(日曜ソウル 韓国語 2018/09/29)

仏国寺の塔身で発見された無垢浄光大陀羅尼経。我が国に現存する最古の木版印刷物だ。11~12世紀にかけて私たちの紙技術は繁盛した。高麗は紙製作技術を国家的に奨励し、高麗紙(高麗から朝鮮まで韓紙を呼んだ名称)は中国の学者に最高の紙として称賛された

韓紙のうちで最上のものを蚕繭紙といった。芳しくて白い蚕繭紙は残念ながら今は探すことはできない。蚕繭紙はイ・ギュボが詩でその優秀性を礼賛するほどであった。紙の色がとても白くて明紬[絹織物]のようであった。緋緞[絹織物]のように丈夫だったという。蚕繭紙に文字を書けば墨が濃く染み込んでとても良いと『考槃餘事』は記録している。
※蚕繭紙:韓国では中国の『帛(絹布)』とは別物と考えられているようですが、名前だけが伝わっていて、現物も製法は伝わっていません。キム・ギョング(金卿)紙研究家は「楮を臼で挽いて作った」としています。

我が国の人々の大多数は最高の紙が何かという質問に苦もなく韓紙を挙げる。しかし、燦爛たる韓紙の歴史は継承することができず、暗黒時代を迎えた。19世紀頃[16世紀]、壬辰倭乱[文禄・慶長の役で朝鮮は荒廃した。紙製作技術はもちろん、紙製作工たちも日本に連れて行かれた。以後、韓国の紙製作の伝統と技術は衰落の道に入る。その後、外国人たちに世界で最も優秀な紙が何かと尋ねれば、まったく違う答えをする。まさに『japaness paper(和紙)』と答える。

日本が和紙で高級紙市場を率いる今、大韓民国は深刻な伝統文化の断絶を経験している。実際に韓紙工芸の時間には日本が作った和紙で授業を行ったりもする。専門家たちが散在する韓紙工芸の時間に使用される韓紙も日本産が多い。韓紙は中国最高の文筆家や学者が互いにこのきれいな紙を使用して称えるほどだったが、我が国は韓紙がお金にならない事業と考えて投資をしなかった。

イ・ソハ韓紙絵研究会会長(ソハギャラリー館長)は韓国芸総(韓国芸術文化団体総連合会)韓紙名人1号である。韓紙伝統工芸と韓紙絵、韓紙関連の文化運動を行っている

256592_181395_3446_R

※参考 別記事よりイ氏作の韓紙絵
gerqgqerg
ryjhwthwqrt
trrrrryrwgad_R

外国大使夫人に韓紙工芸の授業を行えば「ワンダフル」を連発するという。私たちが発見できなかった私たちのものの美しさを感じているのだ。イ会長は韓紙本も5か国語で作り、世界に韓紙文化を伝播している。また、韓紙専門家を養成し、暇暇に作品活動に専念する。

イ会長は韓紙絵の最高手として通じる。韓紙絵というのは、染料をまったく使用せず、韓紙特有の物性を利用して染色された韓紙を手でちぎって貼った絵だ。韓紙の優秀性と伝統芸術にはまる独特の長所を持っている

韓紙絵は独特の質感と物性で、他の素材が表わすことができない優れた画風を創造することができる。基礎がなくても小学生から大学生、専門家まで現代絵画や工芸品を優れた作品として作ることができる。

イ会長は、私たちの韓紙を継承していく門下生と作家を募集している。韓紙絵工芸を趣味で習いたかったり、本格的な深化過程をしたい作家、韓紙アート創業や就職を目的とする予備作家らと、韓紙芸術の深い世界を一緒に遊泳することを願っている。教育時間は互いに調整して進めることが可能だ。

韓紙だけが持つ質感で、秀麗で伝統的な色彩美学を組み合わせた多様な作品を作ることができる。ポータルサイトで『ソハギャラリー』、ダウムカフェ『韓紙絵旅行』をクリックすれば韓紙絵の優秀な作品に接することができる。問い合わせはソハギャラリーにすればよい。(機械翻訳 若干修正)


(アジアニュース通信 韓国語 2017/08/02)

(略)イ・ソハ韓紙作家は「まだ私たちの韓紙工芸を日本のものと思っている人が多い。世界の人達に韓紙は私たちのものでることを刻印させられるように優秀な作品をたくさん残すことを使命と感じている」と話し、「国内に韓紙作家は多いが、やせた文化環境のために個人の力量だけでは限界にぶつかる時が多い。新政府で韓紙芸術に対する全幅的支援と同時に、深みのある染色開発のための条件を用意してくれること」を要請した。(略)(機械翻訳 若干修正)


【追記】コメ1さんに教えていただいた「韓紙絵の生みの親はチョ・スジョン」の記事があったので見ると「日本で知った」でした。

(世界名人会 韓国語 2017/01/14)

[韓紙絵分野] チョ・スジョン世界名人に会う

(略)チョ・スジョン世界名人が初めて韓紙絵を始めるようになった契機は、駐在員であった夫について日本に居住した時代、ある日本家庭で見たある絵画作品のためだ。バラの花を表現したその絵を見て、好奇心でどんな素材を使っているのか聞くと、家主は驚くべきことに韓紙を利用して絵を描いたと答えた
※実際に韓紙が使われていたのか、チョ氏または記者が和紙を韓紙と置き換えたのかはわかりません

「大きく衝撃を受けた。当時、我が国には韓紙を使って作品を作る作家も、韓紙の活用法を教える所もなかった。今のように多様な色の韓紙を求めることがそのうえ難しかった。」

チョ・スジョン世界名人は、我が国の伝統紙である韓紙を、日本では一つの芸術分野として体系的に発展させてきたということに大きい衝撃を受けたという。

これに、チョ・スジョン世界名人は、我が国固有の伝統紙である韓紙と韓紙を使った韓紙絵の正統性を取り戻すという一念で、韓紙絵の専門家になると誓ったという

そして1986年、日本から帰ってきて、国内に初めての韓紙絵講座を開設し、韓紙絵を普及させ始めた。以後、韓紙絵講座は全国160か所あまりの文化センターに講座が開設されるほど爆発的な人気を見せた。テレビ番組でも何回も紹介され、韓紙絵を習うための受講生もとても増えたという。

以後、2009年、チョ・スジョン世界名人はソウル特別市江南区にチョ・スジョン韓紙絵ギャラリー[韓紙絵画ギャラリー Art & Tea]をオープンし、韓紙絵を研究しながら、正規的に韓紙絵を教育するプログラムを進めているという。また、その他にも小・中・高など学生たちを対象にする創意的韓紙絵体験学習プログラムと外国人体験プログラムなど多様な活動を通じて韓紙絵を普及させ、私たちの伝統に対する自負心を育てる活動を併行していた。(略)(機械翻訳 若干修正)


ちぎり絵もですか。