(朝日新聞 2018/05/26)

 トランプ米政権は24日、6月12日に予定されていた米朝首脳会談を中止した理由について、北朝鮮が相次いで約束を破るなど「信頼関係が全面的に欠けていた」との認識を明らかにした。これに対し、北朝鮮は対話継続の考えを明らかにし、中止の決定を再考するよう促す談話を発表。トランプ大統領は「とても良い声明だ。彼らは(会談を)したいし、我々もそうだ」と語り、首脳会談を復活させる可能性に触れた。

 トランプ氏は25日午前(日本時間同日夜)、記者団に対し、前日に中止を発表した米朝首脳会談について「いま北朝鮮側と話をしている」と述べた。また「(予定されていた)6月12日に開くのも可能。情勢を見守ろう」と語り、米朝ともに現在も駆け引きを続けていると明かした。これに先立ち、トランプ氏はツイッターで「北朝鮮から温かく生産的な声明が届いたのは良いニュースだ」ともつづった。

 トランプ氏が評価した北朝鮮の談話は、金桂寛(キムゲグァン)・第1外務次官が25日に発表したもの。金氏は会談中止を遺憾としつつ、「我々はトランプ大統領が勇気ある決断をし、首脳同士の対面をもたらすために努力したことを内心高く評価してきた」と指摘。「我々はいつでも、どんな方法であれ、対座して問題を解決する用意がある」としていた。

 トランプ氏の発言と北朝鮮側の談話は、米朝がなお対話継続の意思があることを示している。

 その一方で、相互不信は深い。トランプ氏は24日付で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長にあてた書簡で、北朝鮮が直近に出した声明は「強い怒りとあからさまな敵意」があったと指摘。首脳会談中止は、米側が不信感を高めた末の判断だったことを明らかにした。

 ホワイトハウス高官によると、訪米した韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長が3月8日、トランプ氏と会談した際、鄭氏は正恩氏からのメッセージとして、(1)核実験とミサイル発射を行わないことを誓約する(2)米韓合同軍事演習が引き続き実行されることを理解する(3)トランプ氏と早期面会を希望する――という点を伝えた。トランプ氏はこれを聞き、正恩氏との首脳会談に応じることを決めた。

 しかし、朝鮮中央通信が今月16日、米韓合同軍事演習「マックスサンダー」を「意図的な軍事挑発だ」と非難し、南北高官協議の中止を伝えた。ホワイトハウス高官はこの点を「約束違反だ」と批判した。

 またポンペオ米国務長官が9日、2度目の訪朝をした際、北朝鮮は14日からの週にシンガポールで首脳会談の準備会合を開くことで合意。米国の代表団が現地で待っていたが、北朝鮮代表団は姿を現さなかった

 核実験場の廃棄をめぐっても、北朝鮮はポンペオ氏に、施設破壊を検証するため各国の専門家や政府当局者を招待すると約束していたが、招待されたのはジャーナリストだけ。ホワイトハウス高官は「坑道が破壊されても将来に使うことは可能」と述べ、専門家の検証がない点を批判した。

 首脳会談の開催に向けた米朝間のやりとりをめぐっては、「米国は数週間にわたって何度も意思疎通を試みたが、北朝鮮から返事はなかった」。23日夜、米側の受け取った北朝鮮からのメッセージは、「会談場で会うのか、核対核の対決場で会うのかは、すべて米国の決心にかかっている」という挑発的な内容だった。(ワシントン=園田耕司) 

AS201805260004gffg33_comm


(朝日新聞 2018/05/26)

 神経戦の末、トランプ米大統領が中止を突きつけた米朝首脳会談。3月から一気に盛り上がった対話路線は、信頼関係づくりの入り口で暗礁に乗り上げた。米朝ともに首脳会談の成果として望むものは多く、交渉のテーブルに戻りたいのが本音だ。ただ、関係国の利害は複雑に絡み合っており、先行きは見通せない

 ■トランプ氏、早期核廃棄譲らず 「会談したい」でも高い壁 米国

 「金正恩(キムジョンウン)氏が建設的な対話と行動を選択する時を、私は待っている。それまでは強力な制裁によって最大限の圧力をかけ続ける」

 トランプ氏は24日、米朝首脳会談の中止を決めた後、ホワイトハウスで記者団にこう語った。3月8日にトランプ氏がトップダウンで首脳会談を受け入れ、一気に盛り上がった対話路線。結局、お互いが顔を合わせる前に、信頼関係づくりで頓挫してしまった。

 「歴代政権の過ちを繰り返さない」と唱え続けてきたトランプ氏は、早期の完全な核廃棄を譲らなかった。一方、北朝鮮は非核化を段階的に進め、その都度制裁緩和などの見返りを得ようとし、米朝の溝は全く埋まっていないようだ。

