(聯合ニュース 2017/12/07)

 日本による植民地時代に強制徴用された労働者を象徴する像の除幕式が7日、韓国南部・済州島の済州港第2埠頭(ふとう)沿岸旅客ターミナル前で行われた。

AJP20171207002900882_01_i_R
PYH2017120711970005600_P4_R
▲済州港第2埠頭沿岸旅客ターミナル前に設置された労働者像

 同島の市民団体などでつくる「済州地域日帝強制動員労働者像建立推進委員会」が7月に結成され、像の設置を進めてきた

 除幕式に出席した済州大のチョ・ソンユン教授は「済州港は数多くの済州人が植民地時代、日本やサハリン、南洋群島などに強制徴用されるルートとなった」として、「南洋群島のマーシャル諸島だけでも58人が徴用され、うち32人は現地で亡くなり遺骨も故郷に戻らなかった」と説明。「強制徴用という痛ましい記憶を思い出すきっかけとして、その記憶を再生産する『工場』として、労働者像をここに建てることになった」と述べた。

 推進委によると、労働者像の横に建てられた塔の設置には135の団体・個人、銅板の設置には1785人が関わった。

 学界は、済州島からの強制徴用者は約7500人で、死者は1000人を上回ると推定している。


済州総領事館前に設置すると息巻いていたのにね。
2017年07月20日


(漢拏日報 韓国語 2017/11/15)

(略)ソン執行委員長は当初、済州市老衡ロータリーの日本総領事館前に労働者像の設置を推進したが、外交的摩擦などを考慮した済州道庁の頑強な拒否で、結局、労働者が済州を発ちながら通った済州港旅客ターミナルに設置することで合意したと明らかにした。(略)(機械翻訳 若干修正)


どうせ港に設置するなら、国際旅客船ターミナル前に設置しないとね
20171207161527No0000