(朝日新聞 2018/01/11)

 11日午前、中国海軍のものとみられる潜水艦と中国海軍艦艇が尖閣諸島(沖縄県)周辺の日本の接続水域に入った。これを受け、政府は同日、外交ルートで中国に厳重抗議した。小野寺五典防衛相は「(両艦が)同時に尖閣の接続水域を航行するのを確認したのは初めて」と明らかにした。

 政府は潜水艦について国籍を公表していないが、複数の政府関係者によると中国海軍のものと判断しており、日中関係改善の動きに水を差すとして警戒。中国側の意図の分析を進める。

AS20180111005021_co654mm

 防衛省によると、宮古島沖の日本の接続水域で10日午後、北西に潜航する潜水艦を海上自衛隊の哨戒機と護衛艦が発見。11日午前に潜水艦はいったん接続水域から出て、その後尖閣諸島・大正島沖の接続水域に入った。同接続水域では中国海軍のジャンカイ2級フリゲート艦1隻も確認。両艦は同日午後、接続水域外に出た。尖閣周辺の接続水域に中国軍の艦艇が入るのは16年6月以来で、2回目。

 政府関係者によると、米国などからの情報で中国を出港し東シナ海へ向かう潜水艦を把握。海自が空と海から監視していた。国際法上、潜水艦が他国の領海内を航行する際は浮上し国旗を掲げる必要があるが、接続水域での潜航は認められている。ただ、尖閣諸島を巡る問題で長く険悪化した日中関係がようやく改善しつつある中の動きに日本側は懸念を強める。

 外務省の杉山晋輔事務次官は11日、中国の程永華(チョンヨンホワ)駐日大使を同省に呼び、「重大な懸念」を表明して厳重抗議。中国側が日中関係改善の流れを阻害しないよう強く求めた。菅義偉官房長官は同日の会見で「緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している」と指摘。一方で「関係改善を進める日本側の立場は何ら変わらない」とも述べ、海空域での偶発的な衝突を避けるためのホットライン「海空連絡メカニズム」の早期運用を目指す考えを改めて示した。

 一方、中国国防省は同日、海自の艦船が尖閣諸島の接続水域に入ったため中国海軍の艦艇が追跡し監視していたとコメント。「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は古来、中国固有の領土で、中国艦船が関連海域で活動することは完全に合法だ」と主張。「日本側が白黒を逆転させていることに強烈な不満と断固たる反対を表明する」とした。

 国防省は潜水艦については言及していない。ただ、関係筋の間では潜水艦が中国海軍所属であれば、尖閣諸島周辺を航行した際の海上自衛隊の反応を探ろうとしたとの見方も出ている

 中国外務省の陸慷報道局長は同日の会見で、日本側の動きを批判しつつ、「最近の日本側の日中関係改善に向けた積極的なシグナルに注目している。日本側が言行を一致させ、実際の行動で両国関係の改善に努力することを願う」とも述べた。

 中国では政権内で外交当局よりも軍の発言権が強く、両者の間で常に意思統一されているわけでもない。中国軍の今回の動きは、日中関係の改善傾向とは別に、中国が尖閣諸島の主権を譲らない姿勢を改めて示した可能性がある。(松井望美、土居貴輝、北京=西村大輔)


なんか韓国中央日報は嬉しそうですね。

(中央日報 2018/01/12)

  中国との関係改善に尽力していた日本が裏切りを受けた。日本政府は11日、「中国との領有権紛争地域である尖閣(中国名・釣魚島)列島の接続水域(領海と隣接している外側の海域)に中国の潜水艦と艦艇が進入した」とし、中国側に抗議した。(略)

  これまで日本は中国との平和友好条約締結40周年である今年、安倍晋三首相と習近平中国国家主席の相互訪問を推進するなど両国関係改善にまい進してきた。日本政府は習主席が心血を注いで推進中の新シルクロード戦略、「一帯一路」プロジェクトに協力するという姿勢も見せた。さらに日本政府内には最近習近平がサッカーマニアだという点に着眼してサッカー外交を関係改善のモチーフとすべきという主張まで出てきた。そんな日本政府にとっては裏切られた形となった。(略)