(聯合ニュース 韓国語 2017/03/06)

PYH2017030430450005100_P2
▲“ごみ捨て場”彷彿させる日本総領事館の少女像周辺
少女像設置の賛否をめぐり市民の間で車両追撃戦が行われるなど、これと関連する葛藤が度を越している。4日、釜山市東区の日本総領事館前の少女像近くに少女像の移転を主張する男性が持ってきたゴミで目がくらむようだ。2017.3.4

PYH2017030521300005100_P2_R
▲少女像が自転車保管台?…「あまりにも度が過ぎる」
5日、釜山市東区の日本総領事館前の『平和の少女像』に誰かが自転車を鍵で括っておいた。少女像設置に反対する人が4日12時に犯したものだ。2017.3.5

◇東区庁・市民団体、再発しても直ちに強制撤去することで合意…CCTVも設置

釜山東区庁と少女像守護団体が“悩みの種”であった少女像周辺のゴミと不法宣伝物を強制撤去することに6日、合意した

これにより、去る1月から少女像設置に反対する男性と少女像守護団体・市民の間で不法宣伝物を貼って剥がす“鬼ごっこ”が消えるものと見られる。

東区庁は本日午前11時20分頃、トラックを動員して少女像近くのエレベーターのガラスの壁(地下鉄出入口)に貼られた不法宣伝物と廃家の山、各種ゴミを撤去した

PYH2017030625620005100_P2
PYH2017030625630005100_P2
▲少女像周辺に放置されたゴミ・廃家具撤去
6日、釜山市東区庁職員が日本総領事館前の少女像周辺に貼られた不法宣伝物を撤去している。2017.3.6

区庁は少女像周辺に放置された不法宣伝物とゴミがますます多くなり、これをめぐる葛藤が大きくなると、本日、少女像周辺のすべての不法宣伝物とゴミを撤去することで市民団体と合意した。

少女像周辺に不法宣伝物が再び貼られたり、ゴミが置かれたら、直ちに区庁が撤去することにした

市民団体も区庁と議論中である少女像周辺の小さな掲示板を除き、団体が付けた垂れ幕や一切の宣伝物をすべて取り外すことにした

区庁は撤去したゴミと不法宣伝物を特定の場所に保管する予定だ

区庁はまた、6~7日、少女像周辺を24時間監視する閉回路(CC)TVを設置し、ゴミ投棄や不法宣伝物付着時の証拠資料として活用する。

パク・サムソク東区庁長は「これ以上、少女像が毀損されるのをもう見てられなかった」とし「市民団体とともに少女像を管理していく」と述べた。

ユン・オンジョ『少女像を守る釜山市民の行動』政策局長は「遅れたが、区庁の少女像不法宣伝物撤去合意を歓迎する」とし「今後、市議会に係留中である慰安婦被害者支援条例が制定され、少女像が法的に管理されなければならない」と述べた。

PYH2017030625550005100_P2
PYH2017030625540005100_P2
▲釜山少女像周辺のゴミ・不法宣伝物清掃
6日、釜山市東区の日本総領事館前の少女像周辺がきれいだ。本日、区庁が重装備を動員して少女像周辺に放置されたゴミと不法宣伝物を清掃除去した。下の写真は清掃前.2017.3.6

去る1月から少女像周辺に〈少女像を撤去せよ〉、〈北朝鮮同胞を愛せ〉、〈パク・クネ(大統領)生かそう〉という文などが書かれた紙が貼られ始めたし、先月初めからは廃家具などゴミが重なった。

区庁と警察がこれを傍観する間、少女像設置反対の立場の男性が不法宣伝物を貼れば、少女像守護会員と市民がこれを剥がす悪循環が続いた。

最近では、少女像賛成と反対双方の市民間の車両追撃戦が行われるかと思えば、少女像に鍵で自転車を括るなど少女像反対側の行動が度を越したという批判まで出てきていた。(機械翻訳 若干修正)


2017年02月08日
2017年02月22日
2017年02月28日
2017年03月06日