(朝鮮日報 2018/05/30)
※↓の画像のほとんどは過去の記事やネットから

「竹島は 昔も今も 隠岐の島」

5月25日、西郷港(島根県隠岐の島町)の陸橋の上には、こんな標語を書いた垂れ幕が大きく掲げられていた。

vdasv14d3a4

ターミナルの駐車場には、「竹島 かえれ島と海」と記した広告塔も立っていた。

AKR20140729018000371_01_i

面積およそ346平方キロ、人口およそ2万人の隠岐は、日本の「独島(日本名:竹島)歪曲(わいきょく)前進基地」になっていきつつある。ここは独島に最も近い日本領で、かつては独島で違法操業活動をしていた漁民たちの出発地だった。このため日本は今でも「独島は隠岐の付属領土」と強弁している。2005年に島根県が「竹島の日」を制定して以降、隠岐は日本による独島歪曲の主な宣伝の場となった。島のあちこちで、独島は日本領という宣伝や捏造(ねつぞう)が見られる

07年に結成された市民団体「独島守護国際連帯」傘下の独島アカデミー教授団の隠岐探査に同行し、現場を取材した

■島のあちこちに「竹島は日本領」

独島歪曲は、かつて独島でのアシカ猟が盛んだった隠岐北西部の久見地区に集中している。独島方面の海が見える丘には、神道青年全国協議会が14年に建立した「竹島之碑」が立っている。碑の裏側には「竹島は日本人が自由に往来して漁業活動を行っていた場所」と強調してあった。ここから独島までの距離は157.5キロで、鬱陵島-独島間の87.4キロに比べ1.8倍ある。

2018053000145_0_R

2018053000145_1

久見漁港の防波堤には、独島の写真や「竹島 かえれ島と海」という標語を記した高さ3メートルの大型看板が取り付けられている。

AKR20140729018000371_02_i

独島の象徴たるアシカが描かれたマンホールのふたも見られた。

manhole-1-11

独島関連の資料は「久見竹島歴史館」と「隠岐郷土館」で展示されている。

mca1605220707001-p3

AKR20161103029500371_01_i

16年にオープンした「歴史館」は、隠岐住民の漁業活動を詳細に紹介しているが、アシカを乱獲して絶滅させた張本人たる日本の違法な漁業活動という点から見れば、むしろ自分たちに不利な資料を展示していることになる。

kyodokadbbfadgdfan00

56374_00030bfda98305_3_R

五箇地区の「隠岐郷土館」も同様だ。1階に整備された「竹島の部屋」では漁業活動の写真や新聞記事、独島から持ってきた石を展示し、テレビモニターで流れる宣伝用DVDは「韓国の記録にある于山島は竹島ではない」という言葉をオウムのように繰り返していた。

■島根県中心部でもたゆまず宣伝

独島歪曲宣伝の震源は松江市所在の島根県庁ビルにある。大通りに隣接した県庁第3分庁舎2階の「竹島資料室」

vdafbvadfbvadfbvadf

o0608040614135057412_R

IMbfgbwsfgbG_3018

07年にオープンした広さおよそ66平方メートル(20坪)ほどのこの空間は、独島の沿革や日本による独島領有の主張の根拠など詳細な内容が盛り込まれた掲示・関連資料およそ100点、韓国語を含む各国語で書かれた宣伝物を備えている。1日20-30人ほどの見学者が、絶えずここを訪れている。

探査に同行した韓国海軍士官学校の李承烈(イ・スンリョル)国際関係学教授は「法的効力がない1951年の『ラスク書簡』のように、日本側に有利に見える資料のみ紹介し、独島が韓国領であることをはっきりさせた46年のSCAPIN677号のように決定的な資料は取り除いていた」と指摘した。

独島守護国際連帯のコ・チャングン執行委員長は「北東アジア情勢が激動している中でも、日本の政治家がたゆまぬ次世代教育を通して長期的に独島領有権を強奪しようとする戦略を警戒しなければならない。歪曲が密集している島根県の今回の探査内容を基に、対応の論理と教育カリキュラムを開発していく」と語った。

 日本の領土問題に影響を及ぼしているSCAPIN(ウィキペディア)

SCAPIN-677 (日本の範囲)

日本の行政権の行使に関する範囲に言及した第677号において、伊豆諸島、小笠原諸島、南西諸島、竹島、南樺太、千島列島、色丹島および歯舞群島が除かれている。これらの地域のうち、サンフランシスコ講和条約発効前に日本に復帰したのは伊豆諸島とトカラ列島のみで、伊豆諸島は1946年(昭和21年)3月22日、トカラ列島は1952年(昭和27年)2月10日に日本に復帰した。一方、(2016年)現在でも竹島を占拠する韓国と、南樺太、千島列島、北方領土を占拠するロシアは、この文書を自国の領有根拠の一つとしており、日本との間で領土問題が続いている。

しかし、SCAPの上部組織である極東委員会には軍事作戦行動や領域の調整に関する権限が与えられていない。それを踏まえてこの文書の第6項には「この指令中の条項は何れも、ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定に関する連合国側の政策を示すものと解釈してはならない。」と、これが暫定的な指令である旨が明示されている

中ノ鳥島は大正時代の大規模探索でも発見されず、1943年(昭和18年)には日本海軍の機密水路図誌から削除されたものの、一般の地図には記載が残っていたため、第677号において言及されている(不存在が確定したのは1972年)。