(コリアデイリー/アトランタ中央日報 韓国語 2017/06/20)

来る30日に『平和の少女像』が設置されるブルックヘブン公園(Brookhaven park’s)周辺の住宅管理協会(HOA)関係者が、訴訟も辞さないとしながら、少女像反対を公論化した。

AKR20170603024600075_03_i
AKR20170603024600075_02_i

少女像が設置される『ブラックバーン2』公園(Blackburn Park II)近隣の住宅とコンドミニアム95戸を管理する『ザ・リザーブアットブルックリーコミュニティ協会』(The Reserve at Brookleigh Community Association)のブラッド・サピア(Brad Sapir)理事(board member)は、19日に報道された地域メディア『リポーターニュースペーパー』(Reporter Newspapers)とのインタビューで、市政府が少女像設置を決定する過程で住民たちの意思を反映しておらず、政治的論議の種を町内に設置することに反対すると主張し、裁判所に設置禁止命令を申し立てる案を検討中だと明らかにした

彼はまた、この公園が市所有であることは事実だが、年間2万ドルに達する管理維持費用は管理協会が支払っていると主張した
※元記事によると単独ではないようです。〈the Brookleigh Master Association – which includes the homeowners association along with representatives of other organizations in the mixed-use Brookleigh development — pays more than $20,000 a year for the park’s upkeep〉

彼は市側が自発的に少女像を移転しない場合、自分と一部住民たちが裁判所に設置禁止命令を申し立てると付け加えた。

彼はあわせて、市政府が『ブラックバーン2』公園に少女像を設置することを事前に決定しながら、市議会では「場所未確定」と嘘をついたという主張も展開した。市議会の少女像設置の採決(5月23日)に先立つ5月18日、市職員は公園にコンクリートの土台を設置し、内容を聞くと「秘密だと答えた」と彼は主張した。

これにバーク・ブレナン(Burke Brennan)ブルックヘブン市報道官は『ブラックバーン2』に設置は行政的決定であり、「静かな緑地と記念碑のテーマと適合したため」と説明した。

ブレナン報道官はまた、市側が公園の維持費用を支出したことはないと確認した

この公園の敷地は、近隣アパートとコンドミニアムを建設した開発会社が完工当時、ディカーブ郡(DeKalb County)に寄付し、その後、ブルックヘブンが市として独立する過程で市政府に所有権が移転された

ブレナン報道官は「この過程で郡と住宅管理協会の間にどんな合意があったのか市政府に通知されなかった」と答えた。

日本政府の反対ロビーに続き、住民たちの反対が少女像設置に思いがけない伏兵として登場し、少女像建立準備委員会は対応方法を苦心している

準備委関係者は20日、「今朝も市会議員らと面談し、市側が出て住民たちを説得していると聞いている」とし「ただし、地域メディアの記事に書き込まれているコメントを賛否で統計を出していた。韓国人が市側に少女像設置決定を感謝するコメントを積極的に残せば多いに役立つだろう」と呼び掛けた。

『リポーターニュースペーパー』は現在の状況について「韓国と日本政府間の論議の的である少女像設置を駐アトランタ日本総領事が公式に反対した状態であり、市会議員は主に日本に住んでいる人々から200通余りの反対メールを受けた」と報道した。

ブルックヘブン市議会の定期会議は少女像除幕式の1日前で、アトランタ韓人会館で開かれる前夜祭行事の当日である29日夕方に開かれる。(機械翻訳 若干修正)


(コリアデイリー/アトランタ中央日報 韓国語 2017/06/21)

『アトランタ平和の少女像』除幕を約1週間後に控えて建立準備委員会が韓国人社会の積極的な支援要請に出た。

最近、日本総領事館は『平和の少女像』設置を阻むための猛烈な阻止活動を展開している。また、設置場所である『ブラックバーン2』公園(Blackburn Park II)近隣の住民たちも反対の動きを見せている。

これに対し、アトランタ平和の少女像建立準備委員会(委員長キム・ペクキュ)は20日、アトランタと南東部地域の韓国人がブルックヘブン市議会に少女像設置支持のメールを送り、アトランタの英文メディアのウェブサイトの少女像関連記事に少女像設置に賛成するコメントをしてほしいという要請メールを発送した

建立委員会関係者は「市関係者は地域メディアの記事に書き込まれるコメントを賛否で統計を出していた。韓国人が市側に少女像設置決定を感謝するコメントを積極的に残せば多いに役立つだろう」と呼び掛けた。

ジョン・パク(John Park 韓国生まれで6歳の時に渡米)ブルックヘブン市議会議員も「設置決定が知らされた直後、オンライン上の反応がとても反対一辺で市会議員も神経をとがらせた」と話した。だが今は「賛成のメールが多数受け付けれており、賛否の意見のバランスが取れていく形」と参加を促した

パク議員はまた『ブラックバーン2』公園近隣のアパート、コンドミニアムの住宅管理協会(HOA)関係者が少女像に反対の立場を公論化したことについて「少女像自体でなく、公園の真ん中に立てられるということに対する不満があることが分かった」とし「HOA側と面談をしてみますが、公園は明白な市政府の財産であるため、手続き上の問題はない」と説明した。

平和の少女像設置決定に支持の意志を表明するには、自分の名前と居住地を明らかにしながら、下の文面を市のメール(mayorandcouncil@brookhavenga.gov)に送れば良い。

[メール全文]
I congratulate the city of Brookhaven for deciding to install a Comfort Women Memorial. The Comfort Women history is not just a Japan vs Korea issue. It is about memorializing the sexual slavery of hundreds of thousands of girls from over 13 countries during World War II. I hope the memorial will advance the fight against sex trafficking and violence against women.

一方、少女像設置のための地域韓国人の募金の行列も続いている。ブルックヘブンに居住するキム・ホス、キム・ウォンスン夫婦は去る3年間、毎日1ドルずつ集めた1,080ドルを20日、建設委員会に伝達した。(機械翻訳 若干修正)

2017年06月21日
ジョージア州の『慰安婦像』除幕が迫りながら日本極右の反対ロビーが極盛、市長や市議会に賛成メールを送ってほしいニダ!

ブルックヘブン市議会は市長+4名の地区代表者です。そのうちの一人が韓国系ジョン・パク第2地区理事会代表者。
8465731651_R