(日本経済新聞 2017/03/07)

 北朝鮮外務省は7日午前、同国に滞在するマレーシア人の出国を一時的に禁止すると発表した。国営の朝鮮中央通信が報じた。北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害を巡るカン・チョル大使のマレーシア追放に抗議の意を示したとみられる。一方、マレーシアのザヒド副首相も同日、同国に在住する北朝鮮籍大使館職員の出国禁止を発表。両国の対立は深刻な外交問題に発展した。

 北朝鮮外務省はマレーシア人出国禁止の時期を「マレーシアで起きた事件が公正に解決され、同国にいる(北)朝鮮の外交官や住民の安全が完全に担保されるまで」とし、駐北朝鮮マレーシア大使館に通告した。

 カン大使追放との関係には触れていないが、北朝鮮への強硬姿勢を強めるマレーシアへの抗議の意思を示したのは確実だ。マレーシア国営ベルナマ通信によると、北朝鮮に在住するのは大使館職員と家族の合計9人

 一方のマレーシアも即座に対抗措置を発表した。ザヒド副首相は同日昼前に「北朝鮮大使館の全ての職員の出国を即時止めるよう出入国管理局に指示した」と発表した。「北朝鮮の措置に対応した」と明言した。

 正男氏殺害を巡る両国の対立は深まっている。平壌に逃亡した北朝鮮籍の4容疑者が主犯格と疑われ、北朝鮮大使館の2等書記官の関与も浮上した。だが北朝鮮は捜査への協力を拒み、マレーシアへの批判を続けている。マレーシアが大使追放に踏み切ったことで、両国がお互いの国民の出国を禁止する異例の事態に発展した。

 マレーシアは北朝鮮との国交断絶も検討している。これに対して北朝鮮は在住者を「人質」に取り、断交阻止へ揺さぶりをかけた可能性がある。