(朝鮮日報 2018/02/05)

 韓国政府が平昌冬季五輪開会式などの公式行事でなく、民間団体が主催する行事や応援の時は独島(日本名:竹島)が描かれた韓半島旗(統一旗)を使用できるようにする方針を決めたことが分かった。これにより、南北合同選手団は9日の開会式では独島が抜けた韓半島旗を掲げるが、観衆は独島が表示されている韓半島旗を振ることができるようになった。独島問題に敏感に反応する日本側が反発するものと予想される。

 韓国政府関係者は4日、「開会式など国際オリンピック委員会(IOC)の公式行事では韓半島と済州島だけが入った韓半島旗を使うが、南北の応援団や民間団体の行事では鬱陵島と独島が入った韓半島旗を使用してもよいという方針を決めた」と明らかにした。

 このため同日、アイスホッケー女子南北合同チームとスウェーデンの強化試合が行われた仁川仙鶴国際スケート競技場には独島が描かれた韓半島旗が掲げられた

PYH2018020435080001300_P2

2018020500672_0

 南北合同チームの競技用ユニホームには独島がなかったが、練習用のユニホームの韓半島旗には独島が描かれていた。政府と代表チーム関係者は前日の3日に会議を開き、翌4日の強化試合で独島が描かれた韓半島旗を使用することに決めたという。

PYH2018020525720006200_P4_R
PYH2018020525710006200_P4_R

3_R

 平昌五輪組織委員会は先月23日、五輪期間中は独島が描かれていない韓半島旗を使用すると発表した。組織委関係者はこの時、「独島が表示されている韓半島旗をIOCが『政治的行為』と見なして受け入れなかったため」と説明した。政府はIOCの方針に従うが、国内の批判世論も意識して2種類の韓半島旗を使用する案を採択したものと見られる

 日本は「独島入り韓半島旗」に強く反発することが予想される。日本政府は安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席を発表した翌日の先月25日、東京で独島を日本領土だと主張する展示館をオープンさせた。

 一方、アイスホッケー男子韓国代表GKのマット・ダルトン(31)はIOCの反対により李舜臣(イ・スンシン)将軍像が描かれたヘルメットを使えないことになった。IOCは3日、李舜臣将軍像をヘルメットに入れることは韓日関係において政治的メッセージが込められたものと解釈したとのことだ。ダルトンは「失望した」とコメントした。別のヘルメットを用意するのには時間が足りないため、像の上にテープを貼って隠して出場するとのことだ。


(聯合ニュース 韓国語 2018/02/05)

去る4日、仁川仙鶴国際スケートリンクで行われた南北女子アイスホッケー単一チームの評価試合で、独島が含まれた韓半島旗(朝鮮半島旗 統一旗)が掲揚されたことに対し、日本政府が韓国政府に抗議した。

菅義偉日本官房長官は5日の定例記者会見で「(独島が含まれた韓半島旗掲揚は)竹島(日本が主張する独島の名称)の領有権に関する日本の立場に照らして受け入れられない。極めて遺憾だ」と話した。

彼は「この件について韓国側に外交経路を通じて私たちの立場を強く話して抗議した」とし「韓国側には引き続き適切な対応を強く求めて行きたい」と強調した。

日本政府は、金杉憲治外務省アジア大洋州局長が駐日大使館側に、駐韓日本大使館公使が平昌オリンピック委員会側に抗議したと伝えた。(取材補助:テラサキユカ通信員)(機械翻訳 若干修正)


開催地域の自治体が製作した手旗も配布後は「受け取った人が個人的に使用」と言い張るんですね。
2018年01月27日