(聯合ニュース 韓国語 2018/04/28)

昨年12月にフィリピン,マニラ湾の散歩道に設置された日本軍慰安婦被害者の追悼銅像が撤去されたと共同通信が28日、報道した。

PYH2018042804340007300_P2_R

通信は目撃者を引用し、27日夜に重機が動員されて撤去され、像のあった場所は穴が開き、周囲は青いシートと金網が設置されたと伝えた。

PYH2018042804380007300_P4_R

0026898246_R

報道によれば、現地の日本大使館にはフィリピン政府から銅像を撤去するという事前連絡があった。

通信は〈遺憾の意を伝えてきた日本側に配慮したとみられる〉と伝えたが、詳しい理由は知らされなかった。

先立って、野田聖子日本総務相は去る1月、ロドリゴ・ドゥテルテ,フィリピン大統領に銅像設置に対して遺憾を表明し、河井克行衆議院議員はドゥテルテ大統領に銅像撤去を求めていた。

ドゥテルテ大統領は去る1月、現地メディアとのインタビューでは「(慰安婦銅像設置は)私が阻むことのできない憲法上の権利」と話したことがある。

しかし、当時アラン・カエタノ,フィリピン外相は、慰安婦銅像が日本との関係に影響を及ぼすものとし、関連機関と銅像設置の経緯を調べると話した。これは、フィリピンに対する主要援助国の日本の反発を意識した措置と解釈された。

フィリピン国家歴史委員会と慰安婦被害者団体は昨年12月8日、マニラにあるマニラ湾の散歩道に初めて高さ3mの慰安婦銅像を除幕した。

当時、慰安婦銅像の下には〈この記念物は1942~1945年の日帝強占期で性暴行に犠牲になったフィリピン女性たちを記憶するもの〉としながら〈彼女らが外に出てきて自分たちの話をするのにとても時間がかかった〉という文が書かれた。(機械翻訳 若干修正)


数日前に↓の写真と共に「撤去ニカ?」と報じられていましたが、撤去されたんですね。

NISI20180424_0000137531_web_R


朝日新聞によると「工事のため一時的」とあり、実際、単に撤去しただけより大きく掘られているように見えますが、ただ工事のためなら日本大使館になぜ連絡したのか?どうなるんでしょうかね。

(朝日新聞 2018/04/28)

 フィリピンの首都マニラに設置された慰安婦を象徴する女性像が27日深夜、マニラ市などによって撤去された。フィリピンの政府機関が民間の献金を受けて昨年末に設置し、日本政府が遺憾の意を伝えていた。マニラの日本大使館によると、フィリピン政府から27日、「撤去する」と連絡があったという。

 撤去されたのは民族衣装を着た女性が目隠しをされて立っている像で、台座には「日本の占領下で虐待の被害に遭った全てのフィリピン人女性を記憶するために」と書かれていた。

 自民党の国会議員も今年1月にフィリピンでドゥテルテ大統領と会談した際に懸念を伝え、ドゥテルテ氏は「きちんと対処する」と返答していたという。

 像設立の助言役を務めた華人協会のテレシータ・アン・シーさんは「とても悲しく打ちのめされている。フィリピン政府に対し、慰安婦の名誉のためにより大きな像を建てるように申し入れる」としている。

 マニラ市は「排水工事のための一時的な撤去で、いずれもとに戻されると理解している」などと説明している。(守真弓)