(イートゥデイ 韓国語 2017/09/27)

釜山総領事館前への少女像設置後に急冷した韓日間の経済交流が再開する兆しを見せている。両国首脳が年内に韓日財務長官会議(第8回日韓財務対話)を開催することで合意したのに続き、主務部処(省庁)である企画財政部(省に相当)も日本政府と会議日程の調整に乗り出している。ただし、安倍晋三日本総理が衆議院解散権を発動して来月の早期総選挙を明らかにし、韓日財務長官会議の日程は多少遅れる可能性があるという観測だ。

27日、政府によれば、今年1月の釜山総領事館前への少女像設置後に絡まった経済交流の糸が徐々に解けている

これに先立って日本政府は、韓国の市民団体の釜山総領事館前への少女像設置を口実に、一方的に相次いで経済交流の中断措置を取った。韓日通貨スワップ議論の中断を一方的に通知したのに続き、韓日高位級経済協議も延期したのだ。

だが、今年7月の主要20か国(G20)首脳会議が開かれたドイツでムン・ジェイン(文在寅)大統領と安倍総理が会い、韓日財務長官会議開催に合意し、梗塞局面である韓日経済交流の扉を開いた

キム・ドンヨン(金東兗)副総理兼企画財政部長官も今月26日、第49回韓日経済人会議に参加するために訪韓した佐々木幹夫日韓経済協会長(元三菱商事会長)など主な日本企業の代表団に面談した席で、このような立場を表わした。

キム副総理は「年内に韓日財務長官会議に参加して両国が直面している問題について具体的で実質的な協力案を講じるだろう」と述べた。

2006年から始まった韓日財務長官会議(日韓財務対話)は、毎年、両国の長官(大臣)・次官だけでなく室・局長が大挙参加し、経済懸案と経済協力などを議論する最高の経済チャンネルとして位置づけられた。

ただし、韓日間の政治的問題が起きるたびに会議が中断され、今まで7回だけ開かれた。韓日財務長官会議の開催日程は早ければ12月頃に可能なものと見られる。国内日程と別に、日本が来月に衆議院早期選挙を行う政治的変数が生じたためだ。来月22日に予定された衆議院選挙で安倍内閣である与党自民党が勝利すれば、韓日財務長官会議の開催時点が前倒しになる可能性はある

反面、出場の意向を示した小池百合子東京都知事が率いる新党(希望の党)が突風を起こして政権交替が実現すれば、韓日財務長官会議の時期はさらに調整が必要だという見解だ。

企財部関係者は「現在、実務次元で日本政府と韓日財務長官会議の日程を調整している」とし「ただし、来月の日本衆議院早期選挙という変数が発生し、韓日財務長官会議の時期は12月にも可能なようだ」と話した。

韓日財務長官会議が開かた場合、両国間の通貨スワップ議論も自然に行われると期待される

両国間の通貨スワップは、2001年7月の20億ドルを始まりに2011年10月には700億ドルに増えた。だが、2012年10月に満期が到来した570億ドルの通貨スワップが終了し、2013年7月には30億ドルが終了した。最終的に2015年2月に100億ドル規模のスワップまで終了し、14年間続いた通貨スワップは終了状態だ。(機械翻訳 若干修正)


韓国副首相「韓日財務相会議を年内に再開」
(中央日報 2017/07/13

 金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官は12日、政府ソウル庁舎で経済懸案懇談会を開催し、今月7~8日に開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合について「会議場で日本の財務大臣に会い、年内に韓日財務相会議を再開することで合意し、中国の財政部長とも会って両国間の経済問題に対する話を交わした」とし「特にロシアは首脳会談でも経済問題が多く扱われた」と明らかにした。

 金副首相は引き続き「今回のG20首脳会合が、これまで断絶して空白があった首脳会議を復活させるために大きな意味があった」とし、現政権になり日本や中国、ロシアとの話し合いの突破口を探っていることについて意味を強調した。

 金副首相は「世界経済が好転する状況で、輸出に対する政策的に注力しなければならない」と付け加えた。


日程は未定ながらも予定として財務省も公表していますね。

20170927165717No0000



「やっぱり日本には何をしても日本側が折れるニダ」と思われないようにしてほしいですね。