(中央日報 2018/10/05)

 日本海上自衛隊が10日から開かれる済州(チェジュ)国際観艦式に艦艇を派遣する計画を取り消すと韓国側に通知したことが分かった。 

  韓国放送局JTBCは5日、韓国政府の核心関係者を引用して「最近大きくなった旭日旗問題に関連し、日本が11日午前、海上査閲などに艦艇を派遣しないと韓国側に通知した」と伝えた。 

  JTBCは、別の関係者の言葉を引用し、「本日午前、日本海上自衛隊側と意見調整する過程で、旭日旗を掲揚する場合、査閲に参加させることができないという立場を最終的に伝え、日本側は艦艇を派遣しないと回答した」と伝えた。 

  ただし、日本は12日に開かれる西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)には海上自衛隊幹部などの代表団を派遣するという


まだ決定していないとの報道も↓

(聯合ニュース 韓国語 2018/10/05)

日本海上自衛隊は来る10~14日に済州で開かれる『2018大韓民国海軍国際観艦式』と関連し、「まだ参加するかどうかを調整している」と5日、明らかにした。

海上自衛隊公報担当者は本日の聯合ニュースとの通話で、「海上自衛艦の旭日旗掲揚論議により、日本側に行事へ参加しない案が話し合われているのか」という質問に、「派遣しないことにした事実はない」と明らかにした

この担当者は「自衛艦旗の掲揚は法令で定められている事項であるため、今回の済州国際観艦式に参加する際に掲揚するというのが海上自衛隊の統一された立場」と付け加えた。

一方、韓国政府内では、日本が済州観艦式に艦艇を送らない代わりに、観艦式行事の一つである西太平洋海軍シンポジウムに代表団を派遣することにしたという話も出ている。 (取材補助:テラサキユカ通信員)(機械翻訳 若干修正)


通知したかしていないかはともかく、参加しないことにはなるようですね。

(産経新聞 2018/10/05)

 政府は5日、韓国が主催する国際観艦式への海上自衛隊の派遣を中止する方針を固めた。韓国側は自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めているが、日本側は拒否。政府は双方の要求が折り合わないと判断し、派遣を見合わせる。

 韓国海軍は韓国・南部済州島(チェジュド)で10~14日に開かれる国際観艦式の参加15カ国に、海上パレード中は艦艇上に自国国旗と韓国国旗だけを掲げるよう通知している。事実上、日本から参加する自衛艦の「旭日旗」の掲揚自粛を求めた。

 これに対し、日本政府は「自衛艦旗の掲揚は自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部標識』に該当する」(岩屋毅防衛相)と一貫して反論。自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長も4日の記者会見で「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りだ。降ろしていくことは絶対にない」と強調した。

 旭日旗は日本海軍の軍艦旗として使用され、海自の自衛艦旗にも採用された。先の大戦で日本と激戦を交えた米国を含め、現在では国際社会に広く浸透している。

 一方、韓国ではメディアや専門家の間で「侵略、軍国主義の象徴」などとの批判が多く、海自が旭日旗を自衛艦旗にしていることへの反発は強い。韓国の国会では旭日旗の使用を禁じる改正法案提出の動きも出ている。

 防衛省幹部は「韓国の世論が収まれば自衛艦を派遣するが、おそらく不可能だ。掲揚自粛は決して受け入れられないから、派遣を取りやめるしかない」と語った

 旭日旗をめぐっては、平成28年に行われた日米韓など各国海軍による共同訓練の際も、韓国世論が海自の旭日旗を問題視。各国艦船の韓国・済州島入港が中止された。


これを両当局がどういう内容で発表するのか、発表には含まれない双方のやり取りが出てくるのかが気になりますね。