(ヘラルド経済 韓国語 2018/08/01)

-“李舜臣将軍の後裔”韓国海軍「日本海上自衛隊の旭日旗掲揚は国際慣例」
-『戦犯旗退治キャンペーン主導』のソ・ギョンドク教授「日本海上自衛隊の戦犯旗代案模索必要」

海軍が昨日、来る10月10日から14日まで済州島で国際観艦式を開催すると明らかにした中、行事に参加する日本海上自衛隊のいわゆる『旭日昇天旗』に対する論議が熱くなっている。

観艦式は、国家元首などが艦隊と将兵を検閲する儀式だ。国際観艦式は1998年の建軍50周年を記念して初めて行われて以来、10年ごとに開かれている。2008年に続き今年が3回目だ

日本海上自衛隊は98年、2008年と毎回国際観艦式に参加して旭日昇天旗を掲揚し、論議を招いた

旭日旗が、戦争犯罪国である日本が戦争の時に使用した戦争犯罪旗とされている状況で、日本海上自衛隊が戦犯旗を付けて韓国政府の公式行事に参加して、何らはばかることなく闊歩することができるのかという国民的非難世論に直面したのだ

だが、行事主催側である海軍は、そのつど日本海上自衛隊の旭日旗掲揚について、国際慣例上、やむを得ないという立場を取っている。

海軍関係者は1日、ヘラルド経済との通話で「軍艦は国際法上、該当国の主権が適用される領土と同様と認められている」とし「外国の港に入港する際、慣例的に自国の国旗と海軍旗を掲揚する。今回の国際観艦式でも慣例に基づき日本海上自衛隊は国旗である日章旗(日の丸)と海上自衛隊旗である旭日旗を掲揚して入港するものと見られる」と話した。

それと共に「(日本海上自衛隊が)韓国が開催する国際観艦式に招待を受けて参加するだけに、国際法と全世界の海軍の慣例に従った事項として(旭日旗掲揚に対して)理解することをお願いする」と明らかにした。

だが、日本の旭日旗を戦犯旗と規定して国際的な旭日旗“退治”運動を行っているソ・ギョンドク(徐坰德)誠信女子大教授は、今回の国際観艦式に参加する日本海上自衛隊の旭日旗掲揚について反対している。

ソ教授は本日、ヘラルド経済との通話で「日本海上自衛隊の軍艦が韓国に来るたびに議論になっているが、国際観艦式は国家元首級が参加する政府最高位級の行事ではないのか」とし「日本の軍艦が戦犯旗を付けて堂々と韓国領海を闊歩して国際観艦式に参加する場面はとうてい想像できない」と話した。

国防部遺体発掘鑑識団広報大使としても活動中であるソ教授は「日本海上自衛隊側でも、現在海上自衛隊旗として使用している旭日旗が戦犯旗か分かっていないこともあり得る」とし「韓国海軍は日本海上自衛隊側に旭日旗が戦犯旗という事実を知らせてあげなければならない。そのようにして、日本海上自衛隊が他の代案を検討することができるように誘導することが一番重要だ」と話した。(機械翻訳 若干修正)


NAVERで過去記事を検索してみましたが、2007年に親善行事で海自艦が仁川港に入港した際に行われた『反日デモ』の記事はありましたが、2008年の国際観艦式に関しては、観艦式開催の記事はありましたが『反日デモ』や『反対派』の記事は見あたらなかったです。

2007年09月14日