(聯合ニュース 韓国語 2017/04/21)

『真実国民団体』の会員ら、市民・区庁の制止で20分余りで撤収

少女像の撤去を主張する団体が、釜山日本総領事館前の少女像の横にイ・スンマン(李承晩)、パク・チョンヒ(朴正煕)元大統領の胸像を設置しようとしたが、市民と区庁の制止を受けて霧散した。

釜山市東区の住民であるチェ某氏(36)たち『真実国民団体』の会員5人は、21日午後3時頃、釜山市東区の日本総領事館前の少女像の場所に、イ・スンマン、パク・チョンヒ元大統領の胸像を付けた木製の椅子を持って現れた

これらは前日、不法に設置された少女像の横に元大統領の胸像を設置するという立場を明らかにした。

チェ氏らは、包装紙で包んだ木製の椅子を少女像の横に置き、準備していた声明書をまず読み上げようとしたが、区庁職員と市民によって制止された

PYH2017042138910005100_P2
PYH2017042136650005100_P2
PYH2017042139880005100_P2

この過程で木製の椅子に付けられたイ・スンマン、パク・チョンヒ元大統領の胸像が落ち、東区庁職員がイ・スンマン胸像を押収して持って行った。

チェ氏は続いて、パク元大統領の胸像を片手に持ちながら「私たちは慰安婦おばあさんや少女像に反対するものではない。少女像を政治的に利用する勢力に反対する」とし「もう日本を許さなければならない」という趣旨の声明を読み上げた。

PYH2017042141810005100_P2

チェ氏らは取材陣と胸像の設置に反対する市民に囲まれ、小競合いが起きたりもした。

一部の市民は、チェ氏らにヨクソル(辱説。雑言・罵倒語という意の韓国語)を言いながら「売国奴」、「日本が良ければ日本に行け」と叫び、持っていた紙ピケを奪いもした

PYH2017042140760005100_P2
PYH2017042141730005100_P2
PYH2017042141720005100_P2
PYH2017042141700005100_P2

20分間余りのあつれきの末、チェ氏一行がタクシーに乗って少女像を離れ、胸像設置騒動は終わった
※別記事によると、チェ氏らと『少女像を守る釜山市民行動』の間に警察が割って入り、通りがかったタクシーに乗せたとの話も。

PYH2017042140310005100_P2

この日、少女像には国内外の多くのマスコミと、これらの行動を防ごうとする東区庁職員、少女像を守る団体・市民などが集まった。

警察はもしもの事態に備え、少女像周辺に2個中隊の警察官らを配備したが、大きな混乱は起きなかった。

真実国民団体のある関係者は「今日は胸像の建立試みは霧散したが、今後も胸像を設置するように努力する」と述べた

真実国民団体の代表であるチェ氏は、昨年12月末、日本総領事館前に市民団体が少女像を設置した後、少女像周辺に各種ゴミや廃家具を置いたり、少女像に反対する文面を書いた不法宣伝物を貼って、少女像を守る団体と葛藤を生じさせてきた。

東区庁が先月6日、ゴミと不法宣伝物で悩まされた少女像周辺を大掃除した後、葛藤の様相は一段落するように見えた。

だが、チェ氏らは去る7日、少女像周辺に〈いつまで日本を憎むのか〉と書いた紙を貼った廃植木鉢を置き、区庁がこれを回収すると、今回は少女像の横にイ・スンマン、パク・チョンヒの胸像設置を試みたのだ。(機械翻訳 若干修正)


胸像ちいさすぎ・・・

2017年04月20日