朝鮮王朝実録・訓民正音のユネスコ記録文化遺産指定書紛失
(ニュース1 韓国語 2017/08/07)

文化財庁が国家記録院釜山記録館に展示されている『朝鮮王朝実録』と『訓民正音解例本』のユネスコ記録文化遺産(世界の記憶 以前は「世界記憶遺産」)の指定書の原本を紛失し、再発行を受けていたことが確認された。

89794364854
▲国家記録院釜山記録館に展示された『朝鮮王朝実録』のユネスコ世界記録文化遺産指定書。

『文化財チェジャリチャッキ』(文化財元に取り戻す)(代表へムン(慧門))は、文化財庁に確認した結果、「ユネスコ世界記録文化遺産に指定された朝鮮王朝実録と訓民正音解例本の2件ともユネスコ世界記録文化遺産指定書の原本が紛失していたことが確認された」と7日、明らかにした。

特に、両文化財とも1997年に記録文化遺産に指定されてから10年が経った2007年に再発行を受けていたことが明らかになり、波紋を呼ぶものと見られる。

文化財庁は「紛失時期ははっきりしない」とし、指定書の原本がどのような経路で消えたのか、現在も正確に把握することが出来ていない状態だ。

16464984189736_R
▲朝鮮王朝実録全州史庫本副本化事業が完了したと明らかにした。全州市提供
89746143486_R
▲訓民正音解例本。文化財庁


文化財チェジャリチャッキは「文化財元に取り戻す運動で日本東京大から朝鮮王朝実録47冊を返還されてから10年を迎え、関連資料を整理して資料集発刊を準備する中、朝鮮王朝実録のユネスコ指定書の再発行事実を発見した」とし「朝鮮王朝実録は1997年にユネスコ世界記録文化遺産に指定されたが、国家記録院釜山記録館に展示していたコピーには2007年に発行されたもの記載されていた」と話した。

それと共に「文化財庁にこのような事実を問い合わせた結果、最近、紛失によって2007年に再発行を受けたという返事を受けた。訓民正音も紛失して朝鮮王朝実録と共に指定書の再発行を受けたと認めた」と事件の経緯を明らかにした。

これと関連して、へムン代表は「世界的な記録文化遺産をきちんと保管してきたという趣旨で指定された記録文化遺産関連の指定書を紛失したという事実があきれる」とし「事件を隠して密かにユネスコから再発行を受けたことも国際的恥さらしだと思う」と指摘した。

彼は「ユネスコ世界記録文化遺産指定証書も歴史的な記録物」としながら「文化財庁の心からの謝罪と同時に関係者を調査して指定書の原本を見つける努力をすることを促す」とした。(機械翻訳 若干修正)

20170807082626658648_R

「再発行したせいで日本人の名前が・・・」とファビョらないのかな。
 ※右下に『Koïchiro Matsuura』。松浦晃一郎(1999~09年 ユネスコ事務局長)