(聯合ニュース 韓国語 2018/05/11)

中国の北韓(北朝鮮)レストランで働いていた従業員13人(男性1人・女性12人)が2016年4月に集団脱北した事件をめぐる論議が、当事者の番組インタビューで2年ぶりに再び点火する様相だ。

AKR20180514050351004_01_i

JTBC『イ・キュヨンのスポットライト』は10日、2016年当時、中国浙江省寧波にある北朝鮮の柳京レストランの支配人として働いていたホ・ガンイル氏のインタビューを放送した。

ホ氏は番組で、当初、本人と妻だけ亡命(脱北)することにしていたが、韓国国家情報院の職員が「従業員を全員連れてきなさい」と指示し、これにより、従業員を脅迫して一緒に脱北したと主張した

JTBCは、従業員のインタビューも放映した。番組によれば、ある従業員は「マレーシアに到着してタクシーに乗ってどこかに行った。韓国大使館だった。その時に韓国に行くということを知った」と話した。また「ここでは生きているようではなく、今でも行くことができるならお母さんの懐に戻りたい」と話した従業員もいた。

これらの発言は「自分の意志で脱北した」という今までの政府の説明に背馳する

統一部(省に相当)は、これらの入国の翌日である2016年4月8日、異例の会見を行い「これらの従業員は海外で生活しながら、韓国のテレビ、ドラマ、映画、インターネットなどを通じて韓国の実状と北朝鮮の体制宣伝の虚構性を知るようになり、最近、集団脱北を決心した」と背景を説明した。

それと共に、ある従業員の話として「韓国に来ることについて、お互いに気持ちが通じており、誰も拒否しなかった」という発言も紹介した。

これらの脱北事実の公開が4・13総選挙投票日を5日後に控えた時点で行われ、選挙に影響を及ぼすための「企画脱北ではないのか」という疑惑が起きたが、当時パク・クネ(朴槿恵)政府はこれを徹底的に否定した

北朝鮮は以後、これらが拉致されたとし、しきりに送還を要求した

だが、ムン・ジェイン(文在寅)政府になっても、これらが自由意志によって脱北したという政府の立場は変わらなかった

チョ・ミョンギュン(趙明均)統一部長官は、去る2月20日に国会法制司法委全体会議に出席し、1月の南北高位級会談で北側がこれらの送還を要求したことと関連し、「我々南側に自由意志で来て定着した人であり、北側で言うことは検討できないと答えた」と説明した。

しかし、番組放送後、政府の気流は変わる雰囲気だ

ペク・テヒョン統一部報道官は11日の定例記者会見で「集団脱北従業員の問題と関連して、入国経緯、自由意志などについて支配人と一部従業員の新たな主張があった」としながら「事実関係の確認の必要性がある」と明らかにした。

ペク報道官はまた「数回(女性従業員)面談を試みたが、当事者が面談を望まずに把握に限界があった」としながら「これまで関係機関で通知する内容をもとにして(関連内容を)判断してきた」と付け加えた。

これと関連し、統一部は2016年4月当時の事実関係を直接確認することはせず、国家情報院などが渡す内容に基づいて発表しただけと聞いていると政府のある関係者は伝えた

国家情報院関係者は「番組の内容について綿密に検討している」と話した。

一部では、政府が集団脱北従業員のうち自由意志に反して入国した人がいると把握されれば、これらを送還する可能性もあるという観測が出ている

脱北および入国過程に強制性があったとすれば、送り返すのが人道主義的な原則に合うのではということだ。ブローカーにだまされて脱北したとして、北への送還を望んでいるキム・リョンヒ氏とも異なるケースと見える。
※キム・リョンヒ:2011年に北朝鮮を脱出して韓国に定着したが、その後「ブローカーにだまされた」と主張し北朝鮮に戻りたいと訴えている。

一方では、これらの送還が北朝鮮に抑留された韓国国民6人の送還とあいまって行われる可能性があるという見方までしている。

これと関連して、青瓦台(大統領府)核心関係者は記者たちに会いながら、「脱北女性従業員の北への送還問題と、北朝鮮に抑留された韓国人を交換する方式も可能なのか」という質問に「現在としては言えることはない」としながらも「(その問題は)少し進展すれば話す」と答えた。(機械翻訳 若干修正)


(聯合ニュース 韓国語 2018/05/14)

市民社会団体が、中国で働いていた北韓(北朝鮮)の女性従業員の2016年4月の集団脱出を国家情報院が企画したという疑惑と関連し、真相究明と責任者の処罰を政府に促した。

『北韓の海外レストラン従業員の企画脱北疑惑事件を解決するための対策会議』と『民主社会のための弁護士会北韓海外レストラン従業員の企画脱北疑惑事件対応TF(専門チーム)』は14日、青瓦台(大統領府)の噴水前で記者会見を行い「すべての国民が国政壟断勢力パク・クネ(朴槿恵)政権が犯した恐ろしい犯罪行為に怒っている」と述べ、このように要求した。

それとともに政府に▲公式謝罪と再発防止の約束▲被害者に対する人権救済と原状回復▲女性従業員の北朝鮮送還▲国家情報院の解体を要求した。(略)(機械翻訳 若干修正)


(聯合ニュース 2018/05/15)

韓国情報機関の国家情報院(国情院)が朴槿恵(パク・クネ)政権時代に海外の北朝鮮レストランで働く女性従業員を強制的に集団脱北させたとする疑惑に対し、検察が捜査に乗り出した

ソウル中央地検は15日、進歩(革新)系の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」(民弁)が前日に李炳浩(イ・ビョンホ)前国情院長と洪容杓(ホン・ヨンピョ)前統一部長官らを国家情報院法違反などの容疑で告発した事件の捜査を公安2部に割り当てたと発表した。(略)


当時、朝鮮総連傘下団体も駐日韓国大使館前で抗議集会を行っていましたね。
2016年05月31日


送り返されたら、数名は反パクの象徴として利用され、残りは収容所かな?