(ソウル新聞 韓国語 2018/05/02)

ソ・ドンチョル論説委員

『ソバの花咲く頃』の作家イ・ヒョソク(李孝石)の『ユギョンシクポ』(柳京食譜)(雑誌『女性』 1939年6月号に寄稿)を読んで興味深い部分を発見した。最近人気の平壌冷麺の話が含まれているが、プルコギの部分に目が留まったのだ。ユギョンは柳が多い平壌の別名だ。

イ・ヒョソクがこの文を書いたのは1936年(1939年)だ。ところで『プルコギ』は見当たらず日本語そのまま『ヤキニク』(焼肉)とした

作家もこれが頂けなかったようで、「平壌の人の気質をそのまま反映させた飲食」とこの料理をほめながらも「ただし、ヤキニクという名前がみすぼらしくて俗っぽくていつも気にかかる」と書いた

ところで、国語学者であるイ・ギムン(李基文)ソウル大名誉教授によれば、『プルコギ』は意外にも、中世語、近代語のどの文献でも探すことができず、1938年に刊行されたムン・セヨン(文世栄)の『朝鮮語辞典』でも見ることはできないという。『プルコギ』という単語が表題語として提示された最初の辞典は、1950年に刊行されたハングル学会の『大辞典』ということだ。

イ・ヒョソクは『ヤキニク』を「適当な名詞に直して普遍化させることが、この地の人々の義務」とした。結局、『プルコギ』という“新しい名詞”は彼の望みが現実化したものといっても良いだろう。(機械翻訳 若干修正)


戦後、『ヤキニク』は日本語だから変えるニダ。そうだ『プルコギ(火肉)』ニダ! かな?