(オーマイニュース 韓国語 2018/07/17)

・国連人種差別撤廃委員会、朝鮮学校の教育権問題を審議テーマとして選定

来る8月16日~18日に開かれることが予定されている国連人種差別撤廃委員会が、日本政府の報告書を審議するテーマの一つに、朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちの教育権保障に対する日本政府の措置を選定した

これに、民主社会のための弁護士会、地球村同胞連帯、ちびた鉛筆、民族問題研究所をはじめ、43の市民団体は去る16日(ジュネーブ現地時間)、朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちに対する差別および人権侵害の実態を盛り込んだ連帯報告書を、国連人種差別撤廃委員会に提出した

連帯報告書には日本政府の朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちに対する△学歴不認定△高校無償化制度からの排除△教育補助金の支給中止△乳児教育無償化政策からの排除△修学旅行記念品の押収など、差別および人権侵害行為などが具体的に叙述された。

また、連帯報告書を通じて人種差別撤廃委員会が日本政府に対し、△朝鮮学校を他の外国人学校と同等に学歴として認定すること△高校無償化制度に朝鮮学校を含め、これまでの被害に対する適切な賠償措置を取ること△教育補助金を支給し、発生した被害について適切な賠償措置を取ること△乳児教育無償化政策に朝鮮幼稚園の児童を含むこと△修学旅行記念品押収の慣行を是正することなどを勧告してほしいと要請した。

連帯報告書を提出した市民団体側は「今回の連帯報告書は、国連人種差別撤廃委員会に提出する韓国の市民社会団体の初の市民団体連帯報告書」とし「韓国の市民団体が日本の審議に直接的に参加した理由は、日本政府がすでに国連から数回、朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちに対する差別を是正するように勧告受けたにもかかわらず、何ら改善の姿を見せず、朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちの侵害状況がさらに深刻化しているため」と明らかにした。

また「人種差別撤廃委員会が、韓国の市民団体の連帯報告書で指摘された朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちに対する差別および人権侵害の実態を綿密に検討し、日本政府の朝鮮学校および朝鮮学校の学生に対する差別および人権侵害行為を直ちに中止させ得る勧告を宣言することを期待する」と付け加えた。

現在、日本内の朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちは、深刻な差別と人権侵害に直面している。特に朝鮮学校および朝鮮学校の学生たちは、2010年に施行された高校無償化制度から排除され、地方自治体から支給される教育補助金が中止されるなど、深刻な教育権侵害状況に置かれている。(機械翻訳 若干修正)

16546vkvkvj
▲朝鮮学校差別反対
去る5月14日、日本,広島で広島朝鮮高級学校の学生たちが街頭集会を開いている。


雨に濡れて“お仲間”が透けてますね。(交通改革 in安佐北 社民党)

2018年04月14日