(リアルメーター 韓国語 2018/06/25)

犬肉食用禁止法、反対51.5% vs 賛成39.7%

‐大部分の地域、年齢、理念指向、農林漁業と家庭主婦を除いたすべての職業、性別のいずれも反対世論が多数や賛否両論が拮抗したことが明らかに

‐30代と60代以上、進歩層、自営業と無職、女性では賛否両論が伯仲

国民の半数以上が犬肉の食用を法で禁止することに対して反対する世論が優勢で、犬肉の食用に対して国民世論が依然として友好的だと調査された。

最近、法院(裁判所)が食用目的で犬を屠殺することを動物保護法違反であると判決した中、CBSの依頼で世論調査専門機関リアルメーター(代表イ・テクス)が、犬肉の食用を法で禁止することに『反対する』(非常に反対18.9%、反対する方32.6%)という回答が51.5%で、『賛成する』(非常に賛成16.1%、賛成する方23.7%)という回答(39.7%)より、誤差範囲外である11.8%pリードしていると集計した。『よく分からない』は8.8%

0616512515643_1

2008年の犬肉の食用の合法化に対するリアルメーターの世論調査でも、賛成意見が53.2%、反対意見が27.9%pと出たことがあり、犬肉の食用に対しては依然として友好的な世論が多い。ただし、否定的な世論は小幅増加していることが分かった。

年齢別では、20代(賛成36.9% vs 反対56.7%)、40代(38.9% vs 54.7%)、50代(35.0% vs 52.9%)で反対が半数以上であり、30代(43.9% vs 48.6%)、60代以上(43.2% vs 46.3%)は賛成と反対が互角に交錯した。

地域別では、大田・忠清・世宗(賛成28.3% vs 反対62.1%)では反対が60%を越え、ソウル(38.3% vs 52.0%)、光州・全羅(40.0% vs 51.1%)、釜山・慶南・蔚山(44.5% vs 50.3%)、大邱・慶北(39.0% vs 49.8%)、京畿・仁川(41.5% vs 48.8%)の順で反対世論が多少優勢だった。

理念指向別では、中道層(賛成37.0% vs 反対55.1%)と保守層(38.3% vs 47.6%)では反対世論が優勢で、進歩層(44.6% vs 49.5%)では賛成と反対が互角に交錯した。

職業別では、学生(賛成33.1% vs 反対62.5%)、労働職(37.2% vs 61.7%)、事務職(36.1% vs 57.1%)で反対世論が高いことが分かった。一方、自営業(賛成42.6% vs 反対47.2%)と無職(38.5% vs 42.1%)では誤差範囲内で賛成・反対の意見が拮抗し、農林漁業(54.7% vs 41.4%)と家庭主婦(50.8% vs 37.2%)では賛成が優勢だった

性別では、男性(賛成36.5% vs 反対55.6%)は反対世論が優勢で、女性(42.9% vs 47.5%)では賛成と反対が互角に交錯した。

今回の調査は、2018年6月22日(金)に全国19歳以上の成人10,126人に接触し、最終501人が回答を完了、4.9%の回答率を記録し、無線(10%)電話面接および無線(70%)・有線(20%)自動回答混用、無線電話(80%)と固定電話(20%)並行無作為生成表サンプリング型を通した任意電話をかける方法で実施した。統計補正は2018年1月末の行政安全部住民登録人口統計基準、性、年齢、地域別加重値付与方式で行われ、標本誤差は95%、信頼水準で±4.4%pだ。(機械翻訳 若干修正)


(CBSノーカットニュース 韓国語 2018/06/25)

■放送:CBSラジオ『キム・ヒョンジョンのニュースショー』FM98.1(07:30~09:00)
■進行:キム・ヒョンジョン アンカー
■対談:イ・テクス(リアルメーター代表)

1週間の最新世論調査を見てみる時間です。イ・テクスの世論。リアルメーターのイ・テクス代表、いらっしゃいませ。

◆イ・テクス こんにちは。

◇キム・ヒョンジョン ワールドカップを楽しむ中、夏がいきなり来てしまいましたが、本日のスペシャル世論調査は夏に関連した調査に目を向けてみました。

◆イ・テクス そうです。最近、犬肉の食用と関連して犬肉食用禁止法も発議されましたし。

◇キム・ヒョンジョン ピョ・チャンウォン議員が犬食用禁止法を発議しました。

◆イ・テクス そして食用目的で屠殺することもまた、動物保護法に違反するという判決もありました。私どもが10年前にもこのような調査をしましたが、再び議論になり、キム・ヒョンジョンのニュースショーの依頼で調査してみました。

