(国民日報 韓国語 2017/02/28)

太極旗と日章旗が並んで掛かっている道路を撮った写真がネチズンの怒りをかっている。

201702281547_61120011297442_1_R

28日、オンラインコミュニティ宝ドリームに「狂った江陵市」という掲示物が上がってきた。書いた人は「明日が何の日なのか皆ご存知でしょう。あまりにもあきれて文を載せます」とし、江陵市内で道路周辺の街灯に太極旗と日章旗が一緒に掛かっている写真を公開した。書いた人は「市庁に電話して直ちに片づけろと言った」と明らかにした。

ネチズンは「江陵はどの国の土地なのか」とし「市庁に抗議しなければならない」と声を高めた。江陵市を非難するコメントが続いた

江陵市は、平昌オリンピック開幕1年を控え、去る16日から19日まで2017国際氷上競技連盟(ISU)四大陸フィギュアスケート選手権大会を開催した。これからも多くの国際大会の開催を控えている。これを記念し、広報するために参加国の国旗を太極旗と一緒に道路に掲揚したものと見られる。

市関係者は「3月初めに平昌冬季オリンピック・パラリンピックのテストイベントと2017世界車椅子カーリング選手権大会が予定されており、オリンピックパーク周辺の道路に参加国の国旗を掲げた」とし「三一節とは関係がない」と明らかにした。(機械翻訳 若干修正)


別の記事を見ると、最初に上げた人はなぜ掛かっているかも知ったうえで、日の丸はダメと言っているんですね

(中央日報 韓国語 2017/02/28)

江原道江陵市で太極旗と日章旗を同時に電柱を取り付けた写真がオンラインで議論になっている。

28日、あるオンラインコミュニティによれば、「狂った江陵市…」という題名の文で該当写真が上がってきた。書いた人は「明日が何の日なのか皆ご存知でしょう。あまりにも情けなくて文上げます。これはどういうことなのか腹が立って市庁に電話して直ちに片づけろと言いましたね。オリンピックのために他の国の国旗も掛かっているが、これはないでしょう」と明らかにした。

オンラインコミュニティによれば、最近、冬季オリンピックの準備で江陵市が市内の電柱に日章旗とともに他の国旗も掛けておいたと伝えられた。他のネチズンは「他の国の国旗もみな掛かっている。冬季オリンピック前に国際スケート競技やパラリンピックテスト競技が進行中だ。関連して色々な国の国旗を掲揚しておいたものだ」「行き過ぎた主張だ」と明らかにした。(略)(機械翻訳 若干修正)