(聯合ニュース 韓国語 2017/10/29)

・第13回国際諮問委員会終了…ユネスコ事務総長の最終決定だけ残る

ユネスコが世界記録遺産(Memory of the World)(「世界の記憶」(旧・記憶遺産))事業25周年を迎えながら、再び東アジア三国が行う歴史戦争に巻き込まれた。

世界記録遺産は、世界史と世界文化に大きな影響を及ぼしたり、史料的価値がある重要な記録物を保存するための事業で、1992年に始まった。

国内では世界遺産(World Heritage)、人類の無形文化遺産(Intangible Cultural Heritage)と共にユネスコ3大遺産として取り上げられるが、名声や地位は最も低い方だ。英文名称にも『遺産』(Heritage)が含まれていない。

また、世界遺産と人類の無形文化遺産は、会員国が約束した協約によって進行されるが、世界記録遺産はユネスコが自主的に行う事業という違いもある。

特に注目を浴びてこなかった世界記録遺産は、去る2015年に中国が南京大虐殺文書と日本軍慰安婦記録物の登録を申請し、注目を浴びた。

当時、日本政府は、日帝が1937年12月から中国南京で市民と武装解除された中国軍人を虐殺した記録と、1945年以降、戦争犯罪者の裁判関連記録物で構成された南京大虐殺文書が登録されると、遺憾の意を表して強く反発した。

日本が問題にした部分は、世界記録遺産の登録審査過程で利害当事国が異議を提起できないという点だった。

各国が申請した世界記録遺産候補の最終審査を行う国際諮問委員会(IAC)は、司書、法律専門家、著述家、文書管理専門家など4年任期の委員14人で構成され、2年ごとに開催される会議は非公開で進行される。IACが登録と関連した意見をまとめてユネスコに伝達すると、事務総長が登録するかどうかを決めることになる

今回、韓国と中国、日本、台湾など9か国15機関が共同申請した日本軍慰安婦記録物を審査した第13回IAC会議の内容もマスコミに公開されていない

日本のマスコミは終了を一日前に控えた26日(現地時間)、会議でIACが日本軍慰安婦記録物の登録判断を留保したと報道したが、韓国政府は「まだ審査手続きが進行中である事案で、客観的に審査を受けられるように努力する」という原則的な立場を明らかにした。

専門家たちは、判断留保の報道の真偽が公式に確認さていないが、情況上、事実である可能性があると見ている。

もちろん、登録に関する最終権限はユネスコ事務総長にあるが、事務総長がIACの勧告を受け入れなかった事例が殆どないという点で、日本軍慰安婦記録物の登録は不透明な状況だ

IACの事前審査に該当する登録審査小委員会で『代替不可能で唯一の資料』と世界記録遺産としての価値が十分であるという評価を受けたものと知られる日本軍慰安婦記録物が登録されない場合、ユネスコは日本の圧迫と外交折衝戦に屈服したという非難を避けることができないものと見られる

日本政府は、2015年から世界記録遺産制度を改善しなければならないと主張してきた。第13回IAC会議を控えて開かれたユネスコ執行委員会は、事実関係や歴史認識に意見の差がある場合、当事者間の対話を促して合意がなされるまで世界記録遺産登録審査を保留するという内容の改革案を通過させた。事実上、日本政府の影響が作用した結果であった

この改革案には、世界記録遺産申請後、最長4年間の対話を促すと期間が明示されているが、対話の結果を判断する主体や調停者に対する詳細な内容がなく、追加の議論が必要だという指摘が出る。

学界関係者は「ユネスコはアメリカが脱退して最も多くの分担金を出す国になった日本の顔色を窺わざるを得ない」としながら「今回、日本軍慰安婦記録物が登録されなくても、持続的な外交折衝戦を通じて世界記録遺産登録を引き出さなければならない」と強調した。(機械翻訳 若干修正)



【記者】ユネスコについてなんですが,韓国と中国の市民団体が申請しております慰安婦問題の資料登録に関してですが,判断を見送ると一部報道で出ております。政府としてどこまで事実関係を把握されているのか,また受け止めをお願いいたします。

【河野外務大臣】専門家の委員会の議論が行われていると承知をしております。メンバー国の間,あるいは政治的な緊張を高めるようなことは回避すべきだという決議もございますので,そうした精神に則って専門家の委員会の提案が尊重されるべきだと思っております。加盟国,そのように行動していただきたいと思います。

(別の質問)

【記者】ユネスコの諮問委員会で,慰安婦の話ですけれども,登録を見送るべきだという結論を出されたと,ユネスコとしての結論はまだ先だと思うんですけれども,それについての報道ありますけれども,事実確認はされていますでしょうか

【河野外務大臣】委員会では先送りだというように言われております。正式にはボコバ事務局長がそれを受けて,様々決定されると認識しております。

【記者】日本政府として,その諮問委員会の議論について確認したわけではないのですか。

【河野外務大臣】情報収集はしています

(朝日新聞 2017/10/14)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は13日、イリナ・ボコバ事務局長(65)の後任に、フランスのオードレ・アズレ前文化・通信相(45)を内定した。総会での信任投票を経て、11月15日に就任する。任期は4年。(略)


“中国寄り”という指摘もあるボコバ事務局長がどうするか見ものですね。