(スポーツトゥデイ 韓国語 2018/06/29)

最近リバプール(イングランド)に合流したナビ・ケイタ(Naby Leye Keïta)が腕に彫られた戦犯旗の文身(以下、入れ墨)で論議を呼んでいる。

ケイタは27日(韓国時間)にリバプールに合流した。リバプールは公式ホームページを通じてケイタの球団合流の便りを知らせた。ケイタは昨年夏にケイタを迎え入れ、ついに懐に抱いた。

だが、ケイタの入れ墨が国内ファンたちの間で話題になった。ケイタの腕には『戦犯旗』が彫られていた

img_20180628190441_65023bd4

2018062900193729566_1530156199176

国内のファンだけでなく、アジアの多くの国の間で戦犯旗は非常に良くないものと認識されている。『旭日旗』とも呼ばれる戦犯旗は、世界2次大戦当時の日本軍国主義の象徴のような国旗だ

最近、国際サッカー連盟(FIFA)が公式チャネルを通じて広報したワールドカップの映像に戦犯旗が登場した時も、国内ファンたちの積極的な抗議によって該当掲示物が削除された。(機械翻訳 若干修正)



『リバプール』のナビ・ケイタ(Naby Leye Keïta)が日本戦犯旗(日本軍国主義の象徴)論議を起こした。ポーランドなどヨーロッパのタブーの象徴であるナチス・ハーケンクロイツをしたのと変わらない行動で、アジアのサッカーファンを失望させた。

ナビ・ケイタの戦犯旗論議はリバプール合流の便りと共に始まった。リバプールの公式ホームページに上がってきた選手の写真数枚で戦犯旗が発見された。

116321_117022_4458
ナビ・ケイタの右の方の腕(ママ)には戦犯旗の文身(以下、入れ墨)が彫られている。戦犯旗は第2次世界大戦の枢軸国(ドイツ、日本、イタリア)の一つである日本の軍国主義を象徴し、韓国と中国などでダブー視している

戦犯旗の他にドイツのハーケンクロイツ(ナチス)、イタリアのファスケス(ファシズムズ)も戦争被害を受けたフランス、ロシア、ポーランドなどでダブー視されている象徴だ。だが、ナビ・ケイタが戦犯旗の入れ墨を入れ、リバプールを愛する韓国などアジアのサッカーファンの残念な声が流れている

一方、ナビ・ケイタはリバプールでスティーブン・ジェラードの背番号8番を譲り受けた。来る7月1日からリバプールで8番をつけて走ることになる。(機械翻訳 若干修正)


韓国のニュースにいちいちコメントを出すかわかりませんが、実際には何のマークで何で入れたのか聞いてみたいですね。