(聯合ニュース 2018/04/16)

 韓国の与党「共に民主党」の党員ら3人がポータルサイト最大手ネイバーで、文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判する記事のコメント欄の書き込みにつけられる「そう思う」の数を操作したとして、業務妨害の疑いで逮捕された事件が波紋を広げている。事件に同党所属で文大統領の側近の国会議員が関与したとの報道もあり、党は関与を否定するとともに警察に捜査を要請。野党は組織ぐるみで世論操作が行われた疑いがあるとして攻勢を強めている。

 党員らは1月17日、短時間に同じ作業を繰り返すプログラムを使い、政府が平昌冬季五輪でアイスホッケーの南北合同チームを結成する方針を決めたことを報じる記事で、「青瓦台(大統領府)・与党は間違っている。国民は怒っている」などと文政権を非難する2件の書き込みに約600件の「そう思う」をクリックした疑いが持たれている。

 逮捕された党員の1人で、有名ブロガーの男は警察の取り調べに対し、「保守陣営が行ったように装い、操作プログラムをテストした」などと供述しているという。警察は与党の党員が文政権を批判する方向で世論を操作しようとしたことは常識的に考えられないとして、犯行動機の解明を急いでいる。大統領選で文大統領を支援したことへの見返りを党に求めたが受け入れられず、犯行に及んだとの見方も出ている

 青瓦台の高官は16日、記者団に対し、男が文大統領の側近、金慶洙(キム・ギョンス)議員に青瓦台の行政官のポストを求めたが拒否されたとの報道について、「聞いていない」と述べた。

 男は大統領選後は金氏に対し、駐大阪総領事のポストを求めたが拒否されたとされる。金氏は14日に開いた記者会見で、「(男が)人事に関する無理な要求をし、受け入れられなかったことに相当な不満を抱いたと感じた」と説明した。

 警察は党員らが大統領選でも世論操作を行ったかどうかや、男が金氏に送ったメッセージなどを分析し、金氏の事件への関与などを調べている。検察は17日にも3人を起訴する方針だ。


(中央日報 韓国語 2018/04/16)

『ドルキング』(druking)というペンネームで『経済的共振化の会』(経共会)を率いたキム某氏(48)が、共に民主党キム・ギョンス(金慶洙)議員に大統領選挙後、大阪総領事の席を要求した理由が預言書から始まったという証言が出てきた
※・ドルキング:韓国国民日報によると、ワールド オブ ウォークラフト(WORLD OF WARCRAFT)に出て来る『ドルイド』(またはドゥルイド)から。『ドルイドの王』という意味と思われるとのこと。
 ・ドルイド:ドルイド(Druid)(またはドゥルイド)は、ケルト人社会における祭司のこと。(略)宗教的指導のほか、政治的指導、公私の争い事の調停と、ケルト社会に重要な役割を果たしていたとされる。(ウィキペディア)

経共会会員A氏とB氏は16日、CBSラジオ『キム・ヒョンジョンのニュースショー』とtbsラジオ『キム・オジュンのニュース工場』とのインタビューに匿名で応じた。これらは経共会が変質したとし、他の会員たちに「荒唐無稽な夢から目覚めよう」と訴えた。

・奴婢から宇宙の等級制の会…ドルキングは“酋長様”

2014年にドルキングが作った経共会は、一時会員数が2500人程度に達し、約500人が情熱的に活動しているという。 A氏は「基本的に会員たちの指向は進歩的で、民主市民と自称し、目覚めていると自任する人々」と説明した。   

会員たちは5等級に分けられるが、新入会員は『奴婢』と呼ばれた。最も高い等級は『宇宙』であり、ドルキングなど等級が高い会員たちは礼を尽くして『酋長様』と呼ばれた

・預言書『松下秘訣』に通達したというドルキング

A氏は「一般の人たちはちょっとあきれるかもしれないが、ドルキングの講義を聞いてみると簡単にはまって興味を引く」と話した。B氏も「ドルキングが初めて経済状況分析する際によく当たると思って非常に魅了された」とし「ドルキングが預言書『松下秘訣』など人間の運勢を見ることに通達したと自負していた」と伝えた。
※松下(ソンハ)秘訣:朝鮮時代末期にソンハ翁という人物が書いたとされる預言書。2003年に出版(ウィキペディア韓国版)

この『松下秘訣』を分析した結果、『日本大沈没説』が出てきたと会員たちは話す。ドルキングが「日本は最終的に沈没するものあり、そこで出た被災者や避難民を開城工業団地に移住させ、移住費用を我々の資金源としたい」と話したというのだ
※開城工業団地:北朝鮮南部、韓国との軍事境界線付近にある経済特別区に設置された両国共同の大規模工業地帯。南北経済協力事業の一つとされ、基本的に北朝鮮が土地・労働力、韓国が資金・技術力を提供する。(コトバンク)

このため、大阪総領事になって一種の基盤を固める必要があったと会員たちは伝えた。特にB氏は「海上自衛隊の艦隊を買収し、今後ある中国内戦に私たちが投入できるという荒唐無稽な話もした」と話した。   

・会員たちに『オンマニペメフン』常に覚えさせて

B氏によれば、ドルキングは「アン・ヒジョン(安熙正)元忠清南道知事を青瓦台(大統領府)で飛ばした」とした。ドルキングの会がアン元知事とつながることを恐れ、青瓦台がアン元知事の政治的基盤を失わせたというのだ。
※2018年3月、元秘書が性的暴行を受けたと主張、関係があったことを認め辞任。4月、強制わいせつ容疑で在宅起訴。

さらにドルキングは「ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領の死に、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が関連している」という話もしたという。

B氏は、「これほどになると類似宗教に聞こえる」という質問に、「経共会会員たちに六字大明王真言という『オンマニペメフン』を常に詠じさせた」とし「今も相変らず詠じているだろう」と予想した。   

・経共会は秘密結社組織

A氏は自分が匿名で出るしかなかった理由に関し「私たちは秘密結社組織という話を会員たちが常にしている」とし「組織内の背信者は最後まで追うという話を公然としている」と話した。

B氏は「ある瞬間から経共会が反社会的な集団になっていった」とし「少し前まで、私たちは、アメリカの武力衝突や日本大地震で平昌冬季オリンピックは決して開かれないという予言を信じていた」と明らかにした。それと共に「経共会会員の皆さん、私たちが信じたり、信じているものなどを振り返りましょう。怪物になった私たちが見えるのではないか」としながら「切実に呼び掛ける。ぜひ偽りの荒唐無稽な夢から目覚めよう」と訴えた。(機械翻訳 若干修正)