(グローバルディフェンスニュース 韓国語 2017/03/05)

韓国防衛産業学会チェ・ウソク会長

アメリカの罠にかかった中国、「旧ソ連のように『亡国の道』にすでに入った」

最近、国防部(省に相当)とロッテ間でサードシステムが配備される敷地の契約が完了して、中国共産党機関紙である『環球時報』と『人民日報』は連日、ロッテと中国に進出した韓国企業に暴言を浴びせている。また、中国観光当局である『国家旅遊局』は3月2日、北京にある主な旅行会社関係者たちを呼んでは韓国行き旅行商品を最初から販売するなと指示したと報道されている。

それだけでなく、中国軍は韓国領空に戦闘機を出撃させ、西海で大規模な艦隊を動員した訓練を行うなど軍事的圧迫を加えている。また、韓国のサード基地である『星州』を精密打撃することができると『宣戦布告』もはばからなくなっているが、中国の宣戦布告に韓国政府と国民はあきれた状況だ

アメリカのメディアがそのような話をすれば、韓国政府が心配をするだろうが、中国が韓国に何もできないということを韓国国民はよく知っているので、ただ煩わしいだけである

このような中国の態度を待っていたかのように、アメリカが韓半島(朝鮮半島)にサードシステムの追加配備と核兵器再配備を検討しているというニュースが聞こえてきている

すでに600万トンに達する米軍の戦争物資が韓国に搬入され、中国および北朝鮮の空軍とレーダー基地を焦土化させることができる電子戦専門戦闘機の韓半島前線配備が完了し、建造費用が5兆ウォンを越えるズムウォルト・イージス艦も済州海軍基地に配備が検討されている。また、中国との貿易戦争を陣頭指揮している米国務長官が韓国を緊急に訪問する予定だ

米国務長官が訪韓する理由について知らされたことはないが、中国の貿易報復に対する韓国の立場を聞いて行く可能性が非常に高い状況だ。

結果的に見れば、アメリカが韓半島に中国を牽制する強力な武器体系を搬入し、中国に対して貿易報復を加える名分を蓄積するため、『韓国をエサに中国を釣った』という表現が適切な状況だ

◇中国軍予備役、“処遇改善”要求して北京で集団デモ『中国崩壊の兆候』

1960年代にニューヨーク軍事学校を卒業したトランプ米大統領は、レーガン政権が別名『スターウォーズ』計画を通じて旧ソ連が宇宙に予算を浪費するように誘導し、旧ソ連を解体させたことをよく知っている

その当時、旧ソ連の解体のために『親中反ソ』政策を繰り広げたが、現在は中国の解体のために『新ロ反中』政策を繰り広げているのだ。アメリカの先端武器が韓半島に次から次へ集結することにより、中国は自尊心を守るために海軍と空軍に天文学的な予算を投資するほかはない状況だ

経済が急落している状況で国防費に莫大な予算を投入しなければならないなら、中国は旧ソ連のように崩壊することもあり得る。ある香港メディアは、去る2月22日に中国の予備役軍人数百人が北京にある中国共産党最高司正機関である『中央規律検査委』庁舎の前で処遇改善を要求して軍服を着てデモを行ったと報道した

毛沢東が「権力は銃口から出る。」という話をした程に軍部の力が強い中国で、想像をできないことが起きたのだ。これらは「除隊当時に約束を受けた支援もまともに行われず、斡旋を受けて就職した国有企業の経営難と民営化で失職して苦労している。」と主張したと伝えられている

中国軍は、中国国民の軍隊ではなく、共産党の利権を守る軍隊なので、もちろん予備役軍人ではあるが、これらが北京で集団デモをしたというのは深刻なことに違いない

中国共産党を支えている軍部が経済難で徐々に崩れているのだ。歴史を見れば、中原の歴代王朝は軍事の志気が落ちれば反乱が起きて王朝が滅亡した。今そんな兆候が徐々に現れているのだ

◇韓国、中国先端産業崩壊させるために半導体DRAMの『輸出中断』検討する必要が

それなら韓国政府もアメリカの政策に積極的に同調し、中国を崩壊させ、自由統一と『満州収復(失地を奪い返すこと)』の土台を築く準備をする必要があるだろう

優先的に、世界市場占有率70~80%を占めている半導体DRAMを『戦略物資』に指定し、対中国輸出を中断することもできると宣言する必要がある。韓国から半導体の供給を受けることができなければ、中国内の先端産業に投資した企業は焦土化する可能性がある。

art_14887185231321_753096
▲2016年第3四半期のモバイルDRAM分野で韓国企業は87.3%の世界市場占有率を記録した[資料出処:DRAMエクスチェンジ]。韓国企業はこの他にもPCおよびサーバー用DRAMなど様々な分野で70%以上の市場占有率を記録している。中国がサード基地である星州を爆撃することもできると明らかにしただけに、半導体DRAMを戦略武器化して対中国輸出を中断する案も韓国政府は検討する必要がある。事実上、敵性国になった中国の先端産業が成長すれば、その技術は中国軍の武器開発に使われることもある

韓国政府が、中国の軍事的脅威と貿易報復が続けば対中国半導体輸出を許可しないこともあると宣言しただけでも、多くの中国内の企業が中国を離れるための準備に突入すると予想される

これらの企業は韓国から半導体の供給を受けるために工場を中国の外に移したり、第3国を経由して韓国から半導体の供給を受ける煩わしさを甘受しなければならないため、事業に莫大な支障をきたすほかはない。

中国内の人件費が上がっていて、アメリカが中国産製品に対して大幅な報復関税を賦課すると見込まれている状況で、韓国から半導体の供給をまともに受けられないならば、中国内の企業は中国以外の地域に工場を移すほかはなくなる

結果的に中国の先端産業は焦土化することになり、自国内の先端産業を土台に成長する中国軍も軍事力増強に深刻な支障をきたすほかはなくなる。中国の本音が分かったので、韓国政府も国家の自尊心を回復して主権を守るために積極的に行動する必要がある

韓国国民は、アメリカの国際戦略に便乗して中国と北朝鮮を崩壊させ、自由統一と満州収復の土台を築くことができる候補を次期大統領に選出する知恵を発揮しなければならないだろう。(機械翻訳 若干修正)


がんばれー。