提川で「精神病院に入院させた」と放火
(聯合ニュース 韓国語 2007/12/29)    


忠北(チュンプク)・提川(チェチョン)警察は、親に精神病院に送られた事に不満を抱いて住んでいる家に火を付けた疑い(現住建造物放火)で、ユン某容疑者(39歳)に対して29日に逮捕状を申請した。

警察によれば、ユン容疑者はこの日の午前2時頃、提川市白雲面(ペグンミョン)の自分が住む家の牛舎の藁くずにライターで火をつけ、この火が家に延焼して78?の住宅を全焼させた疑い。

警察では、ユン容疑者は15年間精神病院で治療を受けて1ヶ月前に退院して、親と離れてここで一人で生活しながら、自分を精神病院に送った親に対して不満をよく表していたと言う住民の言葉を基に、正確な事件の経緯を調査している。(翻訳 2ch ちょーはにはにちゃんwφ氏)






完治!


着火=盲腸の手術後のオナラのようなものですね。






ひとりで、できた! ― 子どもは手を使いながら一人立ちする
ひとりで、できた!―子どもは手を使いながら一人立ちする
親子が輝くモンテッソーリのメッセージ―子育ち・子育てのカギ 0歳~3歳のちから―モンテッソーリ教育が見守る乳幼児の育ちと大人の心得 (子育てサポートブックス) ママ、ひとりでするのを手伝ってね!―モンテッソーリの幼児教育 子どもは動きながら学ぶ―環境による教育のポイント お母さんの工夫―モンテッソーリ教育を手がかりとして
by G-Tools