(聯合ニュース 韓国語 2017/02/12)

仁川のある警察署がテロ予防広報物にアン・ジュングン(安重根)義士の掌印を使用して論議が起きている。

12日、仁川市の富平警察署によれば、昨年10月頃、警備作戦係の対テロ担当職員がテロ予防広報ポスターを製作し、富平駅地下商店街の掲示板に貼った

A4用紙サイズのこのポスターには〈STOP!テロ〉、〈テロ~!!皆さんの関心で予防できます。〉、〈安全な富平テロ予防のための関心がその第一歩です。〉という文面とともに赤い掌印の画像が入れられた。

1311077_1208221_2041_R

しかし、手形の画像が“四番目の指”が短いアン・ジュングン義士の掌印と同じ形だと明らかになり、最近、社会関係網サービス(SNS)で非難文が続いた

「テロ防止ポスターだというのに、アン・ジュングン義士がテロリストという話なのか?」、「偉大なアン・ジュングン義士を辱めるなんて…」、「多くの手の平の中、どうして、わざわざアン・ジュングン義士の手の平なのか」などだ。

論議が続くと富平警察署は該当広報物をすべて回収しながら、「アン・ジュングン義士を貶めようとする意図はなかった」という内容の釈明資料をSNSに上げた。

富平警察署関係者は「該当ポスターは合計20枚製作したが、5枚を富平駅地下商店街に貼り、残り15枚は事務所に保管している」とし「担当職員が『止め』を意味する手の平の画像をインターネットで探しながら、誤ってアン義士の掌印を使ったようだ。これからは誤解が無いようにする」と述べた。(機械翻訳 若干修正)


(ハンギョレ新聞 韓国語 2017/02/13)

(略)去る12日、あるヌリクン(ネットユーザー)は自分の社会関係網サービス(SNS)にポスター一枚を上げた。このポスターには血書を書くために薬指を切断したアン義士の掌印と共に〈STOP!テロ!〉という文面が書いてある。富平警察署が昨年10月頃に製作した『テロ防止ポスター』だ。写真をあげたヌリクンは「韓国でこれを(アン義士の掌印)テロ予防ポスターに入れるのが適切なのか」と指摘した

この文はオンラインコミュニティなどで急速に共有され、ヌリクンの反発を買った。「アン義士がテロ犯か」「日本の一部でアン義士をテロ犯だと主張する状況で、このような役所のポスターは理解できない」「常識的にミスでできるだろうか?反歴史反国家行為で懲戒が必要だ」などの反応が続いている。該当ポスターの製作・配布過程に関与した人に対し、義務的な歴史教育をしなければならないという主張が出ている。(略)(機械翻訳 若干修正)


(京畿日報 韓国語 2017/02/13)

(略)これにSNS上にはアン・ジュングン義士をテロリストと見て使用したのではないかなどの非難が相次いだ。

自分を‘ティダン’と明らかにしたヌリクン(ネットユーザー)「富平警察側で地下商店街に貼ったものだが誰か見てもあの手はアン・ジュングン手なのに...日本側でアン・ジュングンがテロ犯はあっているが、韓国の立場でこれをテロ予防ポスターに入れるのが適切なのか?」と指摘した。

また‘ムルジャプイ’というヌリクンは「まだ警察は大韓民国所属でなく日本所属であるようだ。」というコメントを付け、また別のヌリクンは「非常識富平警察署テロ防止ポスター」、「何を考えて使ったんだいったい。警察射殺」、「非常に多い手の平の中、どうして、わざわざアン・ジュングン義士の手の平か;;;」などのリツイートが数百件に増加している。

論議が広がると警察は、アン・ジュングン義士を貶めるようとする意図は全くなく、単純なミスであったとし、12日にポスターを回収措置したと釈明した。

富平で関係者は「当時担当者が絵柄案3種類をつくりながら『テロを止めなければならないという意味』で手の平を入れたが、手の平の形を探してインターネットにあったものをキャプチャーしたようだ」とし「(作成当時)何に使われていたのか、アン・ジュングン義士の掌印という事実を全く認識することができなかったという」と説明した。

引き続き「問題になったポスターはすでに回収措置をしたし、今後誤解の素地が無いようにする」と述べた。(機械翻訳 若干修正)


デザインはこれをぱくったのかな。
20170213113416No0000