(国民日報 韓国語 2018/02/05)

国際オリンピック委員会(IOC)が大韓民国の男子アイスホッケーチームのゴーリー(ゴールキーパー)であるマット・ダルトン(2016年3月帰化)の『忠武公マスク(ヘルメット)』に対し、「オリンピックで着用はできない」と通知した。イ・スンシン(李舜臣)将軍を描いたマスクが政治的と解釈されて規定違反ということだが、ダルトンは理解できないという立場だ。2012年ロンドンオリンピック当時『独島は我々の領土』セレモニーを行ってIOCから真相調査を受けた男子サッカーのパク・ジョンウ(朴鍾佑)事例と相まって議論になる見通しだ

611616110012105233_1
▲大韓民国の男子アイスホッケーチームのゴーリーであるマット・ダルトンのヘルメットに忠武公李舜臣将軍と太極旗が描かれている(左側)。サッカー代表チームのパク・ジョンウが2012年ロンドンオリンピックで日本を相手に勝利を収めた後『独島は我々の領土』という標語と太極旗を持って走っている(右側)。


eceb40fb-4249-4946-8d13-f400d0d919d7_R

IOCは去る2日、アイスホッケー協会国際チームにEメールを送り、「政治的問題がある」とし、ダルトンに、これまで使用していたマスクの着用不可の方針を伝えた。協会が撮影して送ったダルトンの装備写真を分析したIOCと国際アイスホッケー連盟(IIHF)は「他の方法を探しなさい」と回答した。IOCとIIHFがオリンピック参加選手たちのマスクデザインなどを事前検査する過程で起きたことだ。

カナダ出身で国家代表になったダルトンは「ソウルの光化門にあるイ・スンシン将軍の銅像がすばらしい」として左側頭部にイ・スンシン将軍を描くように注文し、このマスクを着用してきた。国を守護したイ・スンシンの業績と相まって、守門将であるダルトンのマスクは多くの注目を浴びてきた。ダルトンは去る3日、カザフスタンとの評価試合でもこのマスクを着けたまま数回のファインプレーをやり遂げた。

ダルトンはIOCの通知に「なぜ問題になるのか」と抗弁したという。韓国の歴史で大きな意味を持つイ・スンシン将軍を描いたものであり、決して政治的な意図ではないということだった。ダルトンは帰化後「私は『漢拏城(所属チーム『安養ハルラ(漢拏)』と『城郭のような防御』を組み合わせた別名)』だ」として韓国に対する愛情を表現してきた選手だ。オリンピック出場を控えては「一生に一度あるかないかの機会」として意志を見せてきた。

IOCは「ただ大韓民国だけでなく、すべての国の選手が同じ規定の適用を受ける」と案内したという。他の国の英雄もユニフォームと装備に表示されることを止めさせて来たというのだ。IOCは「イギリスの英雄ロビン・フッドはもちろん、アメリカの自由の女神像までも制限した」と協会に説明した。自由の女神像を表現することさえも制限されたという説明に、協会や代表チームもこれ以上の抗弁をすることができないという

結局、ダルトンはゴーリーマスクのイ・スンシン将軍が描かれた部分を隠したり、他のマスクを用意しなければならない。ダルトンがこのイ・スンシン将軍ヘルメットを着用して日本と対決することは予定されていなかった。日本は平昌オリンピック男子アイスホッケー本戦に出場できなかった。女子アイスホッケーの場合、南北単一チームと日本の試合が予定されている。

IOCが敏感な韓日関係を懸念して韓国選手の政治的行為を厳格に規制したのは初めてではない。2012年ロンドンオリンピック男子サッカーで、日本との3・4位戦で勝利を収めた後、『独島は我々の領土』という標語を掲げて走ったパク・ジョンウは、IOCの真相調査を受け、メダル授与式に参加することができない事態に至った。政治的行為を禁止するオリンピック憲章に違反した素地があるという判断のためだった。パク・ジョンウは銅メダルを剥奪されはしなかったが、以後、FIFAからAマッチ試合の2試合出場停止処分を受けた。

この事件後、IOCの“二重基準”を批判する世論は極に達した。日本体操代表チームの場合、帝国主義・軍国主義日本の象徴であった旭日旗がデザインされたユニホームを着てメダルを獲得したが、何の制裁もなかったためだった。IOCには「ヨーロッパ選手がハーケンクロイツ(鉤十字架・ドイツナチズムの象徴)をユニフォームにして出ることを想像できるのか」という問題提起の請願が続いた。韓国だけでなく、外国人も日本体操代表チームのユニフォームに対する調査を促した。

564849849787979749

ジャック・ロゲ当時IOC委員長はメディアとのインタビューで「パク・ジョンウの行為は明確に政治的だった」としつつも、「日本体操チームのユニフォームに対する論議は初めて聞く」とした。

スポーツ評論家であるチェ・ドンホ,スポーツ文化研究所理事は4日「IOCはパク・ジョンウとマット・ダルトンら選手一人一人に対しては政治的という理由で厳格な定規を突きつけながら、いざ自らは興行のために民族主義を利用して政治的行為をはばからない」と批判した。(機械翻訳 若干修正)


ロビン・フッドや自由の女神ですらだめだった言われているのに旭日旗がどうのって、相変わらず日本さえ出せば自分たちが被害者として振る舞えると思っているんですね。