(東京新聞 2017/8/24)

 東京都の小池百合子知事が、都立横網町(よこあみちょう)公園(墨田区)で九月一日に営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが分かった。例年、市民団体で構成する主催者の実行委員会が要請し、歴代知事は応じてきた。小池氏も昨年は送付していたが方針転換した。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と、近く抗議する。(辻渕智之、榊原智康)

 追悼文を断った理由について、都建設局公園緑地部は本紙の取材に、都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の九月一日と東京大空襲の三月十日に開催されることを挙げ、「知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表しているため」と説明。「今後、他の団体から要請があっても出さない」としている。

 追悼文は一九七〇年代から出しているとみられ、主催者によると確かなのは二〇〇六年以降、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池各知事が送付してきた

 追悼式が行われる横網町公園内には、七三年に民間団体が建立した朝鮮人犠牲者追悼碑があり、現在は都が所有している。そこには「あやまった策動と流言蜚語(ひご)のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」と刻まれている

 追悼碑を巡っては、今年三月の都議会一般質問で、古賀俊昭議員(自民)が、碑文にある六千余名という数を「根拠が希薄」とした上で、追悼式の案内状にも「六千余名、虐殺の文言がある」と指摘。「知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、追悼の辞の発信を再考すべきだ」と求めた

 これに対し、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁しており、都側はこの質疑が「方針を見直すきっかけの一つになった」と認めた。また、都側は虐殺者数について「六千人が正しいのか、正しくないのか特定できないというのが都の立場」としている。

 式を主催する団体の赤石英夫・日朝協会都連合会事務局長(76)は「犠牲者数は碑文の人数を踏襲してきた。天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なり、大法要で一緒に追悼するからという説明は納得できない」と話した。

<関東大震災の朝鮮人虐殺> 1923(大正12)年9月1日に関東大震災が発生すると、「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが広がった。あおられた民衆がつくった「自警団」などの手により、多数の朝鮮人や中国人らが虐殺された。通行人の検問が各地で行われ、殺害には刃物や竹やりなどが用いられた。


〈核心〉朝鮮人虐殺 都知事追悼文断る 排外主義助長の恐れ
(東京新聞 2017/08/24)

 東京都立横網町公園(墨田区)で営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式に対し、小池百合子知事は追悼文を送るのをやめた。大震災時に朝鮮人の虐殺があったことは定説だが、保守系の論客や団体が矛先を向けるのは「六千人」という虐殺者数。「正当防衛だった」と主張する動きもある。主催団体や専門家らは「知事の判断は結果的に歴史をゆがめかねない」と憂える。(辻渕智之、榊原智康)

◇朝鮮人暴動 政府報告書も否定

■圧力
 「六千人虐殺などは全く根拠がありません」

 追悼式と同じ場所、時間に別の慰霊祭を催すと予告する団体がネット上に書き込んだ一文。その文書はこう続く。「虚偽により私たちの先祖を不当に貶め、自虐史観を植え付けようとしているのです」

 公園にある追悼碑には虐殺者数が「六千余名」と刻まれている。三月の都議会で知事の姿勢をただした都議は「根拠が希薄な数」として、碑の撤去を含む対応も求めた。

 小池知事が追悼文送付を取りやめたのは、こうした声が何らかの圧力になったのか、どうかは不明だ。碑は都が所有しており、都側は撤去について「これまでの経緯や歴史的背景を検討した結果、現状のままにすると決めた」と答えた

■根拠
 六千人余という犠牲者数は震災後に朝鮮人留学生らが調査し、一九二三年十二月に中国・上海にあった大韓民国臨時政府の機関紙「独立新聞」に載った「六千六百六十一人」が根拠とされる。「角川新版日本史辞典」(二〇十三年、八版)にも「六千余人を虐殺」と書いてある。

 田中正敬・専修大教授(日朝関係史)は「当時の調査は限界があり、推測混じりなので正確とは言いがたい。しかし、具体的な数を示す資料は以降もなく、全く誤りだという主張も推測の域を出ない」と言う。

 政府中央防災会議の報告書(〇九年)は「殺傷事件の犠牲者は震災による死者数の1~数%」と推定しており、ほば千~数千人に当たる。だが立件起訴された民間人による事件のみの死者数で、同報告書も「公式の記録で全貌をたどることはできない」とした。

■加担
 歴代の都知事では、石原慎太郎氏が在日朝鮮人らを指す「三国人」発言をし、差別的だと問題になった。その石原氏も追悼文は送っていた。田中教授は「最近、『暴徒化した朝鮮人への正当防衛だった』との主張があるが、『朝鮮人暴動』が起こっていないのは学問的に動かしようのない定説だ」と指摘。中央防災会議の報告書も朝鮮人暴動が流言だったことを前提にまとめられている。

 当時の軍人や庶民の日記や証言記録などによると、警察や軍隊も流言や虐殺に関与していた。「権力は過去を真摯に見つめ、社会的マイノリティーや弱者の側に立って、行動しなければならないと思う。知事の判断は、排外的な言動をしている側に結果的に加担することになりかねず、その責任は重い」。田中教授は、こう指摘する。

〈小池都知事が昨年送った追悼文〉

 追悼の辞

 本日ここに、関東大震災九十三周年朝鮮人犠牲者追悼式が執り行われるにあたり、謹んで哀悼の意を表します。

 大正十二年九月一日、関東地方は大地震に見舞われ、死者、行方不明者を合わせて十万人を超える尊い命が失われるとともに、夥しい数の家屋が倒壊、焼失するという、甚大な被害が発生しました。

 この極度の混乱のなか、多くの在日朝鮮人の方々が、言われのない被害を受け、犠牲になられたという事件は、わが国の歴史の中でも稀に見る、誠に痛ましい出来事でした。

 今年もこの日を迎え、改めて犠牲者となられた方々のご無念、そして、最愛の肉親を失ったご遺族の深い悲しみに思いを致しますと、哀惜の念が込み上げてまいります。

 私たちは、このような不幸な出来事を二度と繰り返すことなく、誰もが安全な社会生活を営めるよう、世代を超えて語り継いでいかねばなりません。

 本日ここに追悼式が厳かに執り行われるにあたり、今後とも、世界平和の実現に努めるとともに、様々な災害の脅威から東京を守り、誰もが安心して暮らすことのできる東京を創造するため、全力を尽くしてまいります。

 尊き御霊の安らかなるご冥福を深く心よりお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様のご健勝、ご多幸を祈念し、追悼の言葉といたします。

 平成二十八年九月一日
東京都知事 小池 百合子


公園内の追悼碑↓
3c51494743b85d29152afc7514b94615_R

【追悼碑】
追悼
関東大震災朝鮮人犠牲者
【追悼碑の下の石版】
この歴史/永遠に忘れず/在日朝鮮人と固く/手を握り/日朝親善/アジア平和を打ち/たてん
藤森成吉
【向かって左の石版】
一九二三年九月発生した関東大震災の混乱のなかで、あやまった策動と流言蜚語のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われました。

私たちは、震災五十周年をむかえ、朝鮮人犠牲者を心から追悼します。

この事件の真実を識ることは不幸な歴史をくりかえさず、民族差別を無くし、人権を尊重し、善隣友好と平和の大道を拓く礎となると信じます。

思想、信条の相違を越えて、この碑の建設に寄せられた日本人の誠意と献身が、日本と朝鮮両民族の永遠の親善の力となることを期待します。

一九七三年九月

 関東大震災朝鮮人犠牲者
    追悼行事実行委員会