(イーデイリー 韓国語 2017/02/09)

過去から自動車、家電、ビールは日本に輸出してはいけない三品目として挙げられてきた。これらは『日本産1等主義』が日本国民の認識に強く打ち込まれている製品群である。実際、韓国の対日本自動車輸出は数年間足踏みをしながら命脈が断たれる危機に置かれている。一方、日本産自動車の国内輸入販売は着実に増加している。

    〈国内完成車の日本輸出推移(単位・台)〉
PS17020900479
(資料=韓国自動車産業協会)

9日、韓国自動車産業協会(KAMA)によれば、対日本自動車輸出量が5年間、200~400台水準で動いている。2013年に462台であった対日本自動車輸出量は、2014年は321台、2015年は273台に減少し、昨年は371台(乗用車200台、バス171台)を記録した。昨年の販売量が前年と比較して小幅増にとどまった。371台の輸出量はアフリカのアンゴラ(355台)と同様でパプアニューギニア(427台)より低い水準である。

◇ヒュンダイ自動車筆頭に日本進出、事実上‘失敗’…独・米も苦戦

ヒュンダイ(現代)自動車は2000年、満を持して日本に販売法人を設立し、ソナタを筆頭に乗用車市場に進出したが、10年後の2009年、商用車営業所だけを残して撤収した。

ルノーサムスンは、釜山工場で生産したQM5(現地名コレオス)を去る2008年から輸出し、2009年に229台の販売高を記録したが、その後徐々に減って、去る2015年からは完全に中止した。

韓国GMも、去る2011年からシボレーの小型車アベオ(ソニック)と中型SUVキャプティバを輸出しているが、2013年は325台、2014年は150台余り、2015年は170台余りにとどまった

一方、日本企業の自動車の輸入は増加傾向にある。2013年は3万6,194で2014年は4万7,939台、2015年は4万1,518台、昨年は4万3,337台を記録した。

実際の販売量は、2013年は2万2,042台、2014年は2万4,093台、2015年は2万9,003台、2016年は3万5,429台と着実に増加している。特に昨年、内需市場でホンダとトヨタ、レクサスなど日本ブランドは皆善戦して販売量が増えた。レクサスは1万594台の販売高を上げ、1万台クラブに加入した。

日本自動車市場は年間500万台規模で世界で3番目に大きいが、トヨタとホンダ、日産、三菱などそうそうたる自国ブランドが多いうえ、自国ブランドを好む現象が濃く、輸入車の不毛の地と呼ばれてきた日本市場内の輸入車市場占有率は6%台に過ぎない3万台水準である(9.1% 約29万台。↓日経記事参照)

それさえも、ヨーロッパ産(5.4%)の高級車や日本企業が東南アジアで生産して逆輸入したのが多い。アメリカ産自動車も昨年基準、日本で1万台を少し越える販売にとどまり、ドナルド・トランプ大統領は最近、アメリカと日本間の自動車貿易不均衡に関して強く批判した。

◇購買性向把握できず・円・ウォン為替レート不利

大半の輸入車メーカーと同様、国内自動車メーカーも日本国民の自動車購買性向をきちんと把握せず、むやみに進出したことが失敗の原因と指摘されている。日本は狭い路地でも運転が容易な小さな車と購入後のアフターサービスを心配なく受けられるブランドを好む

友好的でない為替レートも一役買った。2010年には1,600ウォンを上回った円・ウォン為替レートは徐々に下落し、昨年からは1,000ウォン~1,100ウォン台で上下しており、輸出採算性が悪化した。

こうした現象は今後さらに深まるものとみられる円・ウォン為替レートが短期間で急騰する可能性が少ない上、日本での販売拡大に無理に乗り出す国内自動車メーカーも現在ではない。日本自動車メーカーはディーゼルゲート(VWの排ガス測定不正事件)の反射利益を最大限に確保するため、国内市場の消費者の好みに合わせた戦略的な新車を発売するなど、積極的な販売拡大に乗り出している。

キム・ピルス大林大自動車学科教授は「乗用車200台は、輸出をしていないと言っても過言ではない数字」としながら「すでに過去の進出失敗で韓国車は良くないという認識が打ち込まれているだけに、こうした状況を逆転することは容易ではないだろう」と述べた。(機械翻訳 若干修正)


 輸入車、日本で好調 国内シェア4年連続最高 
(日本経済新聞 2017/1/27)

 トランプ米大統領が日本の自動車市場を「閉鎖的だ」と主張し批判を強めている。だが国内の自動車市場をみると登録車に占める輸入車シェアは4年続けて過去最高を更新。米国勢とは対照的にドイツ勢は好調を維持し、攻勢を強めている。ただ、欧州勢も日本の独自規格である軽自動車の存在などを問題視している。こうした「非関税障壁」として指摘される課題にどう向き合うか、日本勢は改めて問われている。(略)

 日本自動車輸入組合(JAIA)によると、16年の外国メーカー車の販売台数は前年比3.4%増の29万5114台。登録車に占めるシェアは9.1%と10%の大台も視野に入ってきた。

017TI1001-PB1-3

 一方の米ブランド車。16年に米フォード・モーターが撤退、米ゼネラル・モーターズ(GM)も販売台数が1300台程度にとどまり苦戦が続く。輸入車に占めるシェアも1995年には30%を超えていたが、16年は約5%まで落ち込んだ。(略)


在日韓国人が皆買えば1万台くらい売れそうなのにね。

①在日韓国人数45万7千人×日本の免許保有率61%(免許保有者7832万9千人÷日本総人口1億2708万3千人)=27万8千人〈在日韓国人の免許保有者数〉
②日本の運転免許保有者数78,32万9千人÷軽以外の年間販売台数324万4千台=24〈免許保有者24人につき1台売れる〉
③27万8千人÷24=1万1千台

◇在日韓国人数:456,917人(2016年6月末時点)[統計センター]
◇日本の総人口:1億2708万3千人(平成26年10月1日現在)[総務省統計局]
◇普通・中型・大型一種の運転免許保有者数:78,329,267人(平成26年)[警察庁交通局運転免許課]
◇日本国内市場:497万0260台(2016年 軽以外324万4798台 軽172万5462台)[日本自動車販売協会連合会・全国軽自動車協会連合会]
◇乗用車買い替え年数:8.1年(二人以上世帯 2016年3月調査)[内閣府 消費動向調査]


全員が韓国車を買うわけはないですし、免許保有率が日本平均より低い可能性もありますが、数百台は少なすぎますね。