(中央日報 2017/08/07)

  台湾の与党・民進党(民主進歩党)の中央党事務所に押し入り、現金を盗んだ容疑で韓国籍の30代男性が6日(現地時間)、逮捕された。 

  台湾中央通信など現地メディアは、警察が窃盗疑惑でチョ・ジュンギ容疑者(34)をこの日検挙したと報じた。警察にあたる警政署刑事局は、チョ容疑者が犯行後逃走して新北市烏来区の温泉ホテルに潜伏していたが、捜査網が狭まると、恋人とみられる韓国人女性を残して周辺の山に逃げ込んだと明らかにした。 

  チョ容疑者は今月1日午前、台北市内にある民進党中央党事務所8階に侵入して9万台湾ドル(約33万円)を盗んだ容疑がもたれている。刑事局はチョ容疑者を逮捕して犯行経緯などについての調査を始めた。 

  一方、チョ容疑者は犯行後、桃園国際空港から旅客機に乗って日本に向かったが、台湾警察の国際手配要請によって入国を拒否された。2日夜遅く桃園国際空港に戻ったチョ容疑者は3日、韓国行きの便に乗ろうとしたが、現地当局が審査を強化していたことから空港から逃走した。


盗まれたのは現金だけですか?