(サンスポ 2018/06/29)

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は29日、神戸朝鮮高級学校(神戸市)の生徒が北朝鮮への修学旅行から28日に帰国した際、関西空港の税関で親族からの土産を没収された、と明らかにした。政府の独自制裁に伴う措置だが、総連は「生徒の人権を踏みにじる行為」と非難し、税関に謝罪と再発防止を求めた

 総連によると、同校の生徒62人は28日夕、2便に分かれて北京経由で帰国した。税関職員が生徒のかばんを開け、北朝鮮の国旗や文字が入ったクッションや化粧品などを没収した最初の便では6人、2便目に乗っていた39人の半数以上が荷物の一部を没収された

 昨年までの修学旅行では、親族からもらったものだと説明すれば没収されないこともあったという。記者会見した許敬校長は「泣きじゃくる子もいて、生徒たちの心の傷は深い。法律に基づいてやったと言うかもしれないが、日本と北朝鮮の関係にとってこれが良いことなのか」と抗議した。


(聯合ニュース 韓国語 2018/06/29)

日本税関当局が北韓(北朝鮮)へ修学旅行に行って日本に帰国した朝鮮学校の学生たちの記念品まで押収したと在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が29日、明らかにした。

朝鮮総連は本日、東京都千代田区のこの団体の中央本部で記者会見を行い、前日、関西国際空港税関当局が神戸朝鮮高級学校(高等学校)の学生たちが北朝鮮へ修学旅行に行った際に親戚と知人たちから受け取った記念品などを押収したと話した。

日本政府が修学旅行のために北朝鮮へ行ってきた朝鮮学校の学生たちの物を押収したのは今回が初めてではない。

ただし、最近、日本政府が北日首脳会談の実現に積極性を見せている中、再び押収事例が出てきただけに、朝鮮総連側は日本政府が対話の意思を見せながらも後では圧迫を加えているとし、批判の声を高めている

朝鮮総連は「子供たちの純真な心を踏みにじる極度に悪質的で非人道的な行為」とし「不当な独自制裁の名前で行っている日本当局の対北朝鮮敵対視政策が行った暴挙」と批判した。(機械翻訳 若干修正)


生徒はともかく、引率の学校関係者や旅行会社は日本の制裁内容を詳しく知っているはずですから、事前に生徒に周知していない学校側のミスですね。