 ノーベル平和賞に値すると持ち上げる支持者の声にも気をよくしたトランプ氏。首脳会談を成功に見せるためには、非核化の時期や検証方法などの詳細をあいまいにせざるを得ない状況で、合意しても非核化の実行段階で失敗に終わる恐れがあった。非核化交渉の困難さに、ようやく直面した結果ともいえる。

 トランプ氏は25日にも記者団に「(北朝鮮は)会談をとてもやりたいし、我々もそうだ」と語り、駆け引きが続いていると明かした。ただ今回、北朝鮮への不信を強めて中止を決めた以上、対話のテーブルに戻るには北朝鮮が「短期間での完全な非核化」を受け入れるなどの大きな譲歩がないと難しい。北朝鮮にとっても容易ではなく、対話路線に戻るハードルは高い

 では、従来の圧力路線に戻れるのか。トランプ氏は、圧倒的な経済力と軍事力を誇示し、国際社会を巻き込んで北朝鮮を孤立させる考えを明らかにした。

 そのためには北朝鮮の貿易の9割を占める中国の協力が欠かせない。ただ、経済制裁に中国が加わったことでぎくしゃくしていた中朝関係は、3月以降の2度の中朝首脳会談で改善にかじを切った。米軍を北東アジアから押し返したい点で中朝の利害は一致している

 一方で、米中関係は貿易摩擦の交渉で困難に直面している。米国は中国による南シナ海の軍事拠点化で非難を強め、米軍は前回まで招待していた「環太平洋合同演習」(リムパック)への中国の招待を取り消すなど、関係はむしろ悪化。圧力政策で、中国の協力が得られるかも不透明だ

 トランプ氏は記者団に、「必要とあらば軍は準備できている」と語り、軍事的な圧力を加える姿勢も見せた。以前のような「北朝鮮は炎と怒りを受ける」といった激しい言葉はなく、抑制的でもあった。しかし、双方の挑発行為がエスカレートすれば、再び軍事的な緊張が高まる恐れもある。(ワシントン=土佐茂生、青山直篤)

 ■「一方的」会談中止に衝撃 仲介期待、中韓に接近も 北朝鮮

 「突然、一方的に会談の取り消しを発表したのは意外だ」

 北朝鮮が25日に発表した金桂寛(キムゲグァン)・第1外務次官の談話には、困惑した様子が浮かんだ。北朝鮮関係筋は「北朝鮮は会談は開かれると踏んでいた。衝撃は大きいだろう」と語る。

 北朝鮮関係筋の1人によれば、金正恩朝鮮労働党委員長は9日、ポンペオ米国務長官に、「全ての核を余すところなく廃棄する」と約束した。米側はそれでも強硬姿勢を崩さず、「核技術者の海外移住」「すべての核兵器貯蔵施設の公開」などを次々と要求。別の北朝鮮関係筋は「交渉の格好になっていなかった」と語る

 金桂寛氏(16日付)や崔善姫(チェソンヒ)外務次官(24日付)による米国批判の談話は、いずれも強硬な姿勢を続けるトランプ政権を牽制(けんせい)し、交渉の主導権を握るのが目的だったとみられる。韓国政府の元高官も「軍などの不満を抑えるためで、交渉をつぶすつもりはなかっただろう」とみる。

 トランプ氏は22日の米韓首脳会談でも米朝会談の延期に触れていたが、ソウルの外交筋は「トランプ氏の言及も北朝鮮の揺さぶりも、米朝それぞれが自らに有利に交渉が運ぶよう切ったカードだった」と語る。

 北朝鮮には経済状況からも安全保障からも、米朝首脳会談をこのまま「ご破算」にできない事情がある

 米朝首脳会談が実現しなければ、国際社会の制裁は続く。エバンス・リビア元米国務次官補代理は「最大限の圧力を1年半ほどかけ続ければ、北朝鮮が核廃棄を真剣に考えざるをえない状況を作り出せる」と語る。軍事的にみれば、米国は朝鮮半島有事に対応する準備を事前に整えつつあるともいわれている。

 中朝に詳しい関係者によれば、正恩氏は5月7日、中国・大連で習近平(シーチンピン)国家主席と会談し、「米国も必ず約束を守るべきだ」と訴え、こう付け加えたという。「今後、米朝間で起きることについて中国が保証してほしい」

 発言には二つの意味がこめられていたと、この関係者は分析する。一つは、米朝の事前交渉が決裂した場合に予想される米軍の軍事攻撃を避けるため、中国に介入してほしいということ。もう一つは、非核化に踏み切って制裁が緩められた場合、できるだけ早く中国から経済支援を受けたいとの思惑だ

