(人民網 2017/03/08)

第12期全国人民代表大会第5回会議の梅地亜中心(メディアセンター)における記者会見が8日午前に行われ、この席で王毅外交部長(外相)が「中国の外交政策と対外関係」について、国内外の報道記者からの質問に答えた。

中日関係の発展に関する問題について記者から受けた質問に対し、王部長は、「今年は中日国交正常化45周年にあたる年となるが、同時に『盧溝橋事変(盧溝橋事件)』の80周年の年でもある。このふたつの記念日は、一つは平和と友好、一つは戦争と対抗という全く異なる二つの道を代表している。80年前、日本は中国に対し全面的な侵略をおこない、中国及びアジア諸国の人々に深刻な災いをもたらし、最終的に日本自身もまた敗戦の憂き目にあった。そして45年前、日本の指導者は歴史を反省し、近隣諸国との関係を改善し、自身の急速な発展を実現した。数十年後の今日、われわれは日本国内には依然としてこの二つの道の間で揺れ動き、さらには歴史を逆転させようとすら試みる人々がいることを見てとれる。我々は平和を愛する日本の人々が、この重要な年にあたり、しっかりと日本の向かっていく方向の舵取りをしてほしいと願っている」とした。

そして「中日関係において、中国の立場は一貫しており、非常に明確だ。日本との関係改善と両国の人々に幸福をもたらすことを当然ながら望んでいる。しかしながら、そのためには日本がまず自らの『心の病』を治し、中国が絶えず発展と振興を成し遂げているという事実を理性的に受け入れなければならないだろう」とした。


(時事通信 2017/03/08)

 中国の王毅外相は8日の記者会見で、対日関係に関し「今年は国交正常化45周年であると同時に(日中全面戦争の契機になった1937年の)盧溝橋事件80周年だ」と述べ、歴史問題で日本側をけん制した。両国関係は一時の極度に悪化した状況からは脱したものの、歴史への直視を迫る王外相の態度に変化はなかった

 王外相は「(45周年は)平和と友好、(80周年は)戦争と対抗を表す。日本国内には依然として歴史を逆戻りさせようとする人がいる」と語り、名指しは避けながらも、安倍晋三政権の歴史認識に懐疑的な見方を示した

 中国では今秋、習近平指導部の2期目の人事を決める5年に1度の共産党大会を控える。習国家主席は国内向けに権威を高める必要に迫られており、盧溝橋事件記念日の7月7日に合わせ、抗日キャンペーンを展開する可能性が高い

 王外相はまた、会見で「われわれは当然、日本との関係を改善したい」と述べながらも、「日本はまず、自らの『心の病気』を治さなければならない」と主張。「心の病気」に関して王氏は「中国が発展し続けている事実を理性的に受け入れなければならない」と強調した。

 王外相のこの発言は、安倍政権が「中国敵視」姿勢を続けているとして批判したものだ。一方、国交正常化45周年記念の行事として、今月18~20日に北京で歌舞伎公演が予定されるなど、日中間の文化交流は続く。王外相は歴史認識などの問題での安倍政権の対応を見極めた上で「45周年」記念をどこまで発展させるか検討するとみられる
(時事通信 2017/03/08)

 1937年7月7日に中国・北京郊外の盧溝橋で発生した日中間の軍事衝突。日中全面戦争のきっかけとなり、中国では「七七事変」と呼ばれる。盧溝橋にある「中国人民抗日戦争記念館」で毎年7月7日に記念式典が行われ、2014年に習近平国家主席が初めて出席した。中国で「抗日戦争」の期間は、盧溝橋事件から8年間とされてきたが、今年、教育省は学校現場に「14年」と教えるよう通知。31年9月18日に発生し満州事変の端緒となった柳条湖事件を起点とする解釈の変更が行われた。


>我々は平和を愛する日本の人々が、この重要な年にあたり、しっかりと日本の向かっていく方向の舵取りをしてほしいと願っている