(聯合ニュース 韓国語 2018/06/13)

日本の新聞は13日、シンガポールで前日に開かれた北米(米朝)首脳会談のニュースを一斉に1面トップ記事で伝えながら、キム・ジョンウン(金正恩)北韓(北朝鮮)国務委員長が韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化のための約束を再確認したと報道した。

PYH2018061302270007300_P4_R

読売新聞は1面に〈米朝「非核化」確認〉という題名の記事で、共同声明でドナルド・トランプ,アメリカ大統領が北朝鮮の『安全の保障』を提供することを約束したと伝えた。

読売は〈トランプ政権が求め続けてきた要求してきた「完全かつ検証可能で復帰不可逆的な非核化」(CVID)という言葉は盛り込まれなかった〉とし〈非核化の時期や具体策にも触れておらず、朝鮮戦争の終戦にも言及しなかった〉と説明した。

この新聞は国際面〈韓国、仲介の役割成功〉という題名の記事で〈史上初めての北朝鮮と米国の会談が開かれ、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が注力してきたアメリカと北朝鮮間の仲介はひとまず成功した形になった〉とし〈(韓国は)北朝鮮の非核化履行に積極的に関与して行くものと見られる〉と展望した。

朝日新聞も1面にキム委員長が非核化を約束したと伝えながら〈しかし、(共同声明に)いつまでに、どうやって非核化を実現するかの具体策は示さず、米朝の高官が引き続き協議を続けることを決めるにとどめた〉と伝えた。

朝日新聞は〈過去の朝米合意もこうした具体的な措置で行き詰まった歴史がある〉と付け加えた。

この新聞は別の記事で〈(北朝鮮が)電力不足や国際社会の制裁で、経済の面で芳しい成果が上がらないなか、祖父の金日成(キムイルソン)主席も父も成し遂げられなかった「敵」との首脳会談は、大きな宣伝となりうる〉とし〈そこで制裁解除や関係正常化による資金を引き出せば、経済への後押しとなる〉と伝えた。

朝日新聞は、トランプ大統領が前日の記者会見で韓米連合軍事訓練の中断を取り上げことと関連し、〈在日米軍や自衛隊の負担が増える恐れもある〉と伝えた。

極右指向の産経新聞は〈北朝鮮が今後も、非核化への動きの見返りとして米韓演習の中止や在韓米軍の縮小・撤退を要求する可能性は高い〉とし〈在日米軍や日本の防衛にも波及しそうだ〉と付け加えた。

共同声明の内容について、日本経済新聞は〈非核化 時間稼ぎ懸念〉、東京新聞は〈拙速だった「
歴史的会談」〉と指摘した。(機械翻訳 若干修正)


朝日新聞ですら、↓程度の評価の会談ですからねえ・・・

非核化、あいまい合意 「検証可能」「不可逆的」、米主張の文言なし 米朝首脳会談
(朝日新聞 2018/06/13)

 北朝鮮の非核化をどのように、いつまでに成し遂げるのか。首脳会談で最大の懸案だった問題は北朝鮮の主張を米国がほぼ丸のみした形となった

 米国のポンペオ国務長官は「完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)が受け入れられる唯一の結果だ」と主張していた。事前協議でも直前まで、米国はCVIDを強く訴えた。これに対し北朝鮮は「米国も体制保証に関する具体的な期限や方法を示すべきだ」などと抵抗していた。

 しかし12日の共同声明は「朝鮮半島の完全な非核化」との表現にとどまった。正恩氏が5月9日にポンペオ氏と会談した際、「余すところなく非核化する」と語ったのと比べて進展があったとはいえず、結局、北朝鮮が押し切った格好だ

 12日の記者会見でトランプ氏は「検証可能と不可逆的という言葉がなくなった。妥協したのか」との質問に、「まったく妥協していない」と言い張った

 北朝鮮の非核化の進み具合をどう検証するのかと問われても、トランプ氏は「信頼が構築されれば、多くの人が現地に行って一緒に作業する」と漠然と答えるだけだった

 北朝鮮は12~60個の核兵器や、300~400カ所の核関連施設を持つとされる。今回のあいまいな合意では、北朝鮮の非核化に向けた道筋を描くことはかなり難しいといえる。

 非核化を実現させる期限や工程表なども、声明にはまったく盛り込まれなかった。トランプ氏は会見で、「私は科学的な資料を多く読んだ。完全な非核化を行うには長い時間がかかる。一定の時間は待つ必要がある」と述べ、非核化の方法について具体的に触れることはなかった

 非核化の範囲を北朝鮮とせず「朝鮮半島」としたことで、北朝鮮が一方的に非核化しなくてもいい理由となる恐れもある。トランプ氏は、非核化の費用を日韓両政府に負担させる考えも改めて強調した。(シンガポール=牧野愛博、土佐茂生)

■在韓米軍削減に言及 トランプ氏、米韓演習にも消極的

 トランプ氏は12日の記者会見で、米韓合同軍事演習や戦略兵器の朝鮮半島派遣について、消極的な考えを示した。持論である在韓米軍の縮小・撤退にも触れた。北朝鮮に加え、中国をにらんだ朝鮮半島での米軍のプレゼンスが弱まる可能性が出ている。

 トランプ氏は朝鮮戦争の終結に意欲を表明し、米韓演習を「戦争ゲーム」と呼んで、「我々が『戦争ゲーム』をやめれば、巨額の費用を節約することができる」とした。「(米韓合同軍事演習は)とても挑発的だ」とし、「我々が(北朝鮮と)交渉をしている状況で『戦争ゲーム』をするのは不適切だ」とも述べた。

