には、韓国を含む規制対象国リストと共に「何人もこれら第三国の国民を横田基地にエスコートすることはできない。当該人物が(中略)対象国の国民ではないことを証明するのは、エスコートするスポンサーの責任である(No personnel will escort a designated third country national onto Yokota Air Base. It is the responsibility of the escort sponsor to verify the individual is not from one of the … designated countries.)」という表示が登場したという。

 在日米軍報道官のジェニーブ・ホワイト空軍少佐は「当該国の国民は、関係機関の事前調整や部隊指揮官の承認なしに在日米軍基地へ入ることはできない」と語った。1カ月前までは、韓国人は米軍関係者がエスコートしたり公式招待を受けたりすれば、写真撮影など簡単な確認手続きの後、在日米軍基地に入ることができた。

 在日米軍は、韓国を含め別途の措置が必要な国の国民を招待した人は、個別の審査のため30日前に警備部隊へ申告しなければならない、と説明した

 日本人の場合、在韓米軍基地に招待されたとき別途の追加措置はなく、旅券を確認した後、出入りができる。最近在日米軍基地訪問を拒否されたパク・ソンハ氏は、星条旗新聞のインタビューに対し「犯罪者扱いを受けた感じ。私が、韓国国民が何か間違いを犯したのかと、そんな考えを抱いた」と語った。在韓米軍の関係者は「韓国国民が在日米軍に関連して犯罪に及んだという情報はない。在日米軍がなぜこうした措置を取ったのか、確認してみたい」と語った。