(聯合ニュース 韓国語 2017/06/08)

北朝鮮は8日、安倍晋三総理をはじめとする日本高位当局者が最近、北朝鮮の弾道ミサイル発射を糾弾したことを非難しながら、アメリカより先に日本が焦土化され得ると警告した。

北朝鮮の対外宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会は報道官声明で「日本の安倍輩党が私たちの自衛的国防力強化措置を悪辣に言いがかりをつけ、アメリカの反共和国制裁・圧迫策動に追従し、最もあくどく戯れている」と明らかにしたと、朝鮮中央通信が報道した。

報道官は「日本が私たちの弾道ロケットがほとばしりながら上昇するたびに、大げさに“安保不安”を強く鼓吹するのは『北朝鮮の核の脅威』を口実に軍事大国化に拍車をかけ、軍国主義復活とアジア再侵入の野望を必ず実現してやろうとするところに、その狡猾で不純な目的がある」と指摘した。

それと共に「今のように日本が私たちの拳近くで悪く戯れるなら、一旦有事の際にはアメリカより先に日本列島がまるごと焦土化され得るということを知るべきである」と主張した。

報道官は引き続き「日本は私たちの人民に千秋でそそぐことはできない罪悪を犯して怨恨の傷を残した千年の宿敵」としながら「日本は慈悲を知らない私たちの核の武力の前で島国の運命を置いて危険千万な賭けをしてはならない」と付け加えた。

安倍総理は先月末に開かれた主要7か国(G7)首脳会議で、宣言文に「北朝鮮は新たな段階の脅威」という表現を入れるために各国首脳を説得するなど、北朝鮮ミサイル発射に対応した国際社会の圧迫を強調している。(機械翻訳 若干修正)


以前は「百年の宿敵」だったのにランクアップですね。