(YTN 韓国語 2018/09/27)

アンカー
韓国と日本をつなぐ韓日海底トンネルに対する技術的な議論が民間団体と学界を中心に活発に進行しています。

土木専門家たちは技術的には可能だという意見だが、莫大な事業費と国民情緒を考慮すると、推進は容易ではないようです。報道はチャ・サンウン記者です。

記者
韓国と日本を海底トンネルで連結する事業に対し、国土海洋部[省に相当]は去る2011年に経済性がないと発表しました

100兆ウォンにのぼる事業費に比べて得られる経済的利益は少ないためです。

政府次元の事業検討は中断されましたが、日本民間団体と韓日の学界を中心に技術的議論は活発に進行しています

韓日海底トンネルを推進する日本の民間団体研究陣は最近、釜山で開かれた技術シンポジウムで、本州と北海道をつなぐ青函海底トンネルを開通した経験を強調しながら、韓日間のトンネル着工に備えた調査結果を出しました

海底トンネルの中間地点である対馬一帯の地盤をはじめ、大韓海峡と巨済島の地質調査まで行った状態と明らかにしました。

韓国学界の分析も提示されました

地形と水深などを考慮して、4つの路線が候補群として選ばれましたが、壬辰倭乱当時の倭軍の出港地である日本,唐津市と釜山を連結することは、国民的反感が予想されるという内容も含まれました

[チャン・ヒソク/釜山経済大土木工学科教授:(日本側は)海底地盤調査、予備路線選定のようなものが多く行われています。 もし(韓日海底トンネル事業が)行われるとすれば、私たちもこれに備えなければならないという次元で(技術シンポジウムを開きました。)]

韓日海底トンネルの必要性を主張する民間団体と学界では、両国いずれにも役立つと話しますが、北東アジアで韓半島[朝鮮半島]が持つ地政学的利点を日本に渡すことになり、物流分野で莫大な被害が生じる恐れがあるという反論も少なくありません

最近、青瓦台[大統領府]国民請願掲示板にも、韓日海底トンネルに反対するという請願が相次いでおり、国民の共感を得ることは容易ではなさそうです。(機械翻訳 若干修正)


青瓦台請願サイトを見てみましたが、関連請願は毎月数件ずつあがっているようですが、現時点で締め切り前は↓のみ、「同意人数(参加人員)」は71人ですね。

  請願開始:2018-09-19 請願締切:2018-10-19 参加人員:71人

過去分は、〈締切:2018-09-25 人数9〉〈締切:2018-09-24 人数25〉〈締切:2018-09-22 人数2〉〈締切:2018-09-18 人数12〉など・・・

もっとがんばりましょう。