(MBNニュース 韓国語 2017/08/10)

【アンカーコメント】
中央119救助本部が400億ウォン以上を支払って購入した消防ヘリコプターが、山火事の消火には一度も出動したことがないという事実がMBNの取材の結果、明らかになりました。

通常の山火事鎮火ヘリコプターよりはるかに多くの水を積むことができるのにです。ウ・ジョンファン記者が単独報道します。

【記者】
ヘリコプターが早い速度で川の水を吸い込んだ後、瞬く間にに水を撒きます。

「エアバスで作られた多目的ヘリコプターで、現在、消防庁傘下の中央119救助本部に2機が配備されています。

「水を4千リットル積むことができ、これは最も多くの水を運ぶ山林庁の主力ヘリコプターよりも多い量です。」

ところが、去る5月、江原道江陵市・三陟市で起きた大型山火事に肝心のこのヘリコプターは投入されていません
【消防隊規模】6日、鎮火人材2,279人、ヘリコプター23機、鎮火車13台、消防車10台が投入、7日午前、鎮火ヘリコプター27機、人材3,000人余りを追加投入、夜間鎮火態勢に突入して山林ヘリコプター24機と鎮火人材5,000人余りを追加投入して去る8日午後、鎮火に成功した。(韓国農業新聞2017/05/10より抜粋)

▲インタビュー(電話):山林庁関係者
「山火事の鎮火が可能なヘリコプターを支援してほしいと要請したので、確認したが、そのヘリコプター(EC-225)はなかったです。」

当時、ヘリコプター2機は首都圏と嶺南の特殊救助隊に1機ずつ配備された状態でした。

▲スタンディング:ウ・ジョンファン/記者
「山火事当時、ヘリコプターは格納庫にありましたが、鎮火に必要な貯水タンクと水大砲(放水銃、放水ブーム)が装着されていなかったのです。」

「国民安全処に勤務する関係者は、中央119救助本部側が『鎮火化装備はあるが、設置に3日かかる』としてヘリコプターを送らなかったと証言しました。」

取材の結果、該当ヘリコプター2機のうち1機は購入時から鎮火装備がなかったことが確認されました。

大型火災鎮圧が可能だとして導入したが、2機とも火災鎮圧には一度も出動していないことも明らかになりました。

「中央119救助本部は、大型ヘリコプターの主目的が救助なので火災に投入せず、ない鎮火装備は購入を推進中だと釈明しました。」

「1千億ウォン近い血税で購入した高級ヘリコプターが、本来の役割をしていないという指摘が出ます。」(機械翻訳 若干修正)


(東亜日報 韓国語 2017/08/23)

消防当局が保有する大型消防ヘリコプターが山火事の現場で本来の役割を果たせていない。さらに、一部ヘリコプターは水を積む専用貯貯水タンクさえないことが確認された。

22日、消防庁によれば、現在、『中央119救助本部』は大型消防ヘリコプター『鳶1,2号』を運用中だ。火災鎮圧と患者移送などが可能な多目的ヘリコプターだ。鳶1号は2008年、2号は2016年にそれぞれ導入された。鳶2号は2010年に釜山市海雲台の38階オフィステル火災を契機に超高層建物火災に備えて導入された。現在、消防庁が随意契約で追加導入を推進中の機種と同じヘリコプターだ。

2015年、消防庁(当時、国民安全処所属)は鳶2号の本体契約を進めながら、貯水タンクと水大砲(放水銃、放水ブーム。以下、放水銃)の購入を別に推進した。2つの装備は超高層建物火災の鎮圧に必須だ。しかし、要求条件(10分以内に装着)を満たす放水銃が市中になかった。消防庁はこれを無視して事業を進め、監査院の監査で摘発された。放水銃導入は保留になった

問題は、この時に発生した。消防庁は放水銃だけでなく貯水タンクの予算まで誤って返却した。貯水タンク導入は内部評価と監査院の監査で何の問題もなかった。当時、消防庁が企画財政部(省に相当)に返した予算は約36億ウォン。国民の安全のためにやっと確保した予算を呆れ返るミスで使うことができなかったのだ。鳶2号は今も貯水タンクがない

鳶1号の状況も別段違わない。鳶1号は普段、急病患者の移送に主に投入される。そのため、いつも応急医療装備が設置されている状態だ。これを取り外して貯水タンクを装着するには一定の時間が必要だ。2015年の監査院の監査当時、消防庁は貯水タンク交換時間を1,2日ほどと見た。現在、消防庁内部でも意見が分かれていると伝えられた。

山火事の鎮火に効果が大きい大型消防ヘリコプター2機が、いずれも本来の役割をしておらず、5月に江原の東海岸一帯で発生した山火事現場にも投入されなかった。消防庁は「当時、白翎島と鬱陵島で発生した急病患者移送のために投入できなかった」と釈明したが、確認の結果、急病患者移送に先立ち、山林庁がヘリコプター支援を要請していた。ある民間航空専門家は「急病患者移送は中型ヘリコプターでも十分だ」とし「山火事の現場に大型ヘリコプターを投じなかったことを理解できない」と話した。(機械翻訳 若干修正)


1年前から何の措置もしていなかったんですね。
2016年04月07日