(ニュース1 韓国語 2017/06/15)

『釜山市日帝下の日本軍慰安婦被害者支援および記念事業に関する条例』、別名『少女像条例案』が6月に可決されるだろうか。

釜山市議会第262回定例会が1日先に迫った中、『少女像条例案』通過に対する地域社会の関心が高まっている

釜山市議会イ・ジンス福祉環境委員会委員長は15日、ニュース1との通話で「来週中に少女像条例案の審議の有無が最終決定されるだろう」と明らかにした。

イ委員長は「来る23日、少女像を設置した市民団体と会う計画」とし「現在、地域市民社会と各界各層と少女像条例案に対する意見を調整している」と話した。

イ委員長は「先月に条例案を廃棄したのではなく保留したもの」としながら「少女像条例案は国と国益で重要なだけに議論を続けている」と付け加えた。

キム・ミジン『釜山民族一つ』(釜山キョレハナ、または釜山ギョレハナ)運営委員長は「来る23日の市議会で行う議論を通じて、今回の定例会で少女像条例案の審議が行われることを希望する」とし「現在も少女像が脅かされている。法・制度的な措置が必要だ」と強調した。

去る2月27日、釜山市議会チョン・ミョンヒ議員(共に民主党・比例代表)が発議した少女像条例案は、先月17日、釜山市議会福祉環境委員会で審議される予定だった。

だが、イ委員長は「本日(5月17日)午前、ムン・ヒサン日本特使が日本を訪問した」とし「外交的負担を与えないために審議を保留する」と明らかにしたことがある。

当時、外交部(省に相当)が釜山市庁に少女像条例案の審議保留を要請し、釜山市がこのような内容を市議会に伝えて論議が起きた。(機械翻訳 若干修正)

2017年05月23日

◇姉妹都市
  下関市
  福岡市
◇協定都市
  大阪市
  横浜市
◇交流自治体
  北海道


まだ、新総領事にはなってないでしょうから、釜山総領事館の動きは期待できないですね。

産経新聞は1日、外務省が1日付で釜山総領事に道上尚史ドバイ総領事を充てる人事を発表したと報道した。

外務省はこれと共に森本総領事に帰国命令を出した。森本総領事は40日以内に帰国した後、次の職務を受けることになる。
2017年06月01日