(聯合ニュース 韓国語 2017/02/28)

『少女像を守る釜山市民の行動』は28日、釜山市東区草梁洞の日本総領事館前の少女像で記者会見を行い、「少女像を移転しろというユン・ビョンセ外交部長官は直ちに辞退せよ」と主張した

AKR20170228100500051_01_i

釜山市民の行動は「外交部が最近、釜山市と東区庁などに事実上、少女像移転を要求し、少女像管理条例を妨害する公文書を送った」とし「日本の真の謝罪を受けることを望んでいる慰安婦おばあさんと国民の情緒とはかけ離れた現実認識」と明らかにした。

これらは「たったの10億円で反省の兆しがない日本に免罪符を与え、慰安婦おばあさんと国民に無理やり容赦と和解を要求する外交部はどこの国の政府なのか疑わしい」と批判した。

釜山市民の行動は、3.1節には日本総領事館近くの鄭撥将軍の銅像前で『少女像を守る千個の椅子』という題名で大規模集会を開き、日本政府の謝罪とユン長官の辞退を要求する予定だ。

PYH2017022825630005100_P2

3.1節集会は当初、警察が外国公館の業務妨害や参加者の突出した行動が懸念されるとして禁止を通知したが、裁判所が許可して開かれることになった。

これに先立って、釜山市民の行動は、少女像周辺に〈従北左派が少女像を政治的に悪用している〉という不法宣伝物を貼り付けた人物を名誉毀損の疑いで東部警察署に告訴した

釜山市民の行動は「印刷物は日本の謝罪と慰安婦問題の正しい解決を望んで寄付を集めた市民と団体を侮辱する行為」とし「必ず責任を問う」と述べた。

最近、少女像周辺には〈弾劾無効〉、〈特検解体〉、〈パク・クネを生かそう〉、〈北朝鮮同胞救出しよう〉という少女像と関係のない政治的スローガンを書いて貼った宣伝物が横行し、ペットボトルゴミや廃家具を持って来て置くなど、故意に環境を棄損することも行われた

AKR20170228100500051_02_i

これを見かねた少女像守護活動をするある市民がこの日午前、ゴミを取り払って警察が出動することもあった

警察は財物損壊の疑いで市民を調査する予定だが、財産的価値がないゴミであるだけに不立件を検討している

少女像を管理すると明らかにした東区庁は、相変らず少女像周辺の不法印刷物と積置き物の管理には手を置いている

東区庁は少女像を24時間監視する閉回路TV設置作業に入り、今週中に終える予定だ。(機械翻訳 若干修正)


移転要求されている日本総領事館前の少女像法的保護の道開かれるか
(聯合ニュース 韓国語 2017/02/28)

外交部と日本政府が国際礼譲と慣行の側面で移転を要求している釜山日本総領事館前の少女像が、法的保護を受けることになるのか注目される。

チョン・ミョンヒ議員など釜山市議会議員10人は『釜山市の日本軍慰安婦被害者支援および記念事業に関する支援条例案』を発議したと28日、明らかにした。

条例案は立法予告を経て、来る4月の常任委と本会議の審議で通過するかどうかが決定される

条例案が制定されれば、釜山市が日本総領事館前に設置された平和の少女像を含む慰安婦被害者の造形物、銅像などの記念物の設置や管理・支援ができる

地方自治体の財産として寄付進呈されて撤去や移転の恐れがある公共造形物と登録されずとも、少女像を管理する道が開かれるわけだ。

現在、日本総領事館前の少女像は、ソウルの日本大使館前の少女像同様、日本の真の謝罪を促す市民団体が地方自治体の黙認の下に設置した造形物だ

昨年12月27日、市民団体が日本総領事館前に奇襲設置した少女像は、地方自治体の公務員によって強制撤去され、国民的支持に力づけられて再び設置される迂余曲折を体験した。
このため、少女像は合法でもなく不法とするにも曖昧な状況の中、移転や撤去の脅威に苦しめられている。

昨年12月29日に設置された以後、日本政府は少女像の代わりに慰安婦像と呼び、少女像を移転しなければならないと声を高めている。

外交部も去る14日、地方自治体と釜山市議会に非公開の公文書を送り、事実上、少女像の移転が必要であるという立場を示した。

最近では、少女像周辺に少女像の撤去を主張したり、各種政治スローガンが入った不法宣伝物が貼り出され、廃家具・リサイクル品など様々なゴミまで放置されたが、管轄の東区はこれを管理する名分がないとして傍観しているのが実情だ

AKR20170228100500051_02_i

チョン・ミョンヒ市会議員は「条例が通過すれば、市民の力で設置した少女像をむやみに撤去したり、移転できないように制度的に保護することができる」と述べた。

だが、条例案が通過するかは不透明だ

市議会の関連常任委議員8人中6人は自由韓国党所属議員の上、条例審議の過程で日本の公館前に少女像が設置されていてはいけないという外交部の影響が作用すると市民団体は見通している。

『少女像を守る釜山市民の行動』は「審議の過程で外交部の圧力に少女像の管理や支援にの文面が抜けるなど条例の内容が後退してはいけない」と述べた。

ソウル市鍾路区は本日、日本大使館前の少女像の管理方法などを明示した『都市空間芸術条例』改正案を区議会に提出した。(機械翻訳 若干修正)


法律上は「慰安婦像垂れ幕=空のペットボトルが入ったゴミ袋」と揶揄しているのかもしれませんが、このニュースを見た情治脳は「神聖な少女像のまわりにゴミを撒いて侮辱した」とファビョるだけでしょうね。

2017年02月08日
2017年02月22日