◇キム・ヒョンジョン キム・ヒョンジョンのニュースショーの依頼で、犬肉食用禁止法が発議されましたがその禁止法について皆さんどう思われますか、という世論に目を向けてみましたが、ひとまず現行法を私が整理してみます、イ・テクス代表様。現在畜産法上は家畜に該当します、犬は(畜産法施行規則)。なので牛や豚と同じなのです。育てることができるのです。今、犬の飼育場はこうしたことで育てることはできますが、問題は食品衛生法上、犬の屠殺に関する規定がないことです。なので、どのように屠殺せよというのがなく、するならどのような方法でするかの規定が全くないため、合法でも不法でもない曖昧な死角地帯になっています

◆イ・テクス 相変らずそうですね。

◇キム・ヒョンジョン そのような状況なので判決がこう出てああ出て、このような状況なのです。このような状況で皆さんの意見はどのように出てきましたか?

◆イ・テクス 私どもが去る22日、全国19歳以上の成人1万126人に接触をし、最終501人が回答を完了しました。無線電話面接および有無線自動回答混用方式で繋ぎました。標本誤差は95%信頼水準で±4.4%ポイントでした。次の通りに質問しました。最近、裁判所が食用目的で犬を屠殺することを動物保護法違反だと判決したところであります。

◇キム・ヒョンジョン このような判決が最近一つ出てきました。

◆イ・テクス 犬肉の食用を法で禁止することに対してどう思いますか? 非常に賛成、賛成する方、反対する方、非常に反対、よく分からない。このように例が5つだったのですが。

◇キム・ヒョンジョン 調査結果はどのように出てきたんですか?

◆イ・テクス 反対意見が51.5%だったんです。賛成意見が39.7%。概ね5:4で犬肉の食用について友好世論が依然として続いていることが明らかになりました。

◇キム・ヒョンジョン 皆さん正確に質問を理解しなければなりません。食用禁止法。犬肉禁止という法についてどう思いますか? その法が良い、犬の食用を禁止しなければならないという方が39.7%。良くない、なぜこれを禁止するのか。反対される方が51.5%。誤差範囲を越えましたね。

◆イ・テクス そうです。思っていたよりかは反対意見が賛成意見より高かったんですが、10年前にCBSの依頼で同じ調査をしましたが、当時は犬肉食用禁止法でなく合法化と関連して、また、論議があったので合法化に対する世論を調査しました。

◇キム・ヒョンジョン 10年前にはどのように出てきましたか?

◆イ・テクス 合法化すべきという賛成意見が53.2%、反対が27.9%。なので賛成意見が現在、今日紹介した食用禁止法の反対意見。なので犬肉の食用が継続されなければならないという意見と比較すると似たように現れました。

◇キム・ヒョンジョン 犬の食用賛成がその時も今も50%台のようです。

◆イ・テクス しかし、犬の食用反対意見が当時にはさっき申し上げた通り28%ほどでありましたが、今日の調査では39.7%。およそ10%ポイントほど増えました。

◇キム・ヒョンジョン それが変わった点ですね。なので、犬の食用に賛成するという方の数値は半数を少し越えます。似てますが、反対するという人の数値がもう少し上がった。10年前と比較すると。

◆イ・テクス そうです。

◇キム・ヒョンジョン どんな階層で反対が多いですか?

◆イ・テクス 性別では男性はずっと食用に対して友好世論が高かったです。55.6%:36.5%で20%ポイントほど食用友好世論が高かったんです。反対に女性は42.9%:47.5%。誤差の範囲内で小幅に高かったです。理念指向別では中道層と保守層では反対世論。なので犬肉の食用が継続されなければならないという意見が高かったんです。進歩層ではさっきの女性層と同じように誤差の範囲内で小幅に反対世論が、なので犬肉の食用友好持続世論が少し高いことに。

◇キム・ヒョンジョン そこも少し高くて。そうです。この部分はずっと判決が一進一退してまた、憲法訴訟も上がっていて、このような状況なのでちょっと見守って法で整理する必要があります、どのようにしても。(略)(機械翻訳 若干修正)