 北朝鮮は今後も米朝首脳会談への道筋を改めてつけるため、中国や韓国に近づいて仲介を頼む可能性がある。複数の関係筋が「多少遅れたとしても、米朝首脳会談はいずれ実現する」とみている。(ソウル=牧野愛博)

 ■正恩氏に「改革開放」助言 後ろ盾鮮明、対米では火種 中国

 中国もトランプ米大統領による突然の宣告を驚きをもって受け止めたようだ。国営メディアは中止を速報しただけで評価をさけ、中国政府は沈黙を続けた。

 25日午後、中国外務省の陸慷報道局長が記者会見でようやく「米朝首脳会談は朝鮮半島の非核化に重要な役割を果たす。双方が粘り強く対話へ努力することを願う」と表明。反応が遅いのでは、と記者に問われると「早いか遅いかは問題ではない。中国の立場は一貫している」と反論した。

 関係国の対話を促し、米朝首脳会談の開催を支持してきた中国は、北朝鮮の金桂寛氏が首脳会談の「再考」に言及した16日以降も、米朝双方の説得に動いてきた。

 王毅(ワンイー)国務委員兼外相は国際会議の帰路、米ワシントンへ立ち寄り23日にポンペオ国務長官と会談。「米国が平和をつかみ取り歴史を創造したいと願うなら、今がその時だ」と呼びかけた。24日、「米国に対話を哀願しない」と発言した北朝鮮の崔氏には、陸氏が「前向きな成果が得られる言動を望む」と釘を刺したが、実らなかった。

 中国にとって予想外だったのは、トランプ氏の怒りの矛先が中国に向いたことだ。トランプ氏が「(習氏は)世界一流のポーカープレーヤーだ」とののしったことに、中国外交筋は「何を批判しているのか分からない」と首をかしげたが、中国の振る舞いが米国を逆なでした面がないわけではない

 「我々には改革開放の経験がある。まずは経済成長の手法から学ぶのが良いのではないか」

 中国政府筋によれば、7、8両日に中国・大連で開かれた2回目の中朝首脳会談で、習氏は北朝鮮の正恩氏にこう促した。中朝関係筋によれば、正恩氏も「我々も改革開放に取り組む用意がある」と語ったという。それからわずか1週間後の14日、朝鮮労働党幹部や地方指導者が訪中。11日間をかけて北京の農業研究施設や上海の高層タワーなどを丹念に視察して回った。

 中国は昨年来、国連制裁決議に賛成し、表向きは制裁順守の立場をとるが、3月の中朝首脳会談以降、中朝国境での人やモノの往来は目に見えて増えている

 中朝首脳会談を経て、中国は北朝鮮の後ろ盾として「段階的な非核化」と、それに応じた一定の見返りを促す立場を鮮明にした。今回のトランプ氏の決定には、経済支援に前のめりに動いた中国を踏みとどまらせる思惑も透けて見える。

 火種を抱える対米関係をにらみながら、関係を修復した北朝鮮にどう対応するのか、中国は難しい選択を迫られそうだ。(北京=冨名腰隆)


(朝日新聞 2018/05/26)

  ■妥協許さない米国、歓迎 

 日本政府は、トランプ米大統領による米朝会談中止の判断を支持している。安倍晋三首相は25日、訪問先のロシアのサンクトペテルブルクで記者団に「残念ではあるが、トランプ大統領の判断を尊重し、支持する」と表明。政府内には、米朝間で安易な妥協が成立しなかったことへの安堵(あんど)感も広がっている

 首相は「大切なことは核、ミサイル問題、何よりも重要な拉致問題が実質的に前進する機会となる首脳会談にしなければならないということだ」と強調した。帰国後にトランプ氏との電話協議を早期に行う意向も示した。その後出席した国際経済フォーラムで中止の理由について「北朝鮮の対応に問題があったのは事実であろう」と述べた。

 対北朝鮮で強硬姿勢をとってきた日本には「米国が北朝鮮と安易な合意をしてしまうのではないか」(外務省幹部)との懸念もあった。今回、トランプ氏が妥協を許さぬ姿勢を示したことで、政府高官は「中途半端な妥協はしないというメッセージだ」と歓迎。菅義偉官房長官は記者会見で「重要なことは会談の開催自体ではない」と語った」と語った。

 今後の北朝鮮の対応について、外相経験者は「米国との直接対話は、北朝鮮トップである親子3代の宿願だ」。北朝鮮側から再設定を求めるとの見方を示す

 一方、拉致問題の進展は依然見通せていない。米朝首脳会談が中止となったことで、その後の日朝交渉を視野に入れていた日本は戦略の練り直しを迫られる。外務省幹部は「拉致問題はもともと、日本独自で解決しないといけない課題だ」と話している。(岡村夏樹、サンクトペテルブルク=小野甲太郎)