(聯合ニュース 韓国語 2017/01/20)

日本政府が、2018年平昌冬季オリンピックのホームページで紹介されている地図と『韓国の観光名所』欄に独島が含まれていることをめぐり、韓国政府に問題を提起したという日本メディアの報道について、イ・ヒボム平昌オリンピック組織委員長は「対応する価値もない」と言い切った。

イ・ヒボム組織委員長は20日、聯合ニュースとの電話通話で「話にもならない主張」としながら「独島は大韓民国の領土だ。そのような主張は一考の価値もなく、対応するつもりもない」と明らかにした。

日本共同通信はこの日、日本外務省が平昌冬季オリンピックのホームページの地図などに『Dokdo(独島)』が韓国領として表記されていることについて韓国政府に措置を取ることを要請したと報道した。

日本政府関係者は共同通信を通じて「外務省が竹島(日本が主張する独島の名称)が日本の領土という立場を改めて伝えながら、オリンピックでの政治宣言を禁止した国際オリンピック委員会(IOC)のオリンピック憲章に違反すると申し入れた」と述べた。

平昌オリンピック組織委員会は公式ホームページで競技場施設のページに含まれている地図に東海と独島を表示した。英語、フランス語、中国語のサイトでもすべて表記された

pyeongchang201800003131
pyeongchang2018156564464

一緒に英語とフランス語版のホームページの『韓国の観光名所』欄に『独島&鬱陵島、韓国の最東端の島』という項目で独島を紹介しながら「独島は韓国人の心に特別な場所となっている。韓国人は韓国の最東端の島を守るという自負心を持っている」と説明した。

pyeongchang2018156464
it takes about 1 hour 30 minutes by boat to get from Ulleung-do Island to Dokdo, where one can get a glimpse of the most beautiful first sunrise of Korea. Dokdo holds a special place in the hearts of Koreans as they hold pride in defending Korea’s easternmost reached territory.

これにイ・ヒボム組織委員長は「まだ日本政府を通じて組織委員会に公式文書が提出されていない」とし「このような問題は対応しないのがよい」と線を引いた。

平昌オリンピック主務部処(省庁に相当)である文化体育観光部(省に相当)も事態の把握に出た。

文教体育省関係者は「外交部を通じて日本外務省の立場が公式に到着したのかの事実関係から確認している」とし「平昌組織委員会と協議して対応可否を判断する予定」と説明した。(機械翻訳 若干修正)


これでボイコットはありえないですが、韓国から日韓協力などを提案された時に自治体や企業が断る口実にはなりますね。