(聯合ニュース 韓国語 2018/05/01)

・総領事館と20m、少女像と65m離れた歩道の真ん中…また他の葛藤予告

釜山日本総領事館前の少女像の横に強制徴用労働者像の設置を推進した市民団体は、メーデーである1日、警察の制止で当初計画したように設置するのが困難になると、同日現在、労働者像が留まっている総領事館近隣地点に設置すると予告した。

労働者像が現在留まっている地点は、同日、少女像の横に労働者像を移そうとしたが警察に阻まれた場所で、日本総領事館の裏門から20mほど離れた位置だ。当初設置を予告した場所である少女像の横とは65mほど離れている

↓中央の白いビル前。右が日本総領事館。歩道右端の緑の建造物の左に『少女像』。
NISI20180501_0014042482_web

積弊清算・社会大改革釜山運動本部強制徴用労働者像建立特別委員会(釜山労働者像建立特別委)は「警察に阻まれて少女像まで労働者像を移動させることができなかったが、現在ある位置に労働者像を設置する計画」と明らかにした。

釜山労働者像建立特別委は前日夜10時30分頃、奇襲的に強制徴用労働者像の設置を試みた

リフト車を利用して強制徴用労働者像を釜山市東区の日本総領事館前に移動させようとしたが、共に民主党釜山市党の前で警察に阻止された

夜通し対峙を続けた市民団体は、少しずつ労働者像を少年像(ママ)の横に移動させ、1日午前10時45分頃、少女像から65m地点まで移動させると警察が強制解散を試みた

警察の解散試み10分ほどで市民団体会員たちは警察統制線の外に押し出された

PYH2018050106340005100_P4_R

PYH2018050106290005100_P4_R

PYH2018050106700005100_P4_R

PYH2018050106410005100_P4_R

警察は労働者像を囲んだまま市民団体会員たちの接近を遮断した。1日夕方現在までも警察は労働者像を何重いも取り囲んでいる

PYH2018050109900005100_P4_R

釜山労働者像建立特別委は、警察に阻まれて少女像まで労働者像の移動が事実上不可能になると、現在労働者像がある位置に設置することに決めたと見られる。

キム・ビョンジュン釜山労働者像建立特別委執行委員長は「今ある位置から警察が少しでも労働者像の位置を変更すれば法的な対応をする」とし「現在の位置に設置作業をするというのが公式の立場」と明らかにした。

引き続き「公式の立場はその通りだが、実務的なことはまだ議論されていないため、具体的な案は内部的に議論が必要だ」と明らかにした。

これまで、外交部(省に相当)と釜山市は、強制徴用労働者像を釜山国立日帝強制動員歴史館に設置することが望ましいとし、代替案を提示してきた。

だが、釜山労働者像建立特別委側は「強制徴用の歴史について日本の公式の謝罪のためのものであるため、総領事館前ではない他の場所に設置することは何の意味がない」という立場を数回も明らかにしてきた。

現在まで全国に4体の強制徴用労働者像があるが、外交公館近隣に設置されたケースはない。

現在労働者像が留まった地点は幅4mほどの歩道の真ん中だ

すぐそばにはウェディングショプの出入り口があり、現実的にここに労働者像を設置することは不可能に見えるという観測が出ており、また他の葛藤を予告している

IE002326488_STD_R

釜山労働者像建立特別委はこの日、「今夜から労働者像の守護者団を構成し、労働者像周辺を守る」と話した。(機械翻訳 若干修正)

2018年05月01日


ウェディング関連の店に来て、入り口にこの像が・・・

どうせ「世論の批判が」と警察を引き上げ、市民団体が移動させるんじゃないのかな。

ほんとうに“やる気”なら、↓の状況で慰安婦像をどうにかしますよね。


PYH2018050110330005100_P4_R

PYH2018050113050005100_P4_R