(聯合ニュース 韓国語 2017/06/19)

日本は18日、カン・ギョンファ(康京和)外交長官(外相)就任と関連して期待と憂慮が交差する雰囲気だ。

昨年のパク・クネ(朴槿恵)前大統領弾劾事態以来、事実上、中断された韓日外交がカン長官就任で再び本軌道に乗るというのが期待なら、2015年の韓日間の慰安婦合意再検討を要求する可能性があるというのが懸念する部分である。

ひとまず、岸田文雄外相は前日、カン長官に祝辞を送って「日韓関係の発展、地域の平和と安定のため、お力を存分に発揮されることを祈念します」と明らかにした。

同時に、韓国は日本と戦略的利益を共有する最も重要な近国とし、「カン長官と緊密に連帯し、未来指向の韓日関係を構築するために努力していきたい」と付け加えた。

このような公式の立場とは裏腹に、日本政府は、彼女が長官に内定した後、慰安婦被害者に面談して「政府の知恵を集めて真正性ある措置をするように最善を尽くす」などの発言をしたことに対して神経をとがらせている雰囲気だ

慰安婦合意は『最終的かつ不可逆的に解決された」というのが日本政府の立場であるだけに、カン長官が今後どのような立場を明らかにするのかについて鋭意注視しているのである。

日本マスコミは政府より一歩進んで、カン長官が慰安婦合意を否定するのではないかという見解を示した

読売新聞は、カン長官が去る2日に慰安婦被害者と会って「被害者中心に問題解決されなければならない」と述べたと指摘した。

それと共に「去る7日の人事聴聞会でも『合意に法的拘束力はない』としながらも『合意を守らなければならないというのが国際慣習』とも述べ、今後の発言が注目される」とした。

日本経済新聞も、カン長官の聴聞会の発言を伝えた後、「カン長官が日本に(慰安婦合意について)追加措置を求める可能性がある」と懸念した。

毎日新聞は、「外交専門家からは『(カン長官任命に対する)野党の反発や偽装転入問題で立場が弱いカン氏が、女性外相として慰安婦問題を積極的に持ち出すのではないか』との指摘もある」とカン長官が対日強硬路線を示す可能性があると指摘した。(機械翻訳 若干修正)


 文在寅政権、閣僚候補に公約破りの「偽装転入」相次ぎ発覚
(朝鮮日報 2017/05/27

(略)李洛淵(イ・ナギョン)首相候補、康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官候補、金尚祚(キム・サンジョ)公正取引委員会委員長候補の偽装転入疑惑が相次いで明らかになったのを受けて、大統領府が26日、遺憾の意を表明した。しかし、野党側は大統領自身の謝罪を要求、李洛淵氏の人事聴聞経過報告書採択を拒否した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領選挙時、偽装転入・兵役逃れ・不動産投機・脱税・論文盗作という5大不正に関与した者は高位公職者から排除すると公約していたが、最近の人事でこうした問題が発覚したため、「公約を破るのか」と批判の声が出ている。(略)
 韓国新外相候補の康京和氏に健康保険料未納・脱税疑惑浮上
(朝鮮日報 2017/06/05

(略)康京和氏が2000年、長女の梨花女子高校転校のため偽装転入したマンションが「偽装転入者用のアジト」として利用されていたとの疑惑もある。国会に提出された資料によると、このマンションに転入して6カ月以内に転出する偽装転入が疑われる世帯は1999年から2008年までの間に7世帯あったことが分かったとのことだ。
 【社説】聞けば聞くほど残念、韓国新外相候補・康京和氏の答弁 
(朝鮮日報 2017/06/08

 韓国外交部(省に相当)長官候補に指名されている康京和(カン・ギョンファ)元国連事務総長特別補佐官に対する国会の人事聴聞会が7日に開催され、その席で野党の追及は主に道徳的な観点から康氏個人の過去の行動に集中した。康氏は韓国初の女性外交長官というシンボル的な側面が重視され指名されたが、聴聞会で康氏は個人的な疑惑について説明するのに精いっぱいだった

 康氏は長女を梨花女子高校に進学させるためあるマンションに偽装転入(実際に住んでいない場所を住所として届け出ること)させたことについて「母親として(子供のことを思う気持ちから)やったが、間違っていた」と述べた。

当初問題のマンションについて「親戚のもの」とうその説明をしたことも謝罪した。そのマンションは過去数年にわたりさまざまな人物が子供を梨花女子高に進学させるために利用したものだった。このような行動は新政権が掲げる人事の方針とはもちろん合わない。

 不動産取引の際に脱税を行った問題についても「心から謝罪する」と頭を下げた。

 その後も慶尚南道巨済市内に所有する住宅とその周辺にある5000坪(約1万6500平方メートル)の土地購入、釜山市海雲台区のコンドミニアムをめぐる贈与税逃れ、論文盗作疑惑など次から次へと問題が指摘された。(略)


韓国政府の代表の一人としてふさわしい人物ですね。