(中央日報 2018/07/04)

明治維新150周年を迎えた日本では、展示会、ドラマ放映、美術展開催など関連文化行事が盛んだった。問題は文化行事が文化ではなく政治行事に変質している感があるという点だった。

京都の明治維新記念館である霊山歴史館では「明治維新三傑」の1人、西郷隆盛(1828~1877)特別展が開かれていた。ぱっと目が覚めた。西郷隆盛は維新の主役の1人で、朝鮮を侵略しようという征韓論を主張し日帝のアジア侵略の土台となった人物であるためだ。日本の極右と対外侵略のアイコンだ展示館ではそんな人物を愛国者として紹介していた。彼を英雄として描写した絵と石膏像も見られた。反乱を起こして敗北し切腹する際に使ったというさびがついた刀まで展示された。

633dd03b-5853-4f8c-82ec-ea75fe9da6a3
▲明治維新展示会に登場した西郷隆盛の石膏像。彼を英雄として美化した作品のひとつだ。


薩摩の西郷隆盛は坂本龍馬の斡旋で長州の木戸孝允(1833~1877)と会い薩長同盟を成し遂げた。だがこの2人の朝鮮に対する考えはそれぞれ違った。西郷隆盛は朝鮮を侵略しようという征韓論を掲げた。朝鮮に使節に送り国王の前で無礼な行動をすれば処刑されるのでこれを理由に朝鮮を侵略しろとそそのかすほどだった。木戸孝允は征韓論を主張した日本の極右思想家吉田松陰(1830~1859年)の弟子だったが、これには極力反対した。もう1人の維新三傑の1人で薩長同盟締結の現場にいた薩摩出身の大久保利通(1830~1878年)は性急な対外膨張より富国強兵を優先した。

さらに問題なのは今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公が西郷隆盛という事実だ。それも西郷隆盛を「勇気と実行力で時代を開き、愛のあふれる指導者」として描写している。「西郷どん」は西郷隆盛の愛称だ。公信力があるNHKが明治維新三傑のうちよりによって極右派のシンボルで征韓論を主張した西郷隆盛を明治維新150周年を迎える今年の大河ドラマの主人公に選んだことは隣国を不快にさせるのに十分だ。明治維新以降に力を得た日本が薩摩と長州出身の軍人による武断統治を経ながら45年までアジアを戦乱に追いやった過去を考えると、これは戦争被害国全体を無視する行動と言わざるを得ない

8df08da9-29fb-413e-b26a-198fd9457400
▲明治維新150周年である今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のポスター。明治維新の主役のうち朝鮮侵略を極力主張した「日本極右派のアイコン」西郷隆盛を勇気と実行力があり愛のあふれる指導者として描写する。


当時の薩長同盟会談場は現在京都の同志社大学今出川キャンパスに変わっていた。アイロニカルにも同志社は幕府派の核心で明治維新に反対した会津藩出身の新島八重の夫の新島襄が設立した大学だ。看護士になった新島八重は姉妹校である同志社女子大学を設立した。逆賊として追い詰められた会津出身がリベラル教育に活路を見出した格好だ。詩人の尹東柱(ユン・ドンジュ)と鄭芝溶(チョン・ジヨン)が同志社に留学したのもこのようなリベラル精神と関係なくはなかっただろう。校庭では並んで設置された2人の詩人の詩碑を見つけた。

会津は現在の福島県西部に当たる。2011年の大地震に続き大規模な原子力発電所事故が発生したまさにその地域だ。NHKは2013年『八重の桜』という大河ドラマで福島住民の自尊心を引き立てながら逆賊とされた会津出身者らと歴史的和解を試みた。ドラマを通じて視聴者と対話を試みた。今年は雰囲気がとても違って見える。

こうした状況は5月に尋ねた京都と東京の美術館も変わらなかった。京都国立近代美術館は「明治150年展 明治の日本化と工芸」特別展を、東京国立近代美術館は明治維新の年に生まれ今年で誕生150周年を迎えた横山大観(1868~1958)特別展をそれぞれ開いていた。いずれも日本の優れた文化・芸術作品だった。桜の花と富士山など日本を象徴する絵を好んで描いた横山大観は現代美術界で「日本画」のジャンルの水準を大きく高めた大家に挙げられる。

問題はこうした展示会が日本の美術や芸術を見せる企画ではなく明治維新で日本が文化大国・文明大国・経済大国になったことだけ強調するために企画された感があるという点だ。『美しい国へ』という著書を出し、恥ずかしい過去史を無視して「美しい国作り」を政策として推進してきた日本の安倍晋三首相の意図に合わせたという評価だ。安倍首相がこうした一連の明治維新関連展示会を通じて日本を戦犯国として非難を受ける状態になる前の「美しい」状態に変えようと試みているとの指摘を受けている。

このような明治関連展示は安倍首相の日本がややもすると自己中心的で自己陶酔的であり偏狭な民族主義に進む兆しではないかとの疑念をかけられるに値する。日本が明治維新を隣国とともに記念するにはその陰に対する省察、周辺国に対する積極的な疎通、そして歴史を見る謙虚な姿勢から持たなければならないだろう。(チェ・インテク中央日報国際専門記者)


 征韓論(ウィキペディア)

日本の明治初期において、当時留守政府の首脳であった西郷隆盛・板垣退助・江藤新平・後藤象二郎・副島種臣らによってなされた、武力をもって朝鮮を開国しようとする主張である(但し、史実として、征韓論の中心的人物であった西郷自身の主張は、板垣らの主張する即時の朝鮮出兵に反対し、開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴く、むしろ「遣韓論」と呼ばれるものであり、事実、遣韓中止が決まる直前では西郷の使節派遣でまとまっていた。)。

西郷隆盛の死後、板垣退助らの自由民権運動の中で、板垣の推進する征韓論は西郷の主張として流布され、板垣ではなく西郷が征韓論の首魁として定着した。