(聯合ニュース 韓国語 2017/06/29)

「慰安婦はお金を受け取った売春婦」という妄言をして波紋を起こした篠塚隆アメリカ,ジョージア州のアトランタ駐在日本総領事が、波紋が大きくなると自らの発言を翻した

これに、篠塚総領事とインタビューをしたアトランタ地域新聞の記者はインタビューの録音記録を公開した。

また、平和の少女像がまもなく除幕されるアトランタ近隣の小都市であるブルックヘブン(Brookhaven)のジョン・アーンスト(John Ernst)市長は、篠塚総領事が私席でも「慰安婦は売春婦」という発言をしたことがあると証言した。

28日(現地時間)、アメリカのマスコミやアトランタ現地韓国人団体などによれば、篠塚総領事は自分の発言で韓国外交部の糾弾声明が出るなど国際社会の反発が強くなると、アトランタ現地のWABE放送に「ノースアトランタ地域の『リポーターニュースペーパー』(Reporter Newspapers)とのインタビューで、被害者がお金を受け取った売春婦という発言をしていない」と話した

篠塚総領事を代弁して同席した総領事館の大山智子領事は「彼(篠塚)は慰安婦が強圧によって動員されたのではないという話をしただけ」としながら「時々それは性的奴隷と表現されるが、奴隷というのは強圧によって動員されたこと」と話した。

大山領事は「強圧によって動員されたかどうかが論争の種」と付け加えた。

これに対し、最初に篠塚総領事とのインタビューを報道したリポーターニュースペーパーのダイアナ・バグビー(Dyana Bagby)記者は、篠塚総領事とのインタビューの録音記録を後続記事で公開した

篠塚総領事は録音記録で「20万人の人が奴隷として動員されたという事実は、1990年代と2000年代に日本政府、さらに韓国政府の資料でも確認されなかった。それに関するどんな証拠も発見されなかった。ですから、まずこれは歴史の事実である」と話した。

篠塚総領事は「たぶん知っているように、アジア文化では、そして一部の国では少女が家族を助けるためにこのような職業に就くことを選択するということを知っているのではないか」と話した。

【リポーターニュースペーパーが公開した篠塚総領事インタビュー録音記録】

Shinozuka’s full comments about the “comfort women” historical record were as follows:

So we can’t say that they had a happy life, but maybe you have a [unintelligible] that there were 200,000 or more women who have been sexually enslaved and taken by force.

But these three elements, the number 200,000 and sexual slaves and also taken by force have not been confirmed in other studies [unintelligible] Japanese government made in 1990s and in 2000s, and even by [unintelligible] the Korean government. No evidence has been found about that.

So first of all, this is fact of history. Not 200,000, not sex slaves and not taken by force. Maybe you know that in Asian culture, in some countries, we have girls who decide to go to take this job to help their family. And there should be [unintelligible]. Having said that the comfort women and in 1965, two governments decided to settle [unintelligible] to normalize their relations. They decided that the demand for reparations by someone in this country would have been settled by disarmament. Am I clear?


リポーターニュースペーパーはまた、篠塚総領事がブルックヘブン市長と会った席で「慰安婦は売春婦」という話をしたことがあると報道した

アーンスト市長は「その発言(篠塚総領事のインタビュー発言)は一貫性がある。彼と個人的に初めて会った時だが、彼はその人々(慰安婦)の一部が売春婦だったと話した」と証言した

アーンスト市長は、ブルックヘブン市議会がブルックヘブン市立公園に平和の少女像を設置することを5月23日に議決する以前にも、篠塚総領事がそのような話をしたことがあると伝えた。

リポーターニュースペーパーは、この問題と関連してアトランタ駐在韓国総領事館に立場を要求したが連絡がつかなかったと伝えた

ブルックヘブン市立公園では、30日午前10時、アメリカ南部では初めて平和の少女像が除幕する。

先立って篠塚総領事は、リポーターニュースペーパーとのインタビューで「日本軍が第2次世界大戦期間にほとんど韓国からきた女性たちを性奴隷としたという証拠はない」としながら、その女性たちはお金を受け取った売春婦だったと話したとして波紋を起こした。

以下はリポーターニュースペーパーに上がってきた篠塚総領事インタビュー録音記録音声ファイル。(機械翻訳 若干修正)音声公開ページ→Japanese consul general


元記事で、「売春婦(prostitutes)」は総領事の発言ではなく、記者の言い換えです。と言ってますね。

drawing criticism broadcast everywhere from local press releases to Korean TV news. Much of the criticism highlights the term “paid prostitutes,” which was a Reporter paraphrase of Shinozuka’s comments, not a direct quote. 

全文はJapan consul general’s ‘comfort women’ comments trigger international criticism


2017年06月27日