 在韓米軍の縮小・撤退は「今ではない」と断りつつも、「(駐留兵士を)家に帰還させてあげたい」と、削減に改めて意欲を示した。

 米国は、韓国と来年からの新たな防衛費負担協定を協議している。戦略兵器派遣の費用負担を求めていることも、トランプ氏の発言の背景にあったようだ。

 韓国政府関係者はこの日、対話が続く間の演習中止を支持する考えを示した。一方で、恒久的な中止には米韓協議が必要との見方を示し、戸惑いを隠さなかった。

 在韓米軍は、年末までに主な機能をソウル南方の平沢基地に移す。平沢は海岸や米空軍基地に近い。北朝鮮だけの脅威に備えてきた在韓米軍は、中国も含めた東アジア全体の抑止力に変わる過程にある。トランプ氏の発言はこの動きに響きそうなうえ、在日米軍や自衛隊の負担が増える恐れもある。

 両首脳が署名した共同声明には「トランプ氏は北朝鮮に安全の保証を与えることを約束」するとの文言が盛り込まれ、「新しい米朝関係の構築」や「朝鮮半島の永続的かつ安定的な平和体制の構築」もうたった。

 これらの文言は、朝鮮中央通信が11日に首脳会談について予測した「新しい朝米関係を樹立し、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制を構築する問題などで意見交換するだろう」という記述に沿ったものだ

 12日の会見も、トランプ氏の譲歩ばかりを浮き彫りにした。

 トランプ氏は、北朝鮮が保有する生物化学兵器の廃棄や北朝鮮市民の人権問題、日本人拉致問題を取り上げたとしたが、具体的な成果には言及しなかった。共同声明にも盛り込まれなかった

 北朝鮮はミサイル燃焼実験施設を廃棄したとしたが、北朝鮮はICBMエンジンを完成させたとみられている。核実験中止や核実験場廃棄も宣言しているが、核兵器は完成させており、具体的な脅威の削減に成功したとは言えない。

 トランプ氏はまた、非核化措置が実現するまで経済制裁を維持する考えは示した。しかし、北朝鮮は3月と5月の中朝首脳会談で、中国に「改革開放の意思」を示す代わりに、経済的な支援の獲得に成功したとみられている。(シンガポール=牧野愛博、園田耕司)

■自賛の合意、軽率な譲歩に不安 国際報道部長・坂尻信義

 朝鮮戦争の休戦から65年という歳月を経て、米朝両首脳が新たな関係の構築を宣言した。

 第2次世界大戦後の冷戦下で、初の「熱戦」となった朝鮮戦争は、欧州の東西対立を世界に広げ、米中対立の構図を生み出した。冷戦の残滓(ざんし)といえるこの対立に終止符を打てるとしたら、この会談は歴史の転換点として記憶される。

 だが、言動の振れ幅が尋常でないトランプ氏と金正恩(キムジョンウン)氏に朝鮮半島の将来を託すのは、危うい。

 トランプ氏に会談を決断させたのは、11月の中間選挙であり、再来年の大統領選挙だった。「ノーベル(平和賞)」の連呼に顔をほころばせてしまうほど、見栄えがする成果への渇望を隠せなかった

 独裁体制存続への保証を求める正恩氏にとっては、生死をかけた会談だったと言って過言ではない

 記者会見でのトランプ氏は冗舌だったが、共同声明の内容は乏しい。意欲を示していた朝鮮戦争終結を想起させる言葉が、見当たらない。北朝鮮の非核化に期限を示さず、「安全の保証」は与えてしまった。会談で日本人拉致問題を提起したというが、共同声明は人権問題に触れていない

 トランプ氏の「包括的な素晴らしい文書」という自画自賛は、文面とあまりにも乖離(かいり)している。「行動対行動」の原則を譲らず、具体的な非核化の措置にのみ見返りを約束した過去の合意と比べて、一歩も二歩も後退している

 気になるのは、両首脳の持ち時間の差だ。トランプ氏に残された時間は、短ければ残る1期目任期の2年半。対する金正恩氏は、まだ30代だ。時間に縛られない側は、縛られる側より優位に立つ。政治的な打算で結果を急ぐトランプ氏が、さらに軽率な譲歩をしてしまう不安が募る

 他方、政権入りする前に北朝鮮への武力行使を唱えていた超強硬派のボルトン補佐官が、大統領の傍らにひかえる。かつてボルトン氏から、北朝鮮に二度だまされたら、だまされたほうが悪いのだとして、北朝鮮の裏切りを許さない決意を聞いたことがある。

 両首脳が一度は手を結んだとはいえ、今後の実務者協議や非核化の過程で、ささいな挑発が合意を破壊する着火点になりかねない。両首脳は会談を歴史的な偉業と演出したが、じつは米朝が、和平と戦火の岐路に立った印象すらある。
(社説)初の米朝首脳会談 非核化への重大な責任
(朝日新聞 2018/06/13)

 朝鮮戦争が休戦状態になってから65年。敵国同士だった米国と北朝鮮の首脳が初めて会い、握手を交わした。

 その歴史的な進展に世界が注目したのは当然だったが、2人が交わした合意は画期的と言うには程遠い薄弱な内容だった

 最大の焦点である非核化問題について、具体的な範囲も、工程も、時期もない。一方の北朝鮮は、体制の保証という念願の一筆を米大統領から得た

 公表されていない別の合意があるのかは不明だ。署名された共同声明をみる限りでは、米国が会談を急ぐ必要があったのか大いに疑問が残る。(略)