(K-LANニュース 韓国語 2017/04/02)

中国,青島(チンタオ)市の青島規画展覧館と青島ビール博物館が東海を日本海と表記していることが明らかになり、サイバー外交使節団バンクと駐青島総領事館が対応に出る。

20170314_1039321490954631

20170314_1039021490954577

サイバー外交使節団バンクは、青島規画展覧館と青島ビール博物館の関連掲示物の作成担当者に書簡を送って誤っている内容を知らせ、是正を要請する計画だと述べた。

駐青島総領事館は31日、有線通話で「情報提供された青島都市規画展覧館の日本海表記に関して、中国側の関連機関に是正を要求した」と述べ、「大韓民国外交部(省に相当)はこのような事例を訂正するために最善を尽くしている」と付け加えた。

また、外交部は今年4月の国際水路機構(IHO)総会を準備し、去る20日に「東海はこの海の最も古い名前です。」という主題で東海表記広報動画を12の言語で製作して公開した。

一方、国際社会で東海表記と関連して韓国は、1965年の『韓日漁業協定』締結当時、東海表記を要求し、1992年の国連地名標準化会議で東海水域の名称問題を公式提起するなど、持続的に東海表記を国際的に反映させるために努力してきた。

東海は韓国人が2千年以上使用している名称で、『三国史記東明王篇』、『広開土大王陵碑」や『八道総図』、『我国総図』なド多くの資料と古地図でこれを確認することができる。

反面、日本海は、1602年のマテオ・リッチ(Matteo Ricci)の『坤輿万国全図』で初めて使用されたと推定され、さらに1809年の『日本辺界略図』、1844年の『新製輿地全図』など日本側の古地図では朝鮮海と表記されている。

しかし、1929年の国際水路機構(IHO)で『海洋と海の境界』初版を発刊する時、当時、韓国を強制的に占領していた日本が東海水域を日本海と明記し、日本海表記が国際的慣行として位置を確立した。

これと関連して、国際水路機構(IHO)は1974年の決議で2か国以上が同一地形物に異なる名称を使用する場合、それぞれの地名指名併記を勧告したし、1977年の国連地名標準化会議決議も2か国以上の間に分割されている地形物に対し、それぞれ異なる地名をすべて収容することを『国際地図製作の一般原則』として提案したことがある。(機械翻訳 若干修正)


2枚目の写真の奄美大島と中国・上海の間には『東海(东海)・East China Sea』がすでにあるのにね。(北海道とロシア・ウラジオストクの間に『日本海・Sea of Japan』表記)

【追記】韓国の大手ポータルサイトでの表記↓
naver64153

daum16554351