(メディアSR 韓国語 2018/02/27)

アメリカの靴兼衣類製造会社『ラカイ』が戦犯旗が描かれたティーシャツを販売して論議が起きている。
47745_6223_2728


SNSやインターネットコミュニティーに旭日旗製品が販売されているということが知らされると、ネチズンは「これが現実..ただグクポン・カスタム商人」、「独島後援靴だから一つ買おうとしたら、韓国では独島ウチュチュ、日本では旭日旗ウチュチュですか?」として非難した。
グクポン:国家とヒロポンの合成語。ナショナリズム・民族主義が激しく、他民族に排他的であり、自国だけが最高とここ行為や人を指す。(韓国版ウィキペディア)
 ウチュチュ:日本語の赤ちゃんをあやすときの「よしよし」と同じ。

これにラカイコリア側は23日、「ラカイコリアとラカイジャパンは、アメリカ本社からデザインと製品の生産ライセンスをそれぞれ与えられ、独自に該当国で運営している」とし、ラカイジャパンの旭日旗ティーシャツとの関連性を否定した。

ラカイコリアイのイ・ミドゥム代理は「ラカイというブランドネームは共有しているが、製品の生産とデザインに関する内容は日本側と共有およびコンファームしていない」とし「ただアメリカ本社とだけ疎通しており、これは他国のラカイも同じ」と答えた。

引き続き、「だが、ラカイジャパンの該当製品の存在の有無および販売状況をチェックできず、あらかじめ対応できなかった点はラカイコリアのミス」とし「現在、アメリカ本社を含め、該当製品を販売しているすべての販売所に製品の販売中止を要請し、該当製品が下げられた状態」と答えた。

また、「今後も戦犯旗がついた製品が再販売された場合、強硬に対応するという意見をアメリカ本社側に伝えた状態」と話した。

一方、「現在もこの問題に対し、消費者の抗議と問い合わせの電話が来ている」とし「現在の状況を最大限詳しく説明するために努力しており、今後、同じ問題が発生しないように絶えず努力する」と明らかにした。

太極旗と靴を結合した『ラカイKR』シリーズの今後の発売計画に対する質問には「ラカイジャパンを含め、他国のラカイで当社の独島関連製品に対して異議申し立ておよび削除要請が来ても、できる限り発売を計画する予定であり、独島は韓国の領土に違いないので、他国の圧迫は気にしない計画」と答えた。

『ラカイ(Lakai)』はアメリカの靴会社だ。1999年に初めて設立された。現在は靴だけでなく衣類など多様な製品を生産販売している。現在、イギリス、日本、インドなどに進出しており、昨年7月には国内にも進出し、多様な新製品を発表した。その中の一つが昨年10月に発売した『ラカイKR』だ。

ラカイKRは、靴に太極旗を形象化した製品群だ。赤色と青色を組み合わせて太極模様を入れ、その中に4卦(乾坤監理)を入れた。靴箱にも韓半島(朝鮮半島)と独島を含めて入れた。
399_shop1_123567

20180219115514788768_0_650_450
※太極旗の下は「DOKDO BELONGS TO KOREA」

この製品は、有名アイドルグループのメンバーのカン・ダニエルが履いて空港に現れて話題を集めることもした。昨年11月には該当製品の販売収益金の一部を『独島愛協会』に寄付する協約を結んだ。(機械翻訳 若干修正)

2018年